fc2ブログ

2023-12

売られすぎ銘柄の逆襲

2023年8月29日(火)18:05更新

前日の米国株
NYダウ 34,559.98ドル △213.08ドル +0.62%
ナスダック 13,705.131 △114.485 +0.84%
S&P500 4,433.31 △27.60 +0.62%
米国10年債利回り 4.202% ▼0.030%
NY原油 79.99ドル
ドル円 146.36-146.37 29日 10:49

前日の米国株は主要3指数そろって続伸。
先週末25日のジャクソンホール会議を無難に通過し、米国長期金利は
先週4.36%まで上昇し、2007年11月以来の高水準を付けていましたが
上昇が一服 10年債利回り 4.202% ▼0.030%
幅広い銘柄に買戻しが入りました。
重要イベントが終了したことで安心感が広がりました。

8月29日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32280.57(9:00)△110.58
高値 32389.12(9:33)△219.13
安値 32186.57(11:01)△16.58
前引 32225.72(11:30)△55.73 +0.17%
 後場
寄付 32266.71(12:30)△96.72
高値 32295.55(12:36)△125.56
安値 32195.10(14:52)△25.11
大引 32226.97(15:00)△56.98 +0.18%

TOPIX
2306.47(9:00)
2312.15(9:33)
2299.52(11:19)
2303.41(15:00)
前日比△3.60 +0.16%

値上がり銘柄数 1221
値下がり銘柄数 538
新高値銘柄数 212
新安値銘柄数 3
騰落レシオ25D 113.7 
日経平均25日移動平均乖離率 -0.15%
TOPIX25日移動平均乖離率 +0.88%

前日の米国株は主要3指数そろって続伸
為替の円安ドル高がプラス材料と受け止められ、買い優勢で始まり
先物主導で上げ幅を広げました。
高値 32389.12(9:33)△219.13
買い一巡後は利益確定売りに押され日経平均は急速に伸び悩みました。
安値 32186.57(11:01)△16.58
前引 32225.72(11:30)△55.73 +0.17%
後場寄り付き直後に△125.56円上昇しましたがその後大引けにかけて
急速に伸び悩みました。
後場高値 32295.55(12:36)△125.56
安値 32195.10(14:52)△25.11
日経平均は続伸して引けました。
大引 32226.97(15:00)△56.98 +0.18%

8/18以降、本日8/29まで8営業日にわたりプライム売買代金が3兆円割れが続いており
相場は短期筋の先物主導で上にも下にも大きく振れています。
日経平均は先物主導で、先週末は急落、昨日8/28大幅反発し、本日8/29も続伸したものの
前場先物主導で 高値 32389.12(9:33)△219.13 まで上昇しましたが
その後買いは続かず大引けにかけて伸び悩みました。
25日移動平均、75日移動平均の水準を超えると先物売りに押されます。
日経平均25日移動平均 32,276.12円
日経平均75日移動平均 32,214.01円
一方、全体相場の値動きを表すTOPIXは、本日8/29高値2312.15
8/14高値2314.16 8/1 33年ぶり高値2337.91 まであと一歩までの
水準まで切り上がってきました。
8/17安値2227.62~8/28まで8連続陽線、本日8/29は陰線。

専門家の方々が今後の株価予想を論じています。
日経平均は年末にかけて37,000円説や30,000円割れ説など様々ですが、
売買の過半数以上がAIによる売買のため、現実はその日の株価も予想できませんし
予想しても仕方がありません。
AIに占有されている日本市場です。
森(インデックス)よりも木(個別銘柄)を研究すべきではないでしょうか。

◎銘柄研究 変化の兆しが出てきた銘柄

3563FOOD&LIFE COMPANIES 8/29終値2665円
8/29前場プライム上昇率13位
8/29後場プライム上昇率24位 2665円△118円+4.63%
スシローの株価が長期にわたり低迷していましたが
8/28,8/29連続大陽線 変化の兆しが出てきました。
8/24のAIによる売り仕掛けで陰線を引き終値2464円安値引けその後下がらなくなり
3連続陽線を引き、変化が見えてきました。

6095メドピア 8/29終値1067円
8/29前場プライム上昇率8位
8/29後場プライム上昇率17位 1067円△52円+5.12%
単なる単発高なのかどうか。
前場に買いが集中していました。

3902メディカルデータビジョン 8/29終値762円
昨日8/28プライム上昇率1位 727円△68円+10.32%
8/29前場プライム上昇率20位
8/29後場プライム上昇率22位 762円△35円+4.81%
大引けにかけて買い直されました。

2127日本M&A 8/29終値815.5円
8/4安値687.3円底値形成後、8/18~8/19まで8連続陽線25日移動平均回復
7/31の大陰線 高値950.6円 安値813円 どこまで埋めることができるか注目です。

6080M&Aキャピタル 8/29終値2761円
8/22安値494円底値形成 25日移動平均まで上昇してきました。
7/31の窓の下限3020円まで戻す力があるかどうか注目です。

3563FOOD&LIFE COMPANIES スシロー 資料
  出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
8/28 2,965,700 1,185,000 1,271,900 42.9%
8/25 4,002,700 1,449,800 1,699,700 42.5%
8/24 2,253,700 731,200 1,329,600 59.0% 売り仕掛け安値2464円
8/23 1,111,800 392,800 533,400 48.0%
8/22 1,415,800 506,400 751,900 53.1%
8/21 1,222,500 643,900 347,500 28.4%
8/18 2,500,600 1,315,700 774,500 31.0% 安値2415円年初来安値
8/17 3,077,400 1,518,900 1,207,600 39.2%
8/16 2,103,700 855,700 1,046,800 50.0%
8/15 1,998,600 1,014,000 757,100 37.9%
8/14 1,850,400 967,900 708,800 38.3%
2023年2/17高値3700円 3/10高値3710円
8/18安値2415円底値を想定

8/18安値1292円で売り一巡
3925ダブルスタンダード 8/29終値1452円
8/15終値1793円▼500円 出来高28,300株比例配分 S安売り気配
8/16終値1393円▼400円 出来高66,900株比例配分 S安売り気配
8/17終値1351円▼42円 1,285,900株 高値1480円 安値1337円
8/18安値1292円 底値形成
ビッグデータの企業向け分析受託と活用サービス開発
四季報最新記事 「連続最高益」
前期の事業構造見直し完了による効果もあり連続最高純益、増配
8/14決算発表 第1四半期 単位百万円 進捗率25%で中立
売上1,508 前年同期比-15.1% 進捗率19.5%
営業益363 前年同期比-42.2% 進捗率15.4%
経常益368 前年同期比-40.4% 進捗率15.7%
純益338 前年同期比-22.7% 進捗率19.5%
EPS24 前年同期比-22.8% 進捗率19.5%
   出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率
8/28 243,000 75,300 132,100 54.4%
8/25 330,400 148,900 107,100 32.4%
8/24 321,800 153,500 109,700 34.1%
8/23 295,600 152,300 73,800 25.0%
8/22 304,800 129,900 117,600 38.6%
8/21 294,700 112,300 114,000 38.7%
8/18 602,900 173,300 233,900 38.8%
四季報で最高ランクの見出しは「連続最高益」です。
8/14(月)の決算発表のふたを開けると大幅な減収、減益でした。
決算発表で、「連続最高益」が大幅な減収減益になることが分かっていたように
貸株の空売り比率が高くなっていました。
それで注目して見ていたのですが、このような結果になりました。
8/17 1,285,900 574,000 270,700 21.1%
現物買い717,400  信用新規買い546,500 信用返済売り 421,800
8/17終値1351円▼42円 1,285,900株 高値1480円 安値1337円
寄付きが、リバウンド狙いの買い優勢となり、高寄りしたものの買い一巡後は
売りに押され寄付き天井の大陰線で引けました。
高値1480円 安値1337円 8/17終値1351円▼42円 1,285,900株
8/16 66,900 55,100  0 1393円▼400円 比例配分S安売り気配
8/15 28,300 23,500 100 1793円▼500円 比例配分S安売り気配
8/14 114,900 27,700 75,900 66.1% 決算発表直前空売り比率上昇
8/10 59,400 20,200 35,300 59.4% 空売り比率上昇
8/9  39,500 12,300 23,800 60.3% 空売り比率上昇
8/8  73,600 16,200 48,900 66.4% 空売り比率上昇

貸株の空売り比率の見方
「需給はあらゆる材料に優先する」
短期筋のAIによる貸株の空売りの標的になると年初来安値、数年来安値
大底値付近でも、下がり続ける限りAIが売り続ける傾向が2022年、2023年相場で
一段と高まりました。
小型株は、海外投資家や機関投資家の買いが見込めず、個人の押し目買いだけでは
AIに売り崩され、「安値水準を買っては投げ、買っては投げ」になり、時として株価は
異常値まで下がることが多々あります。
50%以上の貸株の空売りということは、出来高の半分以上が貸株の空売りという
異常な事態です。
「需給はあらゆる材料に優先する」 売り方は買い戻して利益を確定するため
永久に下げ続けることはありませんが、今の相場はAIがすべての需給を大きく買えてしまうため
需給面を見ることは極めて重要です。

その他 売られすぎの逆襲
5698エンビプロ 8/29終値602円
3415TKYBASE 8/29終値325円
6538キャリアインデックス 8/29終値274円
7060ギークス 8/29終値745円
7383ネットプロ 8/29終値386円
6194アトラエ 8/29終値1078円
4483IDMC 8/29終値4389円




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、8/30(水)15:05までに更新いたします。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。


«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (99)
株式日記 (2729)
株式投資 (16)
空売り (1)
未分類 (24)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR