fc2ブログ

2024-02

米国長期金利上昇グロース株買い続かず

2023年9月26日(火)18:05更新

前日9/25の米国株
NYダウ 34,006.88ドル △43.04ドル +0.12%
ナスダック 13,271.320 △59.513 +0.45%
S&P500 4,337.44 △17.38 +0.40%
米国10年債利回り 4.534% △0.096%
NY原油 89.59ドル
ドル円 148.90円-148.91円 26日 11:57

前日の米国株は主要3指数そろって5営業日ぶりに反発。
主要3指数は先週末まで4営業日続落し、値ごろ感から
リバウンド狙いの買いが入りました。
しかし上値は重く、米国金融引き締め長期観測、長期金利上昇
米国10年債利回り 4.534% △0.096%
長期金利は、一時4.5%台半ばまで上昇し、2007年10月以来の
水準まで上昇したことが相場の重しになりました。
今後も引き続き長期金利上昇には要注意です。

9月26日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32640.05(9:00)▼38.57
高値 32643.41(9:00)▼47.21
安値 32366.23(9:38)▼312.39
前引 32379.85(11:30)▼298.77 -0.91%
TOPIX前引 2373.81(11:30)▼11.69 -0.81%
 後場
寄付 32379.63(12:30)▼298.99
高値 32415.98(12:49)▼262.64
安値 32315.05(15:00)▼363.57 
大引 32315.05(15:00)▼363.57 -1.11%

TOPIX
2387.26(9:00)
2387.46(9:00)
2369.23(9:40)
2371.94(15:00)
前日比▼13.56 -0.57%

前日の米国株は5営業日ぶりに主要3指数そろって小幅に反発
日経平均は小幅反落マイナススタートになりました。
半導体関連中心にグロース株が売り優勢となり指数を押し下げました。
寄付きを高値に先物売りが断続的に出て▼312.39円値下がりしました。
その後前引けにかけて32,400円を挟んだ水準での安値もみ合いになりました。
後場の取引は前引け水準で始まり、前場終値を挟んでの小動きになりました。
大引けにかけて一段安となり、安値引けで引けました。
日経平均は▼1.11%大幅反落で引けました。
TOPIXは、▼0.57%

値上がり銘柄数 495
値下がり銘柄数 1280 
新高値銘柄数 75
新安値銘柄数 10
騰落レシオ25D 132.4 
日経平均25日移動平均乖離率 -0.94%
TOPIX25日移動平均乖離率 +0.70%

◎銘柄研究 参考銘柄

直近最も上昇している時価総額1000億円以上銘柄
独立系準大手
8609岡三証券 9/26終値722円 高値9/26高値更新728円
1/4安値377円から株価は2倍近くまで上昇しました。
月足5連続陽線 2022年10月~直近 月足陽線10本 月足陰線2本
2012年アベノミクス相場2012年9月安値264円 月足8連続陽線
2013年4月高値1249円 

同業大手の
証券国内最大手
8604野村HD 5/8安値476.3円 直近高値9/20高値661.7円一番天井の可能性
国内2位
8601大和証券G 1/5安値578円 直近高値9/20高値922円高値圏を維持

年足を見ると証券株の上昇は、久々ですがSBI証券の手数料無料化など
今後ますます2極化が進むものと思われ、この高値圏は10月くらいまで続きそうですが
高値をつかんではしごを外されることには十分に注意が必要です。

今の日本市場では、短期筋のAIが中心に相場を占有しています。
そのため、上昇する時はトレンドに追随してAIが買い上がってくるため「買われすぎの高値」まで買われ
下がるときは「売られすぎの異常値」まで値下がります。
相場は常に一方通行で上下に大きく変動します。
昔からの相場格言
「山高ければ谷深し」 「谷深ければ山高し」
今すぐに急落するといっているのではありませんが、相場が8合目、9合目に差し掛かってきたら
高値掴みに用心して冷静に今の株価位置を見ることが大切です。

4000番台ニッチ製品開発企業 本日寄付きで買いました。
9/19、9/20、9/21、9/22、大規模な売り仕掛けにより
2019年トランプ大統領のクリスマス暴落以来の安値となり
大底の可能性が高まったため、9/26(火)寄付き買いました。
リバウンド狙いで保有期間4週間~10週間

先週のFOMC結果を受け、米国金融引き締め長期化が改めて意識されました。
米国長期金利が、16年ぶり高水準となり、株式の相対的な割高感から
ハイテク株比率の高いナスダック指数中心に売りが広がり、この流れは日本の
半導体関連、グロース株にも波及し、日経平均は9/15高値33634.31円から
弱含みになっています。
9/15高値33634.31円 9/22安値32154.53円 4営業日の下げ幅▼1479.78円
9/26終値 32315.05(15:00)▼363.57 -1.11%
日経平均の6月以降の日足チャートをご覧ください。
6/5に窓を開けて、32,000円台に乗せ高値圏での横ばいレンジ相場が続いています。
一方、TOPIXは年初からの上昇は、ほぼ毎月のように33年ぶり高値を更新中で
直近も高値圏を維持ながら、25日移動平均はプラス乖離を保っています。
メガバンク中心に銀行株、証券株、7203トヨタ自動車中心に輸出関連など
時価総額上位銘柄が、TOPIX上昇の原動力になっています。
9/27(水)9月権利付き最終売買日
9/28(木)権利落ち日
月末の配当金再投資の先物買いがTOPIXベースで△1兆8千億円規模入る。
日経平均は銘柄入れ変えにより、月末に▼4000億円規模の売りが出る。
9月末までTOPIX優位の相場が続く見込み。 

直近も米国長期金利上昇=日米金利差拡大による円安ドル高
10月中旬以降は、3月期決算企業の2024年3月期中間期決算
(2023年4月~9月期)が始まり、増額修正銘柄の個別銘柄物色になる見通しです。

10月以降の相場は、米国長期金利上昇一服から米国株の上昇期待
米国株が上昇しなければ、日本株の単独上昇は期待できず
今後も米国長期金利の動向に注意が必要です。

明日は直近下げ続けている2477手間いらず 3926オープンドア について
記載いたします。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、9/27(水)15:05までに更新いたします。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)20:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)14:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR