fc2ブログ

2024-02

来週12/25(月)以降、市場参加者減少

2023年12月22日(金)15:05更新

前日11/21の米国株
NYダウ 37,404.35ドル △322.35ドル +0.86%
ナスダック 14,963.866 △185.923 +1.25%
S&P500 4,746.75 △48.40 +1.03 %
米国10年債利回り 3.885% △0.039%
NY原油 74.56ドル
ドル円 142.45円-142.47円

前日の米国株主要3指数は揃って反発。
20日大幅反落した米国株は、再びFRBによる2024年の
利下げを好感した買いが優勢となりました。
米国長期金利は3.82%まで低下しました。
長期金利低下=リスク資産の株買い
FRBによる2024年の利下げを好感した買いがどこまで続くのか?
今後も要注目です。

東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 33257.96(9:00)△117.49
高値 33375.19(9:13)△234.72
安値 33166.47(9:46)△26.00
前引 33204.89(11:30)△64.42 +0.19%
TOPIX前引 2336.77(11:30)△10.79 +0.46%
 後場
寄付 33240.82(12:30)△100.35
高値 33251.15(12:32)△110.68
安値 33151.70(15:00)△11.23
大引 33169.05(15:00)△28.58 +0.09%

昨日の米国株主要3指数は揃って反発。
日経平均は買い優勢で始まりました。
寄り付き直後に△234.72円上昇しましたが、買い一巡後は
△26.00円まで急速に伸び悩み、33,200円を挟んだ水準での推移となりました。
後場の取引も様子見姿勢が強く、33,200円水準での小動きになりました。
13:30過ぎにじりじりと上げ幅を縮め△12.41円この日の安値を付けました。
安値 33152.88(14:05)△12.41
マイナス圏に転じることはありませんでしたが、日経平均の上値は限定的となりました。
週末12/22(金)日経平均は安値引けとなりましたが、小幅に反発して引けました。
安値 33151.70(15:00)△11.23
大引 33169.05(15:00)△28.58 +0.09%

◎銘柄研究 参考銘柄
間もなく底入れ、底値圏銘柄

9450ファイバーゲート 12/21終値890円
9/6高値1591円からの調整局面
直近安値12/18安値878円
下げシロは少なそうですが、底入れの感触は確認できず。

6526ソシオネクスト 12/21終値11510円
6/21高値28330円からの本格調整局面
12月、1月には底入れを想定
7/14以降、米国系ファンドが買っていますが、想定買いコストは
時価水準より4000円ほど上です。
もう一段下値を待つ場面と考えます。

2929ファーマフーズ 12/21終値1004円 直近安値990円
2021年4/2高値3820円からの本格調整局面は
昨年22年9/22安値1114円で底を付け、23年6/22高値2344円まで
戻り高値を付けましたが、その後再び下降トレンドに入り
12/22安値990円まで下落。
直近貸株の空売りが需給を悪化させており、6月の信用で買った投資家の
期日売りも重なり、年内需給悪化が続く可能性があります。
12/22、1000円の大台を割り込みました。
もう一段安を見定めます。

6194アトラエ 12/22終値627円
2021年 9/1高値2849円 11/19高値2827円ダブルトップ形成後
本格調整局面入り
6/27安値700円で底を付け、9/6高値1187円まで戻る場面がありましたが
直近にかけて再び下値模索の展開になり、12/18安値590円
12/18安値590円底入れの可能性。

◎天井形成まで、株価追跡 2銘柄

8279ヤオコー 12/21終値8100円 
食品スーパー国内大手 付加価値の高い総菜を強化
売上高利益率は業界トップ 2.8%
2023年高低 12/12高値8450円 1/16安値6560円
2022年高低 1/4高値7080円 6/17安値5690円
2021年高低 9/8高値7450円 7/9安値5930円
3期実績PER 高値平均19.9倍 安値平均15.3倍 
毎期連続増収増益銘柄 
12/12高値8450円 1番天井を想定
12/18、25日移動平均を割り込み安値7990円
8000円の攻防になりましたが、12/22連続陽線を引き25日移動平均回復。
13:25時点での出来高は、11,200株と非常に薄商い。
年末年始にに2番天井を付けるかどうか? 

1959九州電工 12/21終値4986円 高値更新中
九州電力系、九州電力向けは1割強、首都圏、東南アジアに展開
2023年高低 12/22高値5066円 1/13 2/3安値3090円
2022年高低 1/5高値3645円 5/27安値2584円
2021年高低 3/29高値4325円 1/20安値3135円
3期実績PER 高値平均11.2倍 安値平均7.3倍 
12月~24年1月中に天井形成を想定 トレンドは生きています。
12月、1月に高値を付けて、はしごを外されることになりそうです。
どのように高値を付けていくか、チャートの勉強になります。

12/7の植田日銀総裁
年末から来年にかけて一段とチャレンジングになるとの発言をきっかけに
日銀が政策修正に動くとの観測が一気に強まり、ドル円相場は一時140円台まで
円高ドル安が加速しました。
このころから、日本市場は米国株高に連動せず、上値が重くなっています。
植田日銀総裁は、その後19日日銀金融政策決定会合後の会見で
金融政策の正常化に踏み出すかどうかについて、もう少し賃金と物価の
情報をみたいとの考えを示し、円高も一服となりました。
12/19(火)12/20(水)日経平均は、売り方の買戻し主導で
上昇に転じ12/20高値33824.06円まで上昇しましたが
買戻しが一巡し、米国株が反落した流れを受けて、再び弱含みとなりました。
日経平均の株価位置は33年ぶり高値圏にありますが
プライム騰落レシオ25D 12/21 92.3▼7.4
12/6 122.8から下げ続けています。
プライム市場25日移動平均分布状況 12/21
+乖離銘柄数 578銘柄
+10%以上乖離銘柄数 33銘柄
-乖離銘柄数 1078銘柄
-10%以上乖離銘柄数 26銘柄
マイナス乖離銘柄の方が圧倒的に多く、インデックスの株価位置の高さに比べ
相場全体は、地合いの悪さが目立ちます。
来週12/25(月)以降、市場参加者が減少する中、短期筋のAIが
売り、買い、どちらに動くのか。
米国株がさらに一段高になるのか。
要注目となります。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回更新は、12/24(日)13:00までに更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:00前に更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては
一切その責を負いません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (137)
株式日記 (2754)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR