2017-10

本決算発表前

4月22日20:40


大引け

日経平均株価

14586.29(9:00)

14604.30(9:18)

14388.77(15:00)

14388.77(15:00)

前日比▼123.61 -0.9%


TOPIX

1175.53(9:00)

1177.95(9:19)

1162.50(15:00)

1162.50(15:00)

前日比▼8.90 -0.8%


値上がり銘柄数 286


値下がり銘柄数 1397


新高値銘柄数 27 


新安値銘柄数 15


騰落レシオ25D 98.9


日経平均25D乖離率 -0.80


TOPIX25D乖離率 -0.83



日経平均株価は2日続落で引けました。

朝方は休場明けのNY市場上昇の流れから堅調に始まりました。

寄付き 14586.29(9:00)△73.91円

寄り後に高値を付けた後、次第に上値が重くなってきました。

高値 14604.30(9:18)△91.92円

大引けにかけて先物主導の売りに押されて安値引けで取引を終了しました。

大引け 14388.77(15:00)前日比▼123.61 -0.9%




難しい相場が続きます。

情けないことに、ヘッジファンド次第で上にも下にも大きく振れる

いびつな市場と化した日本市場

1流銘柄でも中長期で保有すること自体難しくなっています。

一例をあげますと、私の好きな銘柄8015豊田通商の日足チャートをご覧ください。

アベノミクス相場で業績も好調で2013/5/22高値3175円まで買われました。

大暴落後の安値2013/6/13 2320円

戻り高値2013/7/25 3010円

その後の安値2013/8/28 2230円

それ以降は型にはまったようなボックス圏での株価形成になっています。

2600円~2700円で買った場合は中長期で保有しても全く儲からず

2400円前後と、それ以下を買えばすぐに200円程度利が乗ります。

再び2800円以上を狙うと、売りそこないになり再度下値を試す展開になり

短期一波動逃して振出からのスタートです。

要するに簡単なことで、海外投資家が買えば上がり、

高いところでは、貸し株を使って空売りが入りまた下値を試し

売られすぎればまた再び買いなおされる、その繰り返しです。

数年前までの投資手法 1年に1~2度の底値買いで数か月保有し

高値で過熱した所を売り抜ける単純かつ、ローリスクハイリターンな投資が

困難な状況です。

高値で過熱圏になるどころかその前に下がってしまいます。

海外ファンドの先回りをして底値で買って少し上がったらすかさず売る

そんな「急ぎ働き」をしないとなかなか儲かりません。

海外短期筋の受け皿がいないので仕方ないといえば仕方ないのですが

株式投資の醍醐味がなくなり、薄利多売になってきました。

これが時代の流れと思えば仕方ないことですが

日本人による日本人のための日本市場は消滅し

日本の領土(市場)を勝手に荒らされて観ているだけとは

全くむなしさだけが残ります。

愚痴をこぼしても仕方なく、本日も「急ぎ働き」をしました。

1881NIPPO 4/22 1502円売り

4217日立化成 4/22 1452円売り

8253クレディセゾン 4/22 2322円売り


現在買いポジション

小ロットの打診買い(その後買い増し、ナンピンせず)
7262ダイハツ 買いコスト1692.5円(1/28 1/29)明日の値動きで判断
5110住友ゴム 買いコスト1354円(2/7)明日の値動きで判断
1662石油資源開発 買いコスト3720円(2/7)明日の値動きで判断
7296FCC 買いコスト2008円 (1/28 1/29)慌てずに持続して様子を見ます
8015豊田通商 買いコスト2313円(2/7)売却済み4/18寄付き2660円売り
4205日本ゼオン 買いコスト930円(2/7)売り目標985円


本格的に買い出動(3/24~3/27)
1881NIPPO 買いコスト1343円 売却済み4/22 1502円売り
4217日立化成 買いコスト1352円 売却済み4/22 1452円売り
6301コマツ 買いコスト2018円 売り目標2220円~2250円
6995東海理化 買いコスト1680円 明日の値動きで判断
7011三菱重工 買いコスト540円 売り目標600円~620円
7242KYB 買いコスト415円 売り目標440円~450円
8253クレディセゾン 買いコスト1960円 売却済み 4/22 2322円売り
8306三菱UFJFG 買いコスト 524.7円 売り目標580円~585円
8411みずほFG 買いコスト 199円 売り目標210円~212円
8604野村HD 買いコスト 630円 売り目標670円


新興市場銘柄(買い増し、ナンピンはせずロスカット設定10%)
6092エンバイオHD 買いコスト1290円 売却済み4/21売り1475円


明日も売り場探しです。

腹6分目で十分です。


◎ご参考まで

以前コメントを下さった方が(4/15)下記銘柄の空売りのタイミングは?

との内容でしたが

私はまだ早いとの御答えを差し上げたのですが、タイミングが近づいてきました。


5541大平洋金属 本日「空売りサイン」出ました

(私は売買しません)

4/15終値 442円 その後高値4/22 497円

493 497 465 466 ▼25円「空売りサイン」

この場合明日の寄り付で新規売り ロスカット10%です。

7513コジマ 本日現在「空売りサイン」まだ出ていません

8085チヨダ 本日現在「空売りサイン」まだ出ていません

(初心者の方は空売りはハイリスクハイリターンですからご注意ください)




コメント

野村HD
3月中旬に野村HDを660円で買いました。

4月頭の売り場を逃し、現在に至ります。

工藤先生も保有されている様ですが、25日迄に売却予定との事。

25日迄に買い値660円に戻らなかった場合でも、

いったん損切りした方がよろしいでしょうか?

それとも、ある程度長いスパンで考えた方がよろしいでしょうか?
| 2014-04-21 17:03 | 迷い人 |

コメントありがとうございます。

私も同様に4/3高値680円では売らず、

実のところもう少し上を目指していました。

志が高すぎたせいか、底割れしてきました。

野村HD 611円 ▼11円

大和証券 788円 ▼24円

海外投資家が売っているのと、年金代行返上売りが出ているためと思われます。

微妙なところです。

今安くて、GWを迎えるとさらに売りたたかれる可能性もあります。

通常の考え方でしたらそろそろ底値付近で買っても良い水準ですが

買いの受け皿なしで売りたたかれる可能性もありいびつな相場です。

私は、仮にここから下がってもロスカットしません。

証券金融株は持続して他の銘柄を売り切り

次の底値で今の2倍買って、帳尻を合わせます。

海外投資家に踊らされるほどばかばかしいことはなく

投げないで、最終的には勝てるよう策を講じます。

もちろん戻りがあればそこで欲をかかず売り抜けますが。

底値で踊らされるのはばかばかしいので、底割れ覚悟です。





テルモ (4543)
毎日の更新本当に有難うございます。勉強になります。

現在テルモを保有しております。

現在は底値圏であると思うのですが、

30日を目処に手仕舞いするのがよいでしょうか。

FCCみたく長期保有を視野にいれるのがよいでしょうか。

工藤様のお考えを教えていただけると幸いです。
| 2014-04-21 22:21 | S |

コメントありがとうございます。

私の判断が正しいかは、ヘッジファンド次第です。

私の場合はヘッジファンドの先回りし仮に、

TPP合意=円安、日本株高 日銀金融緩和=円安、日本株高

の場合は儲けそこないで良しと考えています。

腹いっぱい儲けられなくても腹6分目で十分です。

常識では、底値付近のテルモを今投げる必要はないと思いますが

これもヘッジファンド次第になります。

しかし、もう少し長いスパンで考えれば慌てて売るところではなく

踊らされるのはばかばかしいと思います。

あとは S 様の買値次第です。

またしばらくしたら買値を記載してコメントをください。

私でよろしかったらいつでもお答えいたします。

外国人投資家に踊らされないことです。





エンバイオ
いつも大変お世話になっております。

エンバイオについてお聞きしたいのですが。

買った理由と売った理由をもししゃべれる範囲でよいのですが

教えて頂けないでしょうか?

突然の出来事で素人の私には理解もできず。

勉強になればと質問させていただきました。

これからもよろしくお願いいたします。
| 2014-04-22 09:31 | ぐっすみん |

コメントありがとうございます。

「株式投資勝利の法則」も新時代に見合った投資手法に改良しています。

次に来る大暴落で、数倍に大化けしそうな成長株投資を始めるにあたって

錆びついた腕を磨くために少し始めただけです。

この値段で買えれば儲かる水準を待ち伏せしたまでです。

他の1流株と違ってハイリスクハイリターンですから

ロスカット10%設定です。

売った理由も単純でこれ以上上がる見込みが少ないと判断したためです。

新興市場銘柄を高値で買い続けると財産をなくします。

絶対に中途半端な値段では買わないことが大切です。

くれぐれもご注意ください。




愛知製鋼
いつもブログを楽しみに見ておりありがとうございます。

愛知製鋼を449円で保有しておりますが今後どう対処していったら良いでしょうか?
| 2014-04-22 13:18 | H |

コメントありがとうございます。

同社はトヨタ系特殊鋼大手で自動車株に連動します。

トヨタを始めとする自動車株が上がらないと単独で上がることは考えにくく

今の為替水準では厳しいのが現状です。

3/24安値 381円 4/14安値 383円でほぼ底に達した感がありますが

もうしばらく底練りの展開が続きそうです。

ナンピン、買い増しはなさらず420円~430円の戻りで見切るか

もう少し中長期で440円以上を待つかどうかです。

相場に100%はありませんが

今年は自動車株は本命ではありませんので、戻りの局面で

処分なさった方が良いのではないでしょうか。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

金融株について

5月の金融株の動向は工藤先生はどう思われますか。

アイフルのケース

いつも愛読させて頂いております。
8515アイフルに関して質問させてください。

21日自民党が消費者金融の金利を以前の29%まで引き上げ容認というニュースで「その他金融」ジャンルが一斉に上げました。
昨年から480円で持ち続けていたアイフルが朝ストップ高の391円になりました私の買値にあと90円と期待していましたが、直にじりじり下げ開始、今日も下げて先週と同じ値段帯に戻ってしまいました。

お聞きしたいのは、朝一で3か月前の株価に戻ったとしたら買値までは行かないけど思い切って損切が正解だったのでしょうか。300円台の株価でしたからストップまで80円というのが微妙な上げ幅で思いきれなかったことを反省しております。

ファンダメンタルズ

決算シーズンになりましたが、ややネガティブ感のある結果が出始めました。直近の日銀短観を見ても、特に外資は日本株を積極的に買える状況ではないのでは、と考えてます。株式は既に来期EPSを見据え始めてますから、下手すると1「月が天井だった。」となりかねませんね。
その証拠に、出来高、売買代金ともに、かなり減少してます。これでは戻り売りもこなせませんし、売り方の買い戻しも期待薄。むしろ買い方の需給で勝手に崩れていきそうです。
その需給面でも12月1月に相場があった(高値)の銘柄でかつ信用買い残の多い銘柄(例えばメガバンク)期日向かいまでは駄目でしょう。
もし、それでも買いで入るならの4063信越化学の様に、12月1月に相場が無く、一旦整理の付いた銘柄で勝負するしかないのでは、と考えてます。

住友金属鉱山

受講生の者です。初めて投稿させて頂きます。5713 住友金属鉱山の空売りの件で質問があります。本日年初来高値を付けましたが、まだ仕掛けるのは早いでしょうか?もう少し崩れるのを待った方がよろしいのでしょうか?タイミングが上手く掴めません。よろしければアドバイスを頂けないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/450-417f54c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1231)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR