2017-07

待ち伏せ参考銘柄6310井関農機

2月19日16:05


大引け

日経平均株価

14729.48(9:00)

14805.66(9:55)

14679.19(9:02)

14766.53(15:00)

前日比▼76.71 -0.5%


TOPIX

1217.58(9:00)

1222.00(9:53)

1213.21(9:03)

1218.52(15:00)

前日比▼5.48 -0.4%



日経平均株価は3日ぶりの反落

昨日の先物主導の大幅高から利益確定売りに押される1日でした。

その割には下げ幅も限定的で、底堅さも感じる相場展開でした。

私が考えていますのは、しばらくレンジ相場になる可能性が高いということです。

相場の上値15000円前後

相場の下値14000円前後

その通りとすると現時点は買ってはいけない水準です。

先日から申し上げておりますとおり

14000円水準を待って買うかどうか判断します。

その場面がなければ中途半端なところでは買いません。






参考銘柄(アンダーを狙って待ち伏せ)

6310井関農機 2/19 終値283円

この銘柄は私が高校生の時に頻繁に売買していた銘柄で

当時は仕手性が強くボロ株でした。

相性が良かった為か当時は損をしたことがない銘柄でした。

当ブログでも2013年1月ごろに記載した記憶があります。

たしか230円~240円水準だったと思いますが。

その後2013/5/20高値454円まで上昇

大暴落で大幅下落

6/27安値 258円

立会日数18日後 7/23高値384円

その後は狭いレンジでの値動きになっています。


昔は井関農機はボロ株の中のボロ株で

2001/12安値35円の時もありました。

しかし現在は、連結予想BPS282円 連結予想EPS23.92円

予想配当4.00円 負債/売上(連結)30.1%

なかなか良い会社に生まれ変わりました。

株価は2013/7/23高値384円から緩やかな下降トレンドが続き

2/5安値255円で底打ちになったようです。

ここからは全体相場次第ですが

戻りを試す展開になりそうです。

2/17の十字線

271 274 266 271 △2円

この水準で買えば300トビ台への戻りは早そうです。

私は買いませんが、あくまでも欲をかかずに小すくいで臨めば、

おもしろい投資対象になりそうです。

この場合は、271 274 266 271 △2円この水準で

待ち伏せ買いになります。

買えなかったら御縁がなかっただけのことで

追いかけるのは良くありません。


本日は久々に昔手がけた他の銘柄も見ました。

高校生当時に有り金すべてをつぎ込んだ銘柄

4021日産化学のチャートも見て思い出しました。

記憶が薄れていますが、1974円(昭和49年)11月に

210円ぐらいで16000株買った記憶があります。

その時の材料が今はない有償増資1:0.6でした。

私は短期間で(3~4か月)334円まで上昇したのにもかかわらず

利食いをしませんでした。

120円×16000株=192万円(含み益)

欲をかいて有償増資1:0.6の権利を取り

新株1株当たり額面の50円支払いました。

16000株の割り当て0.6ですから9600株の割り当てになり

9600株×50円=480000円を支払い

持ち株は25600株になりました。

株価は権利落ち価格をジリジリ切り下げ持ちきれず

親株16000株と新株9000株と新株の端株600株を売った時の利益は

わずか30万円ぐらいでした。

一時は200万円近くの含み益があったのですが吹っ飛んでしまいました。

この時に権利付きの高値付近で売るのが良かったことを学びました。



そのあとにいろいろな銘柄で儲けた後、井関農機に有り金すべてつぎ込んで倍近くになり

至福の高校生活を満喫した記憶がよみがえってきました。

井関農機で儲けた後に高校生の分際で証券会社の大口客に

なっていました。

そこで知り合った若手相場師S氏から多くを学ぶことができ

大学時代には自分も大物相場師になる夢を持ち

仕手株投資にのめり込んでいったのが大きな間違いでした。

やがて大学4年の時に大物相場師S氏が東京地検特捜部に逮捕され

仕手株相場も総崩れしました。

若手相場師S氏も当時の金額で30億円以上やられ

私も大学当時5000万円やられ、初めての挫折を味わいました。

全く愚かな大学生でした。

当時の証券会社の社員の方々も禁じ手の「手張り」でかなりの方がやられていました。

「手張り」とは、顧客の株券を担保に顧客名義の信用口座に乗せてもらい

負けた場合は自分で損出補てんをすることで、禁止されていましたが

多くの証券マンがやっていました。


話が昔話になってしまいましたが、とんでもない人生を歩んできたものです。

「仕手株投資」は儲かった話が多く駆け巡っていますが

実際はその多くが儲けを吐き出し、有り金以上を失い

市場から退出することがほとんどです。

大物相場師の末路は「行方不明」が多いです。

かつての私のように中枢にパイプがあっても

親ガメこければみなこけてしまうものです。

余程のパイプがなければ「仕手株情報」は

単なる「提灯情報」にすぎません。

仕手本尊が買っている初動で教えてくれて

株価を上げて売り抜けさせてくれるはずもなく

「仕手株情報」は信じてはいけません。

上がった時は、たまたま提灯が沢山ついて上昇したのにすぎません。

「仕手銘柄」の高値掴みはどうにもなりません。

どんな銘柄も買う前にはチャートで株価位置の確認をして健全な投資を

おこなって下さい。

株式投資は健全な投資です。

投機としての投資行動はいつか墓穴を掘ることになります。

本日は私の愚かな昔話になってしまいました。






コメント

アイフル
塩漬けにしていたアイフルが昨年の春先動いて利確。

それからアイフルが持ち合い状態で売って買っての繰り返しをしていましたが、

10月30日の武富士裁判から右肩下がり、

利益出ていた銘柄で安易にまた上がると想定してナンピン

 今480円で持っています。

今回の決算は最悪で又下げてしまいました、

400円位までは節が無さそうですがその上は時間かかりそうです、

どの辺で見切るのがよろしいでしょうか。

ご指導よろしくお願いいたします。
| 2014-02-18 23:42 | ろくざん |

コメントありがとういございます。

昨日と本日で戻りを試す展開になっています。

2/19 14:08 362円 △19円 +5.5%

相場自体は、2/5安値300円 2/17安値295円で底が入っています。

おっしゃる通り400円前後までは節目らしい節目もなく戻るでしょう。

戻りメド②は424円~443円水準です。

直近の底割れで相場のレンジが低くなりそうです。

現時点での推測にすぎませんが

上値水準 400円トビ台~443円

下値水準 300円~330円

この場合の前値戻しの可能性は低く

400円水準に達した時に上値が重く感じた時点で売り、

周期的に1か月~2か月下げたところで

下値水準 300円~330円レベルに達した時は買い。

ボックスレンジの水準を下げて売買なさればよろしいかと思います。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

7292 :ダイハツ工業

何時もお世話になります。工藤様の打診買いされたダイハツを私も1760円で所有しております。1月21日75日移動平均線を越えこれからと言う時に今回の空売りに滅茶苦茶にされました。4月中頃には手仕舞いとの事。戻り売りの想定は如何程に。
また今後回復に向かうのならば1650円前後での買い下がりも考えております。平均株価を1700円以下にと考えております。 御指導の程宜しくお願い申し上げます。

へえ、そうなんですか。俺も身近に相場師の方がいて、株を始めたのね。なかでも是川銀蔵氏には強い影響を受けたなあ。お会いしたことは無いのですけれど。「裏に道あり」という言葉を初めて知ったのも是川氏からだし、先生の実業家としての人生からも大きな影響を受けたましたな。・・・稼ぎ場が目の前にあるのに、俺は軍資金が乏しくてね。毎日、日経の株式欄を見ながら「くそーっ、もっと金があったら!!」と胃があぶられるような焦りでなんとかしようと必死。目がウサギのように血走って真っ赤。株の資金作りに365日早朝深夜まで働きづめの毎日。株で飯を食おうとすればするほど、なぜかどんどん商売のほうへ吹き寄せられてしまう。ついに株を本業にすることができず副業どまり、今は個人商店(サービス業)をやっております。目をつけた銘柄をガーッと買いあがってゆく当時の売買手法にもよるのだと思うけれど、工藤さんご指摘のように生き残った相場師は本当に数えるほどか。バブル崩壊の大幅な下落も痛かったが、その後の約20年にもわたるダラダラとした下げ、もうここらで底だろうといった単なる主観的な値頃感で買いあがって戻り高値からの売り仕掛けでやられるパターン、これで消えていった投資家も身近に多かった。工藤さんも新たな目標を見つけられたご様子、御健闘をお祈りいたします。


1824 前田建設工業ですが、2011年からずっと上昇トレンドとなってますが、移動線が下降に入ったあたりになっています。戻り売りを狙って空売りを行おうと思っています。短期でいくらあたりを目標と考えれば良いでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/406-e827a97f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1171)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR