2017-08

明日も買いスタンバイ

3月19日15:50


前引け

日経平均株価

14495.73(9:00)

14514.95(9:23)

14345.16(11:13)

14345.95(11:36)

前日比▼56.32 -0.4%

前引け
TOPIX

1172.39(9:00)

1172.90(9:23)

1160.53(11:21)

1161.30(11:30)

前日比▼4.64 -0.4%



大引け

日経平均株価

14495.73(9:00)

14663.54(14:05)

14302.37(12:48)

14462.52(15:28)

前日比△51.25 +0.4%


TOPIX

1172.39(9:00)

1180.88(14:04)

1157.16(12:51)

1164.33(15:00)

前日比▼1.61 -0.1%



日経平均株価は後場急速に上げ幅を拡大

14:00からの黒田日銀総裁の講演への期待感と思惑から

買戻しが入り始めました。

その後黒田総裁のコメントにみあたらしいものがないことが確認されると

上げ幅を急速に縮小

14663.54(14:05)△252.27

14462.52(15:28)前日比△51.25 +0.4%

TOPIXはマイナス圏で引けました。

1164.33(15:00)前日比▼1.61 -0.1%

売り方のヘッジファンドも日銀の金融緩和には神経質になっています。

こうしたことで日本株への売り攻勢にも限界が見えています。




直近の日本市場はかつてないヘッジファンドによる貸し株を使っての空売りが

未だに続いています。

3月期末が近づいています。

機関投資家は3月期末で売っていますがそれもあとわずかです。

市場全体の空売り比率が未だに異常値が続き

3/17 36.1% (史上最高値)を記録しました。

しかし、ヘッジファンドの日本株の空売りにも限界があります。

何かのきっかけがほしいところですが、地合いが好転すれば

一気に空売りの買戻しが入り相場は一変するものと思われます。


市場全体の空売り比率

3/18 34.6% (異常値)
3/17 36.1% (史上最高値)

3/14 30.3%(30.0%越え4日目)
3/13 30.8%
3/12 31.7%
3/11 30.6%
3/10 29.5%

3/7 29.7%
3/6 30.2%
3/5 28.7%(空売りのピークアウト)
3/4 32.3%
3/3 33.4%

2/28 32.4%
2/27 32.0%
2/26 30.9%
2/25 30.1%
2/24 33.8%

2/21 32.7%
2/20 34.6%(異常値)
2/19 30.0%
2/18 31.5%
2/17 33.6%

2/14 34.9%(異常値)
2/13 34.0%
2/12 32.4%
2/10 33.6%

2/7 32.9%
2/6 33.2%
2/5 34.1%
2/4 32.4%
2/3 34.4%(異常値)

1/31 32.2%
1/30 32.1%
1/29 32.7%
1/28 32.4%
1/27 31.6%

1/24 30.5%
1/23 30.3%
1/22 31.3% 売られすぎの30.0%を超えてきました
1/21 28.8%
1/20 29.9%


昨日、ブログ更新を早めて1部上場時価総額1000億円以上の銘柄546銘柄全てを

検証しました。

多くのコア銘柄が異常な売り攻勢に大きく下げています。

反面、いち早く底を付け上昇に転じている銘柄も多くみられました。

546銘柄中 厳選14銘柄を買おうと思っています。

もう1度大きく下がった時に買うつもりですが

3/17安値14203.21円が2番底の可能性もあります。


昨年8月相場は、底練りを繰り返しながら13,000円を割りそうで割らずに

結果として9/27高値14817.50円まで切り返しました。

直近に当てはめると2/5安値13995.86円を割りそうで割らないのと同じです。

明日も買いスタンバイしたまま、大きく下がれば14銘柄を買う予定です。

明日は今週の最終売買日で、3連休を控え何かあるかもしれません。





コメント

現在の目標
工藤先生
毎日ブログの更新とても楽しみにしています。

さて、前回も質問させていただき、それに答えていただきました。

その後、相場も波乱がありながら進んできています。

勉強不足で、なかなか売りの目標を決めることができません。

工藤先生のお見立てをうかがえると嬉しいです。

7296 FCC(1874円で購入)

7262 ダイハツ(1524円で購入)

よろしくお願いします。
| 2014-03-19 06:27 | パイド |

コメントありがとうございます。

両銘柄とも底は入っています。

少しずつ買戻しが入っています。

あとはどこまで戻るかどうかです。

全体相場がヘッジファンドによる異常な空売り攻勢で底打ち感がなく

地合い好転を待つばかりです。

現在のこの異常なヘッジファンドによる空売り攻勢は永久に続くわけではありません。

個々の銘柄では底入れからジリ高に転じているものも見受けられます。

もう少し上昇してから再度コメントをください。

その時の勢いを見てから目標値を設定いたします。




日立製作所
毎日のブログ更新お疲れ様です。いつも参考にさせて頂いております。

私事ではありますが、801円購入の日立製作所を保有しております。

本日、当面の下値と見ていた749円を大きく割り込み

底値模索の展開となっており、対応を思案しております。

1.底値を確認してから2番底を狙いナンピンする。

2.昨年の上昇からひと相場終わったとみなし、早々に損切りする。

1で行くつもりですが、工藤先生のお見立てをお聞かせ頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。
| 2014-03-19 12:11 | とみー |

コメントありがとうございます。

本日11:13 719円の安値を付けましたがこの下ヒゲで

719円まで下がりました。

常識では考えられない値動きで、現在の相場を象徴しているようです。

全体相場が今一つはっきりせず底入れ感がありません。

再度719円の安値は分かりませんが、大幅安に備えて

低めに指値を入れてみてはいかがですか。

780円前後までの戻りは十分可能と思います。

この悪地合いが解消されれば830円どころも視野に入ってきます。

現在のこの異常なヘッジファンドによる空売り攻勢は永久に続くわけではありません。

今売ることは得策ではありません。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

いつもほんとうにありがとうございます市場全体の空売り比率はどこでみられますか?

東京証券取引所-マーケット情報-統計資料-空売り集計-空売り集計(日次)
http://www.tse.or.jp/market/data/karauri/index-market.html
だと思います。

石油資源開発

工藤 様
いつも大変お世話になっております。
1662石油資源開発を3/5に3700円で買い付けました。この地合いの悪さで下落していますが、少し買う時期が早かったようです。
地合い好転を期待し、しばらく保持します。

信用買残の影響は

工藤さま

連日空売り比率が高くなっていますが
3/14時点での信用買残が50億株とだいぶ多いように思われます。
空売りしたものは買い戻さなければいけないのは理屈ではわかっていますが
個人と機関では常に個人が負けるように思われます。
この需給関係をどう見ますか?

名村造船

 前略 失礼します工藤先生大変失礼ながら、名村造船の底値はいくらくらいでみればいいのでしょう。昨日好材料が出て上げましが今日は一転して大幅下落です。
仕手株なのですが業績も悪くないので連日の下落に次ぐ下落で840円位が適正かとおもいましたが。。本日は大幅下げで株価の難しさを痛感しています。買い価格の目途及び相場が生きているのか。。。教えていただければ僥倖です。お願いいたします。

外人売り

いつもブログ楽しみに読んでいます、4月以降外人売りがつずきますか。また彼岸底になりそうですか。

トヨタのリコール・制裁金と空売り

いつも丁寧な御返事をいただき、ありがとうございます。
先生が先日おっしゃったトヨタの問題とは、リコール問題(NY検事局と起訴猶予契約、制裁金12億ドルを引当金として計上)の報道のことだったのでしょうか。
世界1000万台生産に注力するためと言われますが、これで悪材料出尽くしになるでしょうか。
トヨタの株価はついに5500円割れで2月4日以来の安値、グループ企業のダイハツや日野自動車も冴えない動きです。
また、2200円の壁を上抜けブレイクアウトした(と思われた)コマツも10日続落、UBSの格付け・見通しのせいもありまが、やはり二番底を窺う流れです。
なにより日本株全体が円安に反応していません。空売りの買い戻しも、いつになるのやら……。
いや、愚痴っぽくてすみません。工藤先生も、こういうのは珍しいとのことですが、お見立てを拝読できれば有り難く思います。

工藤様、こんにちは。
お身体の具合はいかがでしょうか?

本日ザラ場で先物と日経平均の乖離が100近くなっていました。
これは、そうまでしないと下げられなくなってきているという事なのでしょうか?
工藤様の見解をお聞かせ頂ければ幸いです。

対内証券投資

ブログ主様

財務省より本日発表されたタイトルの統計で、凄い数字が出ています。
これでは株は上がりません。
一方で信用買い残の枚数vs最近の出来高を考えると、一度総投げでも来ない限り、上にはいかないのではないでしょうか?

ちなみに今は、ロングは必ずペアトレード(同業種のショート)を絡ませて、少しずつ買い下がってますが、今日これを見てロングのウェートを随分減らしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/426-0ed2baf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1189)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR