2017-08

一方通行相場

3月14日15:50


大引け

日経平均株価

14526.28(9:00)

14539.60(9:02)

14280.75(14:10)

14327.66(15:00)

前日比▼488.32 -3.3%


TOPIX

1182.03(9:00)

1182.79(9:02)

1162.90(14:15)

1164.70(15:00)

前日比▼38.76 -3.2%



前日の欧米株安、再び円高が進んだことで売り先行で始まりました。

来週3/19、3/20米国FOMCも控え動きづらいところですが

日経平均株価は、大幅安で下値サポートを大きく割り込みました。

25日移動平均を大きく割り込み、目先本格的に2番底を形成する

可能性が出てきました。

2/5安値13995.86円 1番底

その後の下値

2/17安値14214.60円

2/20安値14428.73円

3/3安値14443.10円



下値サポート①25日移動平均近辺

下値サポート②3/3安値14443.10円~2/20安値14428.73円

下値サポート③2/17安値14214.60円

下値サポート④2/5安値13995.86円 1番底



本日1日で、下値サポート①と②をあっさり割り込みました。

後場14:00過ぎには、追証発生を見越した投げが投げを呼び

下げ幅をさらに拡大しました。

需給がすべてに優先するといいますが、2/5以来の異常な大幅安に

見舞われています。

日本市場にはヘッジファンドの先物売りに対抗する買いの受け皿がなく

彼らの先物売りに、なすすべがありません。


本日終値ベースでの週足は

15120.14 15224.11 14327.66 14327.66 ▼946.41円

東日本大震災以来の大幅安になりました。

中国リスク、クリニア問題リスクが取りざたされていますが

当事者の中国株よりも日本株の方が大幅に売られています。

世界有数の巨大市場である日本市場は、その流動性の大きさから

空売り天国と化しています。




いつの時代も異常に安いところは

「ピンチこそチャンス」でここからの下値は丹念にコツコツ拾うことで

最後には、結果として勝者として生き残ることができることを信じております。

今まで打診買いと小ロットの分散買いでしたが

来週の相場いかんでは、自身をもって本格的に買うことにします。

「真剣勝負の立会い」を覚悟して勝負に出る準備を整えます。



今後の対処は、再度の突込みに備え来週の突込みで買い。

下値目安は、14214.60円近辺

最悪時 13995.86円~14214.60円

今まで小ロット買いに徹していましたが、ここからの下げは

本腰を入れて買っていこうと思います。

昨年8月相場をイメージして下値を丹念に拾う方針です。

当面の上値メドは、3/7高値15312.60円に修正します。


買い予定水準 13995.86円~14214.60円

今後の上値水準 15000円~15300円

4月中旬までにポジションをゼロにする予定でしたが


日銀の追加金融緩和策が現在の状況から時期が早まる可能性が出てきました。

4月以降GPIF(年金積立金運用管理独立行政法人)の運用問題が再度取りざたされ

支援材料となることも予想できます。


GPIFが運用する公的年金積立金(約111兆円)

国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興共済事業団

のいわゆる「制度3共済」の積立金 約27兆円

独立行政法人等が運用している資金が合計で約200兆円の規模に達しています。


来週以降いよいよ「真剣勝負の立会い」を覚悟して勝負に出る準備を整えます。





再度作戦を全面的に見直して勝負に出る覚悟です。

一方通行相場で叩き売られた後は

一方通行で急速に戻すことを信じて

「真剣勝負の立会い」を覚悟して勝負に出る準備を整えます。



コメント

底値の抱き陽線
勉強させて頂いております。

6054リブセンス コンセンサスとかも問題無さそうで、

3月5日陰線の後7日に包み大陽線で以後上昇するかと

8日に成り行きで購入しましたがずっと下げ続けていますが、

見立てが間違っていましたでしょうか?
| 2014-03-13 09:51 | ろくざん |

コメントありがとうございます。

日経平均株価は、大幅安で下値サポートを大きく割り込みました。

25日移動平均を大きく割り込み目先本格的に2番底を形成する

可能性が出てきました。

下値目安は、14214.60円近辺

最悪時 13995.86円~14214.60円

このあたりで底を付けるまでは厳しいと思います。

ここまでこじれると常識的な考えは通用せず

売りが出つくすまで辛抱の時期になります。

3月末の権利取りと月末のドレッシング買いの時期には

好転すると思いますが、来週3/19、3/20米国FOMC前後まで

予断を許さない展開になることを覚悟しなければなりません。

底値付近が一番暗いと申しますが、現在が夜明け前のようです。

もう少し辛抱が必要です。




お礼6701NEC
6701NEC、337円空売りにて、含み益が5%強となってきています。

ヒント(3月7日)、誠に有難うございました。

Exitの目処を、ご教示いただければ、幸いです。

個人的、2/18高値320円、安値307円あたりのどちらか、

悩ましく想っておりあます。

その後、4514あすか薬、6504富士電機の空売りに、移る事を検討しております。
| 2014-03-13 11:32 | moumada |

コメントありがとうございます。

6701NECは、14:02現在310円▼3円そろそろ買戻しラインです。

4514あすか製薬は、1000円近辺で14営業日もみ合っています。

14:05現在1007円▼9円 大幅安にもかかわらず非常に強い動きになっています。

新規売りは危険ですので中止してください。

6504富士電機の新規売りは470円前後ですのでこの水準の新規売りは中止になります。

全体相場がここまで異常に下がり底値近辺になっていますので

ここからの新規売りは地合い好転近いと観ますので中止なさってください。



4578 大塚HD
こんばんは
今年からはじめた素人です 。

こちらのサイトでいつも勉強させていただいております。

さて、質問になる4578 大塚HDですが、

チャートを見ると下値切り上げの三角保ち合いに見え、

今後上昇すると素人考えですが思うのですが、

もしそうであればそろそろ三角形の頂点となり買いかなと

想像をめぐらせていますが、

もしよろしければご意見をお聞かせいただけると幸いでございます。

それと、先生は今年は夏から秋にかけて大暴落

、4月中旬ごろまでにポジションをゼロにし~ など。

コメントされていらっしゃいますが、

仮に上記銘柄を買ったとしても4月中旬ごろまでに売った方が良いのでしょうか?
| 2014-03-13 23:39 | vamo |

コメントありがとうございます。

4578大塚HDは業績は絶好調です。

じつは、「株式投資勝利の法則入門編講座」の教材銘柄で

買い基準価格2759円です。

売り目標値は3500円目標です。

現在の異常安はいずれ改善されるはずです。

相場の流れが大きく変動しています。

今後の予定は再度考慮します。




日銀の追加金融緩和
いつもお世話になっております。

今回は個別株の動向というより、大局目線でとらえた場合に、

日銀の追加金融緩和策がいつ行われるかということが日本株に、

一番大きな影響を与える関心事であります。

工藤様はご自身の事情により、遅くとも4月中旬までに

ポジションをゼロにとお考えのようですが、

追加金融緩和時期は4?7月までに予想されているようです。

仮に次回4月8日に決定された場合も、4月中のポジションゼロをお考えですか。

個別に関しても追加金融緩和により、

売り時、買い時が左右されるそれだけ大きなイベントと私は考えていますが、

いかがでしょうか。
| 2014-03-13 23:43 | ゆき |

コメントありがとうござくぃます。

日経平均株価は、大幅安で下値サポートを大きく割り込みました。

25日移動平均を大きく割り込み目先本格的に2番底を形成する

可能性が出てきました。

おっしゃる通り日銀の追加金融緩和策がいつ行われるかが日本株に、

大きな影響を与えることは間違いありません。

現在の状況から時期が早まる可能性が出てきました。

4月以降GPIF(年金積立金運用管理独立行政法人)の運用問題が再度取りざたされ

支援材料となることも予想できます。


GPIFが運用する公的年金積立金(約111兆円)

国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興共済事業団

のいわゆる「制度3共済」の積立金 約27兆円

独立行政法人等が運用している資金が合計で約200兆円の規模に達しています。


4月中旬までにポジションをゼロにする予定でしたが

再度作戦を全面的に見直して勝負に出る覚悟です。


いつの時代も異常に安いところは

「ピンチこそチャンス」でここからの下値は丹念にコツコツ拾うことで

最後には、結果として勝者として生き残ることができることを信じております。

今まで打診買いと小ロットの分散買いでしたが

来週の相場いかんでは、自身をもって本格的に買うことにします。

「真剣勝負の立会い」を覚悟して勝負に出る準備を整えます。



今後の対処は、再度の突込みに備え来週の突込みで買い。

下値目安は、14214.60円近辺

最悪時 13995.86円~14214.60円

今まで小ロット買いに徹していましたが、ここからの下げは

本腰を入れて買っていこうと思います。

昨年8月相場をイメージして下値を丹念に拾う方針です。

当面の上値メドは、3/7高値15312.60円に修正します。


買い予定水準 13995.86円~14214.60円

今後の上値水準 15000円~15300円





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、3/17(月)明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

今日の下げに塩漬け額も更に増えてしまい為すべもありませんでした。春先に日経が天井をつけたら大部分損切りで株を辞めようかとも考えていました。
安部政権の成長戦略に効果があまり感じられないから日本株の主体である外人が撤退や様子見しており買う人がいないこと、消費税で景気が冷え込むことから日経は1万円位に逆戻りしそうだという記事もよくみかけます。このままずるずる下げ続ける可能性はあるのでしょうか?
今日の下げで質問も殺到してるかと思いますが良ければお考ええを聞かせてください。お願いします。

狙うべきセクタは?

いつもお世話になっております。

消費税以降の相場が心配だったので利益確定をして休んでいたのですが、思わぬチャンスがやってきたので、本日より参戦することにしました。

ただ、好業績で割安でも異常なくらい売られたり、相場全体が上昇してもリバウンドが弱かったりで、狙う銘柄が外れるとタイミングが良くても儲けられなくて悩ましいです。

トヨタなど自動車銘柄がどうにも弱く、ましてや二番手三番手銘柄には順番が回ってこない気がしますし、一方でメガバンクも元気がなく・・・と、狙いが定まらず悩んでいます。

現状ではどのようなセクタを狙うのが良いでしょうか?
よろしくお願いします。

いよいよ買い出動!

工藤様
いつもブログの更新楽しみしております。


工藤様もいよいよ本格参戦との事で、私も今回MSQ安全策で、前回の2月4日の玉は、1銘柄のダイハツ工業を残し手仕舞い致しました。ダイハツ工業も雲を抜けた所の下落残念です。インカム狙いも有るのでもう少し持ちたいと思います。1月も同様の下げに見舞われたと記憶します。4月中頃にはもう一度抜けてくれると思っておりますが、如何でしょうか?
さて、本日の下落15日2時現在NY市場もしつかりしており、日本市場のみ外人さんの標的にされておりますね。CMEも一時14050円まで売られましたが何とか戻して来ました。
ここまで日本市場が売られる原因は?あれだけ株価を気にする首相が経済に無関心?便りなるのは、黒田さんだけでしょうか?
今年は4月の消費増税。また5月は昨年の嫌な1日の思い出。不安要素が多い為個人投資家が長く持てません。今回の下げある程度のその辺を折込んでいるでるとも考えてしまいます。

長くなりましたが今回の買場私は勝手な予想ですが、FOMC19日27時発表また、20日までの金融機関売り、2月4日からの日柄33日目などから多少の誤差ありで17日から20日と素人予想ですが考えます。今年は節分底・彼岸底。先生の御見解お聞かせ頂ければ幸いです。

毎日ブログの更新をして頂ける事に感謝致します。

いろいろな考えがあるなと勉強させていただいています
14000円を底と見るのか どうなのか??
自分は今回のアメリカの2社の暴落は かなり影響するのではと思います
最悪住宅関連崩壊に向かう可能性もあります
日本だけでみれば 企業の業績もいいし 下がる要素はありませんが 日本市場の弱いのは 常にダウに引っ張られていることだと思うのです
結局米市場が 回復しなければ 日本市場も回復は見込めない
自分は二番底は12000円近辺と考えます

三井物産(8031)、丸紅(8002)

いつもお世話になっております。
今回の暴落で三井物産、丸紅といった商社の戻りを狙う手について、ご見解をお願いいたします。2月4日の暴落後も他の商社もそうですが、この2銘柄の戻しは良かったです。ちなみに、商社はこの下落局面で一番強かったと思います。しかし、2番底になっていないし他業種に比べ下げきっていないという考え方もあります。もし、買いでしたら、買うタイミング等をご指導いただけたら幸いです。

いつもほんとうにありがとうございます高配当狙いの愚を参考にして権利最終日に高値で売りたいと思い8604野村証券687円6506安川電機を1388円8132シナネンを418円3289東急不動産を766円で買いましたが大きくマイナスとなり権利最終日に売ってしまわないと配当以上に下がるでしょうからどうしたらいいかとなやんでいます

双葉電子

いつもお世話になります。
6986双葉電子 現時点においても 1800円以上で変わりないでしょうか?

先生に再度相談なのですが。あまりにも下げがひどいので見切りも考えています。いかがなものでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

銀行・証券株

三菱UFJ銀行と野村証券が異常なほど下げていますが、下値めどはどのくらいとお考えでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/423-82b01a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1186)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR