fc2ブログ

2024-04

今週で需給悪は終わるか?

2024年4月3日(水)15:05更新

前日4/2(火)の米国株
NYダウ 39,170.24ドル ▼396.61ドル -1.00%
ナスダック 16,240.449 ▼156.383 -0.95%
S&P500 5,205.81 ▼37.96 -0.72 %
米国10年債利回り 4.350% △0.030%
NY原油 85.16ドル △0.01ドル
ドル円 151.57円-151.59円 4日 11:30

前日4/2の米国株は主要3指数そろって下落。
景気の底堅さやインフレの高止まりで、FRBの6月利下げが
先送りになる可能性が意識され、長期金利が一時約4カ月ぶりの
水準まで上昇したことから、株売りにつながりました。
長期金利が、一時4.40%まで上昇(11月下旬以来)
原油価格が一時1バレル85ドル台半ばまで上昇(10月以来)
直近にかけて、主要3指数の最高値更新が続いていたため
利益確定や持ち高調整の売りが出て、NYダウは一時500ドル超
下げる場面がありました。
米国株けん引役の半導体関連株も利益確定売りに押されました。
欧州市場主要市場も揃って下落しドイツDAX指数は-1.13%の
大幅安になりました。

4月3日(水)東京マーケット
日経平均株価
 前場
寄付 39503.72(9:00)▼335.19
高値 39603.71(9:55)▼235.20
安値 39217.04(9:15)▼621.87
前引 39428.58(11:30)▼410.33 -1.03%
TOPIX前引 2701.18(11:30)▼13.27 -0.49%
グロース250指数 702.12(11:30)▼11.71 -1.64%
 後場
寄付 39469.70(12:30)▼369.21
高値 39625.90(13:16)▼213.01
安値 39442.23(12:30)▼396.68
大引 39451.85(15:00)▼387.06 -0.97%

前日4/2の米国株は主要3指数そろって下落。
長期金利の上昇、原油価格上昇、インフレ懸念を意識して
6月の利下げが遠のくのではないかとする見方が優勢となり
株売りにつながりました。
4月に入り新年度の益出し売りに押される日本市場
日経平均は、売り優勢で始まりました。
安寄り直後、日経平均は▼621.87円まで下げ幅を広げましたが
安値 39217.04(9:15)▼621.87
売り一巡後は下げ渋りましたが、前引けにかけて弱含みとなりました。
後場の取引は、前引け水準から下げ幅を縮小して始まると
買戻しや押し目を拾う動きから、下げ幅を縮小し、前場高値を超えました。
買い一巡後は、39500円台での推移となりましたが、大引けにかけて
弱含みました。
日経平均は反落して引けました。
今週いっぱいは、期初の利益確定売りが続く見込みで、短期筋のAIが
買いに動くか、売りに動くか、25日移動平均を割り込んできたのが
不透明感を高めました。

◎銘柄研究 参考銘柄
8227しまむら 4/2終値6978円▼622円-7.23%
3/21高値9325円天井形成
破竹の勢いで増収増益を背景とした上昇は終焉しました。
週足チャートを見ると2本の連続大陰線で、高値掴みの
投資家の戻り待ちが増え、株価の戻りは限定的になりそうです。

4997日本農薬 4/2終値743円▼60円-7.47%
3/29高値834円高値形成
4/1,4/2連続大陰線で、上昇相場は壊れ
4/3 10:51安値718円まで値下がりしました。
下げが急だったため、下げ一巡後、720円を挟んで一進一退も考えられますが
今後は日柄調整に入り、もう一段下げるのではと見ています。

◎1000円買い 1200円売りの投資手法
昔、バブル前35年以上前に売買していた勝ちパターンです。
今の日本市場でも使えると思って今検証しています。
一例として、
9416ビジョン 4/2終値1132円
2023年6/19高値1952円形成後、値幅日柄調整局面入り
2/14安値999円で底が入りました。
その後直近にかけて、レンジ相場になっていますが
レンジ下限 4/3安値1114円 3/8安値1121円
レンジ上限 3/22高値1285円 2/28高値1266円
大きくは取れませんが、この様なレンジ下限が底値付近のため
悪材料が出なければ、大きな下振れリスクは低く
1130円以下に指値を入れ、10%とるというものです。
探せばレンジ相場で取れそうな銘柄が多々あります。
昔は、1000円水準が底値の銘柄が多々あったため
1000円買い、1200円売りでしたが、この株価にこだわらず
一定の幅がローリスクで取れるレンジ相場の銘柄投資は今も有効です。

◎直近のグロース株の下落
7747朝日インテック 4/2終値2494.5円
2023年1/6安値2019円を底に
2023年5/19高値2912円 8/1高値2959.5円 9/13高値3078円
2024年1/11高値3149円 3/4高値3142円
短期間の日柄調整はあったものの、右肩上がりで高値圏を維持していました。
四季報プロ500春号によると 3/1時点3111円
値幅想定 高値3400円 安値2700円 予想株価トレンド「ジリ高」
結果は、3/4高値3142円 4/3安値2432.5円
まだ底入れ確認できず。

3月まで高かった銘柄が、大きく崩れだしている銘柄が大幅に増加しました。
来週以降、相場が落ち着くかどうかですが、
年度初めの売り物は、4/1(月)~4/5(金)で出揃う模様。
その後メインプレーヤー海外短期筋、海外投資家の実需買いが入るかどうかです。
米国では、個人の税還付が毎年2~5月に約40兆円ほどあり
米国に上場している日本株のETFのパフォーマンスが良いため
米国人の税還付金の一部が日本株ETFに流入する可能性が高く
4月月初の金融機関、機関投資家の利益確定売りが一巡すると
日本株上昇の可能性が高まります。
(昨日米国長期金利が、再び4.4%台に乗せたことが気がかり)

円安ドル高が152円を明確に突破した場合は、円買い介入の可能性があり
短期的にドル円相場が円高ドル安に進むと輸出関連株中心に
利益確定売りが優勢になり、全体相場の重しになります。
昨日米国長期金利が、再び4.4%台に乗せてきました。
更なる金利上昇になると 米国長期金利上昇=リスク資産の株売り
特に主力ハイテク株やグロース株売りにつながるため
ハイテク株比率の高いナスダック指数の動向には注意が必要です。
NY原油 85ドル台半ばまで上昇。 まさかとは思いますが、
再び90ドル台、100ドル台に乗せるとインフレ懸念が長期化する可能性は
ゼロではありません。




株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


次回は4/4(木)19:30までにブログ更新します。
通常ブログ更新時刻
(月)(水)(金)15:05 大引け前に更新する日もあります
(火)(木)19:30までに更新
(土)(日)(祝)休み 相場急変時は臨時に更新 
直近は相場が変動するため(日)13:00前に更新しています。
当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。
投資によるリスクは、すべて自己責任で行ってください。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
株式投資を始めて半世紀近くになります。
様々な暴落やショック安を何とか乗り越えて生き残ることができました。
激動の新時代の投資2022年、2023年相場は、かつて経験したことのないAI主導の
新しい時代になりました。
株式投資で儲けるということは、市場を占有する短期筋のAIに
勝たなければなりません。
今まで以上に売られすぎの超一流株の底値圏での買いに
投資資金を分散投資して、生き残りを図ります。
日々変化する相場の中から、売られすぎの銘柄を中心に掲載しますのでご参考になさってください。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (158)
株式日記 (2777)
株式投資 (17)
空売り (1)
未分類 (25)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR