fc2ブログ

2024-02

週明け11/13(月)は反発スタート

2023年11月12日(日)12:25更新

11月10日(金)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32491.24(9:00)▼155.16
高値 32522.57(9:00)▼123.89
安値 32248.24(9:48)▼398.22
前引 32450.03(11:30)▼196.43 -0.60%
TOPIX前引 2326.72(11:30)▼8.40 -0.36%
 後場
寄付 32427.44(12:30)▼199.02
高値 32598.93(14:50)▼47.53
安値 32397.30(12:40)▼249.16
大引 32568.11(15:00)▼78.35 -0.24%

11/9(木)の米国株は、パウエル議長タカ派発言や30年物国債入札結果が
低調だったことから長期金利が上昇し、直近上昇が続いていた
ハイテク株、グロース株中心に利益確定売りが優勢となりました。
11/9(木)SQがらみの思惑で買戻しが優勢となり大幅高で反発した日本株は
売り先行で始まりました。
日経平均は32,500円を割り込んで始まり、一時▼398.22まで下げ幅を広げました。
売り一巡後は、32,400円を挟んだ水準での推移となり、前引けにかけて
下げ幅を縮小しました。
後場の取引は、前引け水準で始まりましたが、13時過ぎに買戻しが入り
大引けにかけて下げ幅を縮小しました。
週末11/10(金)日経平均は小幅に反落して引けました。

TOPIX
2321.58(9:00)
2338.07(14:50)
2313.28(9:48)
2336.72(15:00)
前日比△1.60 +0.07%

値上がり銘柄数 988
値下がり銘柄数 630
新高値銘柄数 59
新安値銘柄数 19
騰落レシオ25D 114.4
日経平均25日移動平均乖離率 +2.88%
TOPIX25日移動平均乖離率 +2.16%

11/10(金)の主要国株
日経平均先物 32,880円△300円 先週末32,330円△450円
NYダウ 34,283.10ドル△391.16ドル+1.15% 先週末34,061.32ドル△222.24ドル+0.65%
ナスダック 13,798.108△276.660+2.04% 先週末13,478.283△184.092+1.38%
S&P500 4,415.24△67.89+1.56% 先週末4,358.34△40.56+0.93%
10年債利回り 4.643%%△0.021% 先週末4.517%▼0.144%
NY原油 77.35ドル△1.61ドル 先週末80.89ドル▼1.57ドル
ドル円 151.53円-151.55円 先週末149.37円-149.39円
上海総合指数 3,038.9699▼14.3093-0.46% 先週末3,030.7977△21.3919+0.71%
欧州市場 
ドイツDAX 15,234.39▼118.15-0.76% 先週末15,189.25△45.65+0.30%
イギリスFTSETM 7,360.55▼95.12-1.27% 先週末7,047.50▼13.19-0.18%
フランスCAC 7,045.04▼68.62-0.96% 先週末7,417.73▼28.80-0.38%

週末11/10(金)の米国株は主要3指数そろって大幅高で反発。
パウエル議長タカ派発言と米国債落札不調で、前日11/9長期金利上昇、株安になった米国株
株売りが落ち着き、買い戻す動きが優勢になりました。
主要3指数+1%を超える大幅高になり、ハイテク株比率の高いナスダック指数は、+2.04%
ハイテク株、グロース株を買い戻す動きが活発になりました。

日経平均11/10(金)終値32568.11円 ▼78.35円 -0.24%
TOPIX11/10(金)終値2336.72 △1.60 +0.07%
日経平均先物 32,880円 △300円

週末の米国株は大幅高で反発し、日経平均先物は連動高になりました。
11/13(月)日経平均、TOPIXは、窓を開けて大幅高で始まります。
日経平均は、11/6高値32766.54円を超える見込みで、TOPIXも
11/6高値2368.66トライの場面がありそうです。

11月相場は、立ち合い日数7営業日になりますが、米国長期金利上昇に
歯止めがかかり米国株は上昇。
米国長期金利低下=ハイテク株比率の高いナスダック指数上昇
ナスダック指数上昇=日本市場の半導体、ハイテク、グロース株上昇
ロングポジション、グロース株買い=ショートポジション、バリュー株売り
9月までのバリュー株物色相場は終了し、10月まで記録的な下落に
見舞われたグロース株は、上昇に転じました。
海外短期筋を中心に日本市場のメインプレーヤーは、常にロングショート戦略を
構築しています。
グロース株買い、バリュー株売りのポジションは、今の米国長期金利低下が続く限り
この流れは変わらないと思います。

11/10時価総額3000億円以上銘柄 385銘柄
全銘柄決算内容と330日間(2022年7/8~2023年11/10)の株価位置を精査しています。
加えて、上昇一服後に「空売り」を仕掛ける銘柄候補もリストアップします。

数年前まではありえなかった状況が、今の日本市場で現実のものとなっています。
AIの多くが、トレンドに追随するため、新高値をとって勢いが続く銘柄はとことん
AI主導で買われ、新安値を割り込むような銘柄は特に悪材料が無くても
とことん売り込まれ、株価はありえない安値圏まで売り崩されます。
2021年くらいまで、よく上がっていた個人投資家好みの「小型成長株」の多くが
大きく売り込まれ、戻り相場の「蚊帳の外」に放置されているケースが多く見かけられます。
一定程度の時価総額と流動性がなければ、AIにしても海外投資家にしても
投資対象外になります。
米国長期金利上昇一服、ハイテク株比率の高いナスダック指数中心に上昇
その連動性があるのは、10月まで記録的、史上に残るくらい急落になった
時価総額上位のグロース系の大型株、中型株、がランキング上位を占めています。

11/1(水)~11/10(金)7営業日上昇率ランキング
1,7735SCREEN +23.91%
2,SHIFT +21.05%
3,3769GMOPG +21.05%
4,4704トレンドマイクロ +20.12%
5,3923ラクス +19.25%
6,3064MonotaR +18.63%
7,6857アドバンテスト +18.13%
8,8111ゴールドウイン +16.91」%
9,6728アルバック +15.67%
10,2371カカクコム +14.60%
10%以上上昇銘柄数24銘柄

11/1(水)~11/10(金)7営業日下落率ランキング
1,1803清水建設 -13.82%
2,1963日揮HD -12.64%
3,3361王子HD -12.07%
4,5830いよぎんHD -11.71%
5,7951ヤマハ -11.67%
6,9831ヤマダHD -11.61%
7,3405クラレ -11.58%
8,2269明治HD -11.29%
9,9107川崎汽船 -11.07%
10,4912ライオン -9.45%
以下、地銀、メガバンク生損保、バリュー株が目立ちます。

2023年相場AIの売買に逆らった取引は、今の日本市場において
「非常識」になり、敗北の確率が高まります。
AIは、底値圏、新安値を付けた銘柄を買うのではなく
多くの銘柄では、「底値」から売り仕掛けを行い売り崩してきます。
したがって、「従来の底値買い」は、非常識になり、ありえない安値まで
売り込まれた銘柄でないと買えません。
狙っている「監視銘柄」が、安くなってもじっと我慢して安値圏では買わず
異常値のどん底まで売りたたかれてから買うのが、AI時代の「新常識」に
なりました。
これからは、異常値まで売りたたかれた時価総額上位銘柄が投資の中心に
なります。
底値圏で下げ止まって上昇に転じる銘柄は、「レンジ相場売買」以外は
行うことを控えます。

異常気象の突然来る「局地的な大雨や大雪」観測史上例のない
気象の大きな変化のような現象が、日本市場の多くの銘柄で起きています。
人の「人知」で考える常識は、AI主導の相場では「非常識」になります。
これからは、常識的な「底値買い」ではなく、「人知」で考えると非常識な位な
水準まで下がった一流株の投資に心掛けます。
空売りも同様にありえないくらい高値まで値上がりし、高値圏での滞在日数が
2~3か月続き、多くの投資家が安心して順張りを行っている時に
完全に崩れだし、下げトレンドに入ったことを確認してからの「空売り」が
今の新常識になり、これからは異常値まで売りたたかれた「前歴」があり
安値圏でも空売りが仕掛けられる銘柄の「10合目から6合目」くらいに
株価が滑落したタイミングで「新空売り」を行うようにします。
天井売らず、AIが売り出したタイミングでの「空売り」
底値ではなく、「異常値まで売りたたかれた一流株の買い」

これら銘柄につきましては、日々のブログに具体例を記載いたしますので
興味のある方は、チャートで一緒に勉強なさって下さい。



株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村



次回更新は、11/13(月)15:05時までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。


«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR