fc2ブログ

2024-02

朝高後買いは続かず

2023年11月13日(月)15:05更新
週末の米国相場概況は昨日のブログに記載いたしました。

11月13日東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 32818.15(9:00)△250.04
高値 32913.32(9:06)△345.21
安値 32673.25(10:24)△105.14
前引 32750.40(11:30)△182.30 +0.56%
TOPX前引 2342.72(11:30)△6.00 +0.26%
 後場
寄付 32631.79(12:30)△63.68
高値 32639.40(12:35)△71.29
安値 32499.28(14:06)▼68.83
大引 32585.11(15:00)△17.00 +0.05%

週末11/10(金)の米国株は主要3指数そろって大幅高で反発。
パウエル議長タカ派発言と米国債落札不調で、前日11/9長期金利上昇、株安になった米国株
株売りが落ち着き、買い戻す動きが優勢になりました。
主要3指数+1%を超える大幅高になり、ハイテク株比率の高いナスダック指数は、+2.04%
ハイテク株、グロース株を買い戻す動きが活発になりました。

日経平均11/10(金)終値32568.11円 ▼78.35円 -0.24%
TOPIX11/10(金)終値2336.72 △1.60 +0.07%
日経平均先物 32,880円 △300円

週明け11/13(月)日経平均は11/6戻り高値32766.54円を一気に超え
32,800円台に乗せて始まり、直後に32,900円台に乗せ△345.21円
上昇しました。
寄付 32818.15(9:00)△250.04
高値 32913.32(9:06)△345.21
買い一巡後は利益確定売りに押され急速に上げ幅を縮小しました。
安値 32673.25(10:24)△105.14
前引 32750.40(11:30)△182.30 +0.56%
TOPX前引 2342.72(11:30)△6.00 +0.26%
前場プライム値上がり684銘柄 値下がり927 変わらず46
インデックス上昇に対し、一部の大型株が上昇し、小型株中心に
値下がり銘柄数が増加しました。

後場の取引は大幅に伸び悩み、前場安値を下回って始まりました。
TOPIXはマイナス圏に転落し、値下がり銘柄数が増加しました。
その後日経平均もマイナス圏に転落し、先週末終値付近での推移となりました。
中国景気の悪化懸念を背景に13日の上海株、香港相場が朝高後に下落に転じ
米国株先物も下げ幅を広げたため、日経平均、TOPIXも先物売りに押されました。
14:41時点 大型株、中型株は上昇、小型株は下落
大引けにかけて、日経平均TOPIXは小幅ながらプラス圏に浮上
日経平均は小幅に反発して引けました。

「朝高後買いは続かず」
本日朝方の日経平均先物は、33,000円にのせましたが
33,000円の上値を買い上がる動きは見られず
寄り付き直後買い一巡後は急速に伸び悩みました。
今後の日経平均、TOPIXは、米国長期金利と米国株の動向に先物主導で
振り回される展開が続きそうです。


大型株値下がりランキング1位
4911資生堂 決算発表11/10 更なる下振れ警戒
11/10終値4885円 時価総額1兆9540.00億円
前場後場ともに4185円▼700円S安の場面がありました。
欧州、米国、日本の売り上げは増加したものの 中国向け-9%
処理水問題での業績下振れならば、年内底を付けるでしょうが
中国の若者の失業率上昇、構造的な不況が今後も影響を受けるのであれば
歴史的な株価下落になる可能性があります。
資生堂のような日本ブランドを買う傾向から、中国自国の化粧品を買う動きが
若者中心に高まっています。

化粧品国内大手 中国を第2の本社と位置づけ積極展開
2022年7/8~11/10までの株価位置 10.43
実績PER 高値平均79.1倍 安値平均58.1倍 割安ではない
11/10時点 23.12 69.785倍 24.12 48.85倍
11/13時点 23.12 92.2倍(下方修正EPS45.4円で算出)
売上 営業益 経常益 純益 EPS 単位百万円(EPS円単位)
22.12  1,067,355 46,572 50,428 34,202 85.6
23.12予 1,000,000 47,000 47,000 28,000 70.1(2/10会社予想)
23.12予  980,000   ―  27,000 18,000 45.4(11/10減額修正) 
2023年高低 6/21高値7160円 11/13安値4185円
2022年高低 2/18高値6795円 11/4安値4813円
四季報最新「横ばい」
前期赤字の中国復調 高価格帯スキンケア牽引し国内も底打ち感
工場譲渡の減損損失等160億円 宣伝費も重く営業益停滞
24年12月期は訪日客増追い風に中価格帯上向く。
以上、四季報内容を抜粋
★11/10決算発表 単位百万円(EPS円単位)第3四半期のため進捗率75%で中立
売上722,417 前年同期比-5.3% 進捗率72.2%
営業益25,826 前年同期比-27.6% 進捗率54.9%
経常益28,721 前年同期比-34.2% 進捗率61.1%
純益20,517 前年同期比-29.4% 進捗率73.2%
EPS51 前年同期比-29.4% 進捗率73.3% 
決算発表11/10 中国景気低迷で、上場来最大規模の本格調整となる可能性大。
10/30、10/31,11/2、大規模な売り仕掛けで11/2安値4620円まで下落し
2017年以来の水準まで下がり、現時点で下値のめどは不明となり
心理的な節目の4000円水準。
場合によっては、歴史的な安値を付ける可能性があります。
今後、AIが売り崩してくる可能性は否定できず、底値圏の買いは見送りが妥当と考えます。
 出来高 現物売り 貸株の空売り 貸株の空売りの比率 ★売り仕掛け
  11/13(月)4185円▼700円S安の場面がありました。
11/10 2,266,500 1,222,200 918,100 40.5%
11/9  2,296,600 1,067,300 1,062,700 46.3%
11/8  2,010,500 1,078,200 790,400 39.3%
11/7  3,050,400 1,897,000 923,800 30.3%
11/6  4,047,500 2,493,000 1,221,600 30.2%
11/2  5,491,700 1,728,000 3,304,700 60.2% ★★売り仕掛け
11/1  2,466,100 1,260,200 957,900 38.8%
10/31 3,118,200 919,600 1,961,500 62.9% ★★売り仕掛け
10/30 2,479,200 747,400 1,538,800 62.1% ★★売り仕掛け
10/27 1,759,200 774,300 811,100 46.1%
10/26 2,053,200 872,700 991,400 48.3%
10/25 2,584,100 1,193,700 1,143,000 44.2%
10/24 3,913,500 2,104,700 1,235,100 31.6%
10/23 4,197,300 1,792,800 1,709,600 42.1%
10/20 2,525,700 1,093,800 1,189,500 47.1% 空売り比率増加安値4664円
10/19 2,237,400 1,125,300 884,100 39.5%
10/18 1,970,000 1,092,100 706,300 35.9%
10/17 1,984,100 1,237,900 515,500 26.0%
10/16 3,250,100 1,848,200 1,230,800 37.9%

大型株値下がりランキング2位
円安デメリットの9843ニトリHD 
四季報最新「高水準」
既存店はテレビCM効果で客数戻り基調、通販も伸長
物流費高騰が一服 円安が収益圧迫、営業益高水準だが前号比やや縮小。
11/10決算発表 単位百万円(EPS円単位)第2四半期のため進捗率50%で中立
売上416,814 前年同期比-1.5% 進捗率45.3%
営業益55,173 前年同期比-20.1% 進捗率39.4%
経常益56,921 前年同期比-19.2% 進捗率40.0%
純益38,043 前年同期比-26.1% 進捗率39.3%
EPS336 前年同期比-26.2% 進捗率39.8% 
11/13(月)市場(AI)の判断は売りで、大型株値下がりランキング2位




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、11/14(火)19:00時までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR