2017-06

勝てる時だけ売買をする

8月7日(木)20:00


大引け

日経平均株価

15138.72(9:00)

15243.06(14:29)

15061.99(13:25)

15232.37(15:28)

前日比△72.58 +0.48%


TOPIX

1251.66(9:00)

1258.12(15:00)

1242.63(13:25)

1258.12(15:00)

前日比△6.83 +0.55


値上がり銘柄数 1213


値下がり銘柄数 488


新高値銘柄数 37


新安値銘柄数 37


騰落レシオ25D 82.9


日経平均25D乖離率 -0.92


TOPIX25D乖離率 -1.21




日経平均株価は6日ぶりの反発

朝方は為替が円高方向に振れていることで売り先行で始まりました。

寄付き 15138.72(9:00)▼21.07

その後も上値は重く売り優勢の展開が続きました。

安値 15061.99(13:25)▼97.80

14:00過ぎにロイター通信ニュースで、JPIFが日本株組み入れ比率

20%超に との報道が出ると先物買いが入り急速にプラス圏に浮上

高値 15243.06(14:29)△83.27

15200円台に乗せて6日ぶりに反発して引けました。

大引け 15232.37(15:28)前日比△72.58 +0.48%


相場の雲行きが怪しくなると今まで大きく問題視しなかった

地政学リスクが投資家心理を冷やす材料になってきます。

現在の相場の重石になっているポイントは4点あります。

1 NY株ヨーロッパ株の高値警戒感

2 地政学リスク

3 米国利上げ前倒し観測

4 ヨーロッパ景気減速懸念


日経平均株価 7/31高値15759.66円

TOPIX 7/31高値1300.53

NYダウ 7/17高値17151.56

ドイツDAX指数 7/3高値10029.43

高値警戒感から調整局面入りですが

マーケットは気にしだすと一気に弱気になるものです。

調整局面を覚悟しなければいけないところに差し掛かっているようです。

現水準はいまだ中途半端な水準ですので

一切の売買は手控え次なるチャンスを待つのみです。

小さな波動に惑わされず、底値を待ち、見極めていきます。

私は、株式投資は「真剣勝負の果たし合い」と考え、実践しています。

勝つか負けるか、生きるか死ぬかの覚悟で売買をしていますので

現在のような難しい局面では一切売買を行っておりません。

以前から申し上げておりますとおり

長期運用の塩漬け銘柄2銘柄以外は

7月中に買いポジションをゼロにしております。







工藤様
お世話になっております。

現在、ポジションが現金9:現物1の割合です。
現物の株は高値掴みした
8411 みずほ 1000株 単価222
8411 みずほ 1800株 単価227
7751 キャノン100株  単価3774
保有のほかに、
9477KADOKAWA  100株 単価3001があります。

キャノンとみずほは高値掴みした戒めとして、
損切りせずにおりますが、
9477KADOKAWAに関しては、
先日どなたかのコメントを拝見しましたところ、
手仕舞いしたほうがよいと記憶しております。
例えば、来年3月ぐらいまで保有ならそのままがいいとか、買値に近くなった
付近で売ったほうがよいのか、アドバイスいただけたらと思います。

また、相場が崩れて「バーゲンセール」となった際に、現金:株の
比率、どこまで株のウエイトをあげてよいかお考えをお願いいたします。
よろしくお願いいたします。 
| 2014-08-06 17:04 | さくら |

コメントありがとうございます。
9477KADOKAWAは本日8/7安値2701円があり
底値近辺に到達しました。
今後は、「需給がすべてに優先する」の格言通り
売り込んでいる海外ファンドの売り玉がいつ枯渇するかということにつきます。
買値が3001円ですから一切ナンピンをせずに持続で
戻り売りでよろしいと思います。

今後のバーゲンセールでの買いの件は、
資金量、資金の内容(老後の資金、教育資金などは確保しなくてはいけません)
によっても様々ですが
ひとまず30%を目安になさってはいかがですか。




空売りチャンスが買いチャンスに?
こないだまで調子良かった日経なのに、
ましてや空売りチャンスが来るかと待ち構えてたはずが・・・
こんどはこれだけ下げると買いチャンス待ちにかわるのでしょうか?
実はまだ保有したままの株があり、
急を要して全て損切りしなくてはいけない状況でしょうか?
| 2014-08-07 14:12 | riru |

コメントありがとうございます。
現段階ではわかりません。
今いえることは、私が買うとしたらもっと大きく下がらなければ
買わないということです。
現在の下げは中途半端でこの程度の波動は手出し無用です。
相場に勝つにはメリハリが最も重要です。

買って、売って、休む。

暴落で安くなったら底値で買って

数か月後に皆が安心して買っている高値では
欲を捨て、腹8分目ですべて売り切りポジションをゼロにする。
(長期投資銘柄は持続)

「休むも相場」「動かざること山の如く」

次のチャンスをじっと待つ

私は、「バカの一つ覚えの単純な投資」以外は一切やりません。

現在のような状況が的確に判断できないからです。

昔から株式投資は生き物と言われ

プロと言われる方々でさえ明日の動きの判断が難しく

一寸先は闇です。

ですから分る時だけ(儲かる時だけ)買います。

分る時だけ、空売りします。

買って、売って、休む。

相場に勝つにはメリハリが最も重要です。

私は、株式投資は「真剣勝負の果たし合い」と考え、実践しています。

勝つか負けるか、生きるか死ぬかの覚悟で売買をしていますので

現在のような難しい局面では一切売買を行っておりません。

銘柄によっては底値圏にあるものもありますので

今から投げても難しいと思います。

次回からは、買う根拠のない時に買う根拠のない銘柄には

もっと慎重にされることをお勧めします。





前からマークしていた 2138クルーズが年初来安値を突破しました。
週足、月足を見ると 3000円が節なのかなと思いますが、出来高も増えてきて
参戦しようかなと思いますが如何なものでしょう?
よろしくお願いします。
| 2014-08-07 18:20 | rokuzan |

コメントありがとうございます。
私も監視しておりますが、値動きの激しい新興銘柄は
「値惚れ買い」は厳禁です。

おそらく3000円水準があれば底値付近でしょうが
世界情勢、欧米主要株価、全体相場も考慮して総合判断しないと
落とし穴にはまる可能性があります。

しかし、小ロットでの割り切った投資でしたら面白いと思います。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

下落の恐怖

今日みたいな下げは本当に怖いですね。
でも5月からの上昇に乗れなかった人はこういう日を待っていたのではないでしょうか?
なにより7月中にポジションを0にされてた工藤様は神業としか思えない投資スタイル。
買いチャンスがまた来るのでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/523-d702dd07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1153)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR