FC2ブログ

2021-02

お金に働いてもらう投資手法

12月6日15:30


大引け

日経平均株価

15112.54(9:00)

15327.37(14:54)

15112.54(9:00)

15299.86(15:00)

前日比△122.37 +0.8%


TOPIX

1227.20(9:00)

1237.49(14:54)

1225.96(13:30)

1235.83(15:00)

前日比△6.18 +0.5%



日経平均株価は前日までの大幅安の反動で

大引けにかけて、次第に買い優勢の展開になり反発して引けました。

日経平均株価 15299.86(15:00)前日比△122.37 +0.8%

TOPIX 1235.83(15:00)前日比△6.18 +0.5%

来週12/13(金)はメジャーSQでもうひと波乱あるかもしれません。

上昇トレンドが崩れたわけではなくSQ後の上昇に期待したいところです。



日々の市況に一喜一憂しても仕方ありませんので、本日は趣を変えて見ます。


本日は面白いコメントをいただきましたので

お答えすると同時に私の投資手法の一部をご紹介いたします。


コメント

初心者的質問
いつもお世話になっております。

ナンピンと買い増しの違いを教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願いいたします。
| 2013-12-06 10:32 | もずく |

コメントありがとうございます。

6301コマツを例にご説明いたします。

コマツは5/23高値3095円を付けたのですが

仮に3000円で高値掴みをしたと仮定します。

結果的には6/25安値2094円ですが

1000円下がった時点でナンピンをしなければ

売り抜けることはできません。

ここで2100円前後でナンピンを入れ

3000円+2100円÷2=2550円(ナンピン後の買いコスト)

2600円前後で売却(指値)

結果的に9/20に売却できたことになり

損なく逃げることができたことになります。

これがナンピンです。


私の場合は高値付近は一切買いませんので

ロスカットもナンピンも必要ありません。

底値付近の買い下がりのことを「買い増し」と表現しています。


6301コマツ

11/6安値2033円を確認後、このあたりが底値付近と判断します。

その後、11/15戻り高値2204円

この時点で、2033円を意識して下値で待ち伏せします。

2033円まで下がることはこの時点で考えにくく

2080円前後で「待ち伏せ」の指値をします。

12/4 2080円約定

この時点で下値メドは2004円ですから

予算と資金枠に合わせて

2010円まで買い下がります。

例①2060円買い 2040円買い 2020円買い

例②2070円買い 2050円買い 2030円買い 2010円買い

底値付近の買い下がりが「買い増し」です。

数か月後の2500円~2600円を売り目標値にして持続します。

その間は目先の株価に振り回されず、翻弄されずに

コマツを買ったことも忘れ、ほっぽっておきます。

おそらく海外投資家が春までには買い上げてくれるはずです。

これが私流の「お金に働いてもらう投資手法」です。

春ごろまでに儲かったらすぐには再投資せずに

お金に十分に休養を取ってもらいます。

昔からお金を大切にする人には、お金が仲間を連れてきてくれるものです。

お金がお金を呼ぶのです。

お金を大切にして一流株が大バーゲン価格の時に

お金に働きに行ってもらうのです。

数か月でお金が仲間を連れてきてくれます。

世界を相手に熾烈な競争をしているコマツの企業戦士の方々に感謝し

お金に感謝して休んでもらい

御先祖さまのご供養をする

これが私の投資サイクルです。






国土強靭化関連銘柄
お世話になります。

初めてコメントさせて頂きます。

1881 NIPPO 12/6 1626円

10/9の直近の底値1595に近づいてきてます。

労務費や材料費の高騰など様々な要因があるかと思いますが

株価の見通しについて工藤様の見解を

お聞かせ願えたらと思います
| 2013-12-06 00:48 | ガスコイン |

コメントありがとうございます。

「株式投資勝利の法則」の基本は

時間、値幅、波動、需給、地合いの5原則です。


私は、40以上の指標を組み合わせた「指数表」と

「私独自のチャート」と「株式投資勝利の法則」で

総合判断します。


いつの世も相場は、時間、値幅、波動、需給、地合いが反映されます。

それが株価です。


1881NIPPO

2014/3期予想 10/24増額修正見通し

売り上げ 3950億円 →4050億円

営業利益 210億年 →260億円

経常利益 220億円 →280億円

税引き利益 130億円 →170億円

1株利益 108.87円 →142.37円


7月以降の株価波動

7/12高値1918円 →7/29安値1620円

8/5高値1877円 →8/29安値1570円

9/11高値2005円 →10/9安値1595円

11/12高値1863円 →本日寄付き1616円


下値抵抗ライン1570円~1595円

予算に合わせてこの近辺を買えば高い確率で

1850円以上で売却可能でしょう。

来年1月~2月ぐらいと想定します。




余談になりますが、1881NIPPOは私の監視銘柄でした。

「株式投資勝利の法則入門編講座」で取り上げましたので参考までにご紹介します。




☆☆☆バックナンバーです☆☆☆

4月14日(日)

「株式投資勝利の法則入門編講座」 NO10



前回の入門編講座では、大手証券2社について述べました。

どんな相場でも常に第一候補になるのは

8601大和証券G本社

8604野村HD

の2社です。

証券株は天底を見極めるための最も重要な「指標銘柄」です。

2社の株価は、時には日経平均、TOPIXの先行指数にもなります。




8604野村HDにようやく外国人の本格的な買いが入りました。


日付 25D乖離率  株価  指数③   出来高  前日比

4/4  1.29   579円  45.78    85208.6  △19 

4/5  4.80   602円  50.75   177463.3  △23

4/8  14.52   663円  65.60  194071.6  △61

4/9  13.33   661円  79.06 149285.4  ▼2

4/10  19.15  702円  89.03  176421.3  △41

4/11  27.29  760円  92.40 228250.9  △58

4/12  29.65  786円  95.46 248615.2  △26



外国人投資家の行動パターンについて解説します。


相場が大きければ大きいほど、外国人投資家が本腰を入れて買う銘柄

8601大和証券G本社

8604野村HD

「指標銘柄」の中でも最も重要な銘柄です。

外国人投資家の行動パターンは、割高なものを売って割安なものを買う。

大和証券よりも野村証券の方が割安なので、大和証券は利益確定を出しながら

野村証券を仕掛けたのです。

出来高の推移、値上がり幅、25D乖離率をよく見てください。

外国人投資家は、市場に出ている売り玉をすべて買っています。

安倍、黒田バブルを確信した外国人投資家は

600円台~780円の売り玉を根こそぎ買ったわけです。

日本の機関投資家、ディーラー部門は、この買い方についていけません。


ブログにも書きましたが、もうすぐに短期的な高値を形成し、

その後少し下がるか、モミ合いになるでしょう。

1番のポイントは、出来高の推移です。

出来高が頭打ち、減少した時がピークになります。

 4/12の指数③ 95.46が短期警戒水準です。

空売りは危険ですので仕掛けてはいけません。





東証1部銘柄数1721社ありますが、全銘柄見る必要はありませんし

無駄なことです。

実際私が見ている銘柄数は、20社程度の「指標銘柄」です。

それも大引け後です。

ブログを書くために、多少のザラ場(1日数分間程度)は見ることがありますが

株価、チャートを見るのは1日平均5分ぐらいです。

その程度でもブログに書く参考銘柄はすぐ見つかります。



8601大和証券と8604野村HDの2社だけで生計が立つぐらいで

この2社の動きが最も重要です。

あとは、これから教材にしますがメガバンク、大手不動産、自動車、電機、

機械、商社、の20社も見れば全体が見えてきます。


あくせくと株式投資をする必要はありません。

あくせく投資する「株中毒患者」の方々は、さほど儲からないはずです。

年に1~2度大きく稼いで、あとは何もしないのが1番儲かるのです。


しかし、昨年からのアベノミクス相場は「安倍、黒田バブル」になり

しばらくは、よほどのことがない限り、大きく下がらないようです。

GWのリスクと言っても大した下げになりそうもありません。

バブル相場だからです。

7月の参議院選挙も、自民優勢でリスクにはならないようです。


時代の流れに逆らっては儲かりません。

暴落はなかなかきそうもありませんので、現金ポジションを高めたうえで

循環物色相場で、待ち伏せ投資をする方法を今後の教材にしていきます。





「3本の矢」

大胆な金融政策 日銀の黒田総裁が矢を放ちました。

機動的な財政政策 これが次の課題で参院選前に必ず実行します。

民間投資を喚起する成長戦略 TPP,規制緩和は選挙で圧勝しないとできません




7月の参議院選挙に安倍総理は、政治生命すべてをかけて臨んでくることは確実です。

機動的な財政政策は大規模な公共投資(国土強靱化)です。

参議院選挙前の6月には打ち出してくるはずです。



そのコア銘柄は、

1414 ショーボンド

1881 NIPPO

1883 前田道路

1884 日本道路

1896 大林道路

5911 横河ブリッジ

大底ではないので、いかに安く、ローリスクで買うか。

循環物色の波動

GW前後の利確による日経平均、TOPIXが下がった時に待ち伏せ

「株式投資勝利の法則」の波動を待ち伏せする技があります。


次回の講義は「待ち伏せ」です。




以上の記事が

4月14日(日)

「株式投資勝利の法則入門編講座」 NO10

バックナンバーでした。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、12/9(月)16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

コメント

はじめまして。
私、株式会社マジカルポケットの姜と申します。
突然のご連絡、お許しください。
弊社は、個人投資家向けのイベント「IRフォーラム」を運営する企業です。
来年の3月8日に弊社が運営している個人投資家向けイベント「IRフォーラム2014大阪」が開催されます。

イベント開催にあたり、多くの方に知って頂きたいと考えておりましたところ、貴方のブログを拝見し、ぜひイベントお知らせさせて頂ければと思い、ご連絡致しました。

このイベントでは多数の大手上場企業が出展し、
それぞれの企業がセミナーとブース形式で企業の詳しいお話を致します。
セミナー会場や、ブースにて、企業の成長・取り組み等について、
経営者やIR担当者へ質問等も行うことができ、投資家の方々にとって、
新たな投資先を発掘することができる場となっております。

それ以外に、イベント当日、
日本テレビの番組「月曜から夜ふかし」で日本一有名な
株主優待達人・財テク棋士「桐谷広人」さんが講演会を開き、
「NO株主優待、NO LIFE」の生き方を披露致します。
(桐谷さんに関する詳しい情報はこちら:https://www.google.co.jp/#q=桐谷広人)

他にも、株投資や経済情勢など様々な分野の専門家はスピーチ致します。


――――――――――――――――――
イベントの開催につき、現在事前登録を行っております。
▼IRフォーラム2014大阪事前登録ページ
http://irforum.jp

事前登録をして頂き方々のためには、二大の特典をご用意致しております。

• 特典1【特別優先席】
詳細はこちらをご覧ください
http://irforum.jp/tokuten.html?utm_expid=78930913-0.EiX2n3GbTNOgJ09CWvJ0Lw.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Firforum.jp%2F#tokuten-01

● 特典2【もれなく!QUOカード(500円)プレゼント】
詳細はこちらをご覧ください
http://irforum.jp/tokuten.html?utm_expid=78930913-0.EiX2n3GbTNOgJ09CWvJ0Lw.0&utm_referrer=http%3A%2F%2Firforum.jp%2F#tokuten-02

―――――――――――――――――――――――――
★ イベント開催日 ★
2014年3月8日(土)  1階・2階
※ゲストスピーカー:桐谷 広人(他多数)
 その他のゲストスピーカーなどの情報は決定次第お知らせします。

• 会 場 ◆
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番5号 マイドームおおさか 1階・2階
会場アクセス:http://www.mydome.jp/access/

• 参加無料 ◆
――――――――――――――――――――――――――
もしよろしければ、「IRフォーラム2014大阪」にご参加頂けますと幸いでございます。
また、ご興味をお持ち頂けましたら、
イベントの事前登録や開催などについて
ブログ内で間単にご紹介頂ければと思います。
不躾なお願いとは承知しておりますが、ぜひお力添え頂けますと幸いです。
突然のご連絡にも関わらず、最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。
IRフォーラム大阪に関しまして、何かご質問等ございましたら
下記連絡先より、お問い合わせくださいませ。
IRフォーラム運営事務局 (株)マジカルポケット http://mpocket.jp 
 TEL:03-5226-5433 Fax:03-5226-5434  
メールアドレス:info@irforum.jp
今後とも引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/357-dc6941ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2023)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR