FC2ブログ

2021-02

13748.94円の攻防

11月8日15:50


日経平均株価

14026.174(9:00)

14122.28(14:55)

14026.17(9:00)

14086.80(15:28)

前日比▼141.64 -1.0%


TOPIX

1171.38(9:00)

1178.71(14:55)

1171.20(9:00)

1176.42(15:00)

前日比▼8.31 -0.7%



日経平均株価は大幅続落で引けました。

何とか14000円の大台を踏みとどまったという感じです。

市場は今晩発表の10月の米国雇用統計の内容の結果待ちになっています。




多少の誤差はありますが、今回の下げはかなり前からわかっていました。

そのため自分の買い玉は10/21にほとんどを利食い

数日間でポジションをゼロにしました。

現在14:00ですが日経平均株価は

目先更なる下げになるサインが出ています。

主力銘柄も同様な動きになっているものが多くなってきました。

いよいよ来週から底値模索の厳しい相場展開になるように思えます。

今月中に底を打ち、結果としてそこが買い場となるのでしょう。

皮肉なことに懲りない投資家は底値で投げる運命になります。

弱肉強食のこの世界はこれがいつものことなのです。


戦国時代の下剋上同様に私のような個人投資家でも

ヘッジファンドを相手に勝ち続けることは可能です。

「株式投資勝利の法則」を厳守し、「指数表」で判断し

私独自のチャートで単純明快に底値を見極めて買うことです。


それ以外は何もしない。

中途半端な行動は何もしません。

安く買って高く売ることに徹します。

更なる安値を待ち伏せします。






コメント

日柄調整はあと10~15営業日前後は、当てになりません。

むしろ、かなり前倒しに動意するかもです。

三角持ち合いで非常に荷詰まりしておりますので。

非常に騙し合い最中の相場になってます・・・油断できない時期ですね。
| 2013-11-08 08:43 | 匿名希望 |

コメントありがとうございます。

本日の下げで警戒感が増大しました。

人さまざまな考え方が交錯するのもこの時期です。

来週は10/8安値13748.94円の攻防になるかもしれません。





いつもお世話になっています

10月後半の日経が14800円あたりまでの戻りで

ほぼポジションゼロにした、タイミング流石です。

本日のSQ14500円の攻防と思われましたが、

替がそのつど円安気味になっても日経はやや連動はしつつも

弱い感じでの反発のみがここのところ続いています。

まさにジリ下がりといった動きが続いてると思われた所、

昨晩のECBの利下げで下げへの圧力が更に強まったように見えます。

以前13800円~14800円間のボックス相場と言われていたと思いますが、

今日現在14000円を切るところまで来ています。

狙ってる個別銘柄でまちまちでしょうが、

バーゲン狙いの目安として日経どのあたりの価格帯と時期を底と見ておられますか? 
| 2013-11-08 13:23 | つかさ |

コメントありがとうございます。

私の相場の判断に使用しているのが

「指数表」「個別銘柄指数表」です。

「指数表」によって株価の波動、時間を予測します。

10月末に予測した結果が、11/21~11/28前後です。

価格帯は来週の相場を見てから判断します。

来週は10/8安値13748.94円の攻防を考えています。

予測はあくまで予測ですので一瞬にして投資方針が

180度変わることもあります。

本日短期下落サインが出ている銘柄が増えています。



相場が煮詰まってきましたので、買う銘柄も定まってきました。

今後は日々の「指数表」で微調整しながら判断しますが

需給のバランスが崩れると更なる大幅安になるかもしれません。

空売りもだいぶ入っているようです。

来週の動きを見てからです。

今回は「大底買い」ではなく「底値買い」になるようですので

個別銘柄10社程度に絞り込みます。



時々非公開のコメントをいただきますが、個々のコメントにはお答えできませんので

通常のコメントにてお願いいたします。

よろしくお願いいたします。


来週は厳しい1週間になりそうです。

まだ底が入っていませんので、

下げの途中の中途半端なところで買わないようご注意ください。

来週もよろしくお願いいたします。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、11/11(月)16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

コメント

次のターゲットに関して

私的に次のターゲットを絞り込んでいますが、
7102日本車両製造が現在¥500程度の価格になっています。
これは3番天井をつけての降下局面であり、さらに値下がりがあるのか?単なる大口投資家の一時的な値崩しなのか?迷っています。
企業業績等を考えると単なる大口投資家の値崩しだと感じています。
9005東京急行電鉄は、大口投資家の値崩によるもので、底は¥630台⇒戻りは¥700程度と考えています。
工藤様は上記2社の現状をどのように思われますでしょうか?

トヨタ関連株売りました。

工藤様
コメントご無沙汰しておりますがご記憶でしょうか。また相談くださいとおっしゃっていただきまして、百人力を得た思いで引き続き毎日欠かさず読ませていただいておりました。10月17~21日のブログから準備態勢に入り、11/7に自信を持ってトヨタ・デンソー等トヨタ関連株をすべて売却いたしました。1日遅れててしまいましたが今まで減らした分の半分を戻すことができました。時間・波動(タイミング)の重要さをつくづく感じています。ありがとうございました。10年来の塩漬けかつ額もそれなりですのでもう1・2回は売買しないと元には戻りませんが、大感激です。一流株の底値を待ちたいと思っています。これからも毎日拝読させていただき勉強したいと思っています。今後も的確なご見解・ご指導宜しくお願いします。

ベネッセ

いつも工藤様のブログをありがたく拝見しております。
数年前に事業の中国展開などに将来性を感じて、3600円で買ったベネッセコーポレーション。
今年は日経平均があがっている時も株価が右下がりで・・・含み損でした。
最近ようやく株価が反転してきて3700円程度の小動きになっているようです。
売却を考えたのですが、最近妙に値持ちがよくて、このまま保持して配当をもらうのもよいのかと迷っております。
現在の株価はどう判断すればよいのか、工藤様のご意見いただければありがたいです。

アメリカ次第?

アメリカが底堅い感じですね。このままアメリカのクリスマス商戦が好調なら、日本株も年末から春にかけて、今年の5月末までの流れと同じになる可能性も感じられます。その場合、日経平均が19000円までか、少なくとも5/23の高値は更新することもあるのではと感じられます。そしてまた暴落して初心者を巻き込むと。。。その頃は20000円が堅いとみなされているはず。。。
大和証券を買いたいですがいいところまで下がりません。また、銀行株を買いたいのですが、みずほ、UFJよりも三井住友のほうがよさそうなのですがいかがでしょうか?

全然関係ないですが、オリンピック開催時にティッシュペーパーを外国人にいっぱい配るといいと思っていて、そこから紙関係の株がいいと勝手に連想しているのですが、その場合、どの会社になるでしょうか?

年末PKO?

いつもありがとうございます。

「証券税制の優遇措置廃止」→「NISA導入」の間隙にくる11~12月の「税制の崖」で大きく下がった相場を下支えするため、政府が「年末PKO」の準備をしているという噂があります。そういう兆候は観測されますか?

(5月の暴落時にもPKOの噂がありましたが、工藤先生は否定しておられましたね)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/337-02df3a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR