fc2ブログ

2024-02

NT倍率低下 TOPIX優位

2023年8月22日(火)18:15更新

前日8/21の米国株
NYダウ 34,463.69ドル ▼36.97ドル -0.10%
ナスダック 13,497.590 △206.814 +1.55%
S&P500 4,399.77 △30.06 +0.68%
米国10年債利回り 4.334% △0.083%
NY原油 80.82ドル
ドル円 145.84円-145.85円 22日 16:15

前日の米国株は高安まちまちでNYダウは小幅に反落。
ハイテク株比率の高いナスダック指数は、長期金利上昇したものの
買戻しが優勢となり大幅高で5日ぶりに反発。
機関投資家が運用の指標とするS&P500指数も5日ぶりに反発。
米国の金融引き締めが長期化懸念から長期金利が上昇し
一時15年9カ月ぶりの高水準を付け4.35%まで上昇。
しかし、直近大きく下げていたナスダック指数はハイテク株グロース株の
買戻しやリバウンド狙いの買いが優勢となり+1.55%上昇しました。
パウエル議長は、週末25日に毎年恒例のジャクソンホールでの公演を控え
ポジションを増やす動きは限定的でした。
NYダウは一時▼250ドル下げる場面がありましたが下げ幅を縮小して引けました。

8月22日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 31792.60(9:00)△226.96
高値 31906.10(9:51)△340.46
安値 31693.76(10:54)△128.12
前引 31776.06(11:30)△210.42 +0.67%
TOPIX前引 2257.85 △16.36 +0.73%
 後場
寄付 31808.70(12:30)△243.06
高値 31888.23(15:00)△322.59
安値 31776.61(12:44)△210.97
大引 31856.71(15:00)△291.07 +0.92%

TOPIX
2253.78(9:00)
2265.95(15:00)
2251.36(9:01)
2265.71(15:00)
前日比△24.22 +1.08%

値上がり銘柄数 1329
値下がり銘柄数 443
新高値銘柄数 64
新安値銘柄数 23
騰落レシオ25D 111.0
日経平均25日移動平均乖離率 -1.61%
TOPIX25日移動平均乖離率 -0.60%

前日の米国株はハイテク株が堅調で、東京マーケットでも
値がさ半導体関連株などに買いが波及し、朝方から幅広い銘柄に買いが広がり
買い優勢で始まりました。
日経平均は前場31,900円台に乗せる場面がありました。
高値 31906.10(9:51)△340.46
前引 31776.06(11:30)△210.42 +0.67%
後場の取引は、週末のジャクソンホール会議を控え、31,800円水準での小動きになりました。
日経平均は4日連続陽線を引き続伸して引けました。

昨日のナスダック指数は、リバウンド狙いの買いや買戻しが優勢となり
+1.55%上昇したため、本日の日本株も買戻しが優勢となりました。
TOPIXは寄付き窓を開けて上昇し、ほぼ高値引けとなり
+1.08%の上昇で、4連続陽線を引きました。
8/17安値2227.62 75日移動平均を割り込むことなく
75日移動平均が下値サポートになっています。
日経平均は75日移動平均が上値の壁になっており
現在のNT倍率は、14.06倍
6/16NT倍率14.65倍から大きく下がり続け、TOPIX優位が続いています。

4000番台時価総額上位銘柄 世界的な企業 本日寄付き買いました。
本日午前中、「株式投資勝利の法則入門編講座」
臨時配信行いました。
お詫び
まことに申し訳ございませんが現在「株式投資勝利の法則入門編講座」
新規受講の受付は行っておりません。
お詫び申し上げます。


◎銘柄研究
プライム3日以上連続上昇銘柄138銘柄

6日続伸 
4887サワイグループHD 8/22終値4420円
ジェネリック薬品大手メーカー
2021年4/6高値5490円からの安値は6/14安値3255円で大底形成。
ジェネリック薬メーカー株が、ここまで勢い良く上昇するとは思いませんでした。
週足3連続大陽線。
現物売りと貸株の空売りを上回る現物買いが連日入っています。

5日続伸
4553東和薬品 8/22終値2638円
後発医薬品メーカーで国内2強の一角
5月末まで現物売り(ロスカット)と貸株の空売りに押されていました。
2021年10/25高値3560円からの本格調整局面は、7/12安値1703円で大底形成。
この銘柄も4887サワイグループHDとともに急騰していますが、週足6連続陽線。
現物売りと貸株の空売りを上回る現物買いが連日入っています。

この2銘柄、連日年初来高値を更新しているため、日々の引け味を見ています。
売られすぎ銘柄の逆襲相場です。

4日続伸
2127日本M&AHD 8/22終値743.5円
こちらも売られすぎ銘柄で日々見ている銘柄です。
2022年12/1高値1966円からの調整局面は、8/4安値687.3円で底が入ったようです。
8/4~8/22 日柄12営業日 陽線8本 陰線4本
8/3 25日移動平均 -31.05%
8/4 25日移動平均 -30.35%
8/7 25日移動平均 -24.43% 
8/22 25日移動平均 -13.30% まで縮小
まとまった規模の現物売り+貸株を使った空売りをやや上回る実需買い(現物買い)が
入っていますが、上記ジェネリック2銘柄ほどの勢いはありません。 

同業比較企業
6080M&Aキャピタルパートナー 8/232終値2523円
2023年1/30高値5410円からの本格調整はまだ続いています。
8/22安値2494円
未だに底打ちした感触は見られず。
直近にかけても貸株の空売り比率50%超が続いており「空売りの標的」になっているためです。
時価総額801.28億円

やはり時価訴額が少ない小型株は、これだけ下がっても海外投資家や機関投資家の買いが入りにくく
個人の押し目買いだけでは、AIの空売りに勝てないのが2022年、2023年の今のAI主導の日本株の現状です。

これから多くの銘柄の日足の引け味をチェックします。
面白い銘柄がありましたら明日のブログでご紹介させていただきます。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


2022年、2023年、短期筋のAI主導の相場が、一段と日本市場を席捲する時代になりました。
事前予想値との決別 四季報の事前予想値を信じていてはAIには勝てない時代。
1,四季報の内容を過信しないこと。参考程度にとどめること。
2,短期筋の空売りの標的になる小型株投資は「どん底値」であっても
 投資資金の10%~20%以内にとどめ、どん底値の異常値の分散投資を行うこと。
3,投資資金の80%~90%以上を時価総額上位5000億円以上の世界的な超一流株
 日本を代表する一流株の底圏分散投資を行うこと。

次回更新は、8/23(水)15:05までに更新いたします。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR