2017-06

材料不足の2極化相場

8月12日(火)20:00


大引け

日経平均株価

15164.78(9:00)

15235.98(10:06)

15125.93(13:25)

15161.31(15:00)

前日比△30.79 +0.20%


TOPIX

1256.25(9:00)

1262.50(10:06)

1255.52(13:25)

1257.69(15:00)

前日比△5.18 +0.41%


値上がり銘柄数 1017


値下がり銘柄数 662


新高値銘柄数 96


新安値銘柄数 7


騰落レシオ25D 84.4


日経平均25D乖離率 -1.10


TOPIX25D乖離率 -0.92



日経平均株価は小幅高で2日続伸して引けました。


前日の米国株高、為替の円安方向で買い優勢で始まり

寄付き 15164.78(9:00)△3.47

8/7(木)の高値水準まで買われました。

高値 15235.98(10:06)△74.67

その後利益確定に押されマイナス圏になりましたが

安値 15125.93(13:25)▼35.38

再び切り替えしてプラス圏に浮上、小幅高で2日続伸して引けました。

大引 15161.31(15:00)前日比△30.79 +0.20%



先週末に大きく売られ、昨日と本日の上昇で

先週8/7(木)の株価水準まで買われましたが

本日高値 15235.98(10:06)△74.67は、

先週8/7(木)高値15243.06円を目前に下押す展開になりました。

日経平均株価7/31高値15759.66円からの下げはひとまず落ち着いたものの

しばらくは全値戻しは難しく、先週末に大きく動き出した

海外短期筋の動向が気になります。

目先すぐに大きく上昇することは考えにくく

このあたりの水準でしばらくもみ合うか

再度下押す展開になるか、判断が難しい局面です。


日経平均株価の水準よりも全体相場は弱含みになっています。

2極化と言っても良いでしょう。

強い銘柄はとことん買われ、弱い銘柄はとことん売られる。

まさに弱肉強食そのものです。


8/12大引け時点

一部上場

25日移動平均乖離率プラス銘柄数 661銘柄

25日移動平均乖離率プラス10%以上銘柄数 57銘柄

25日移動平均乖離率マイナス銘柄数 1156銘柄

25日移動平均乖離率マイナス10%以上銘柄数 45銘柄


時価総額1000億円以上で大きく売られている銘柄

6961エンプラス

2678アスクル

6967新光電気

6754アンリツ

5413日新製鋼

9067セイノーHD

9449GMOインター

6383ダイフク

5214日本電気硝子

6740JDI

3436SUMCO

7974任天堂

5202日本板硝子

4527ロート製薬

4613関西ペイント

8905イオンモール

8870住友不動産販売

3003ヒューリック

9984ソフトバンク

6366千代田化工建設

売られるには売られる理由がありますが

底値に近付いているものも出てきました。

7月に長期投資目的以外はポジションをゼロにしましたが

この水準ではまだ買えません。

地政学リスクは、日経平均株価のように

8/8に再燃し、8/11に終息したわけではありません。

海外短期筋に振り回されては中途半端な水準で買わされ、売らされるだけです。

株式投資にはしっかりとメリハリをつけることが重要です。

中途半端な局面で中途半端な水準の株価を買っていては

勝ち続けることは難しくなります。

良い銘柄を底値で買うのにはもう少し時間が必要です。

買って、売って、休む。

バーゲンセールを待つのも勝つための勝利の法則です。






コメント

8日の暴落、今年に入って何度も経験していますが
経験しているのに何の対策もできていない自分に呆れています。
興味深いチャートを見つけました、
6787メイコー 過去10年チャートを見ても今日が出来高伴っての最安値、
もちろん安値になる決算だったのでしょうが、
現物株ホルダーは居ない訳で下げようがないチャートに見えますが
これでも下げることはあるのでしょうか?
| 2014-08-11 23:26 | rokuzan |

コメントありがとうございます。

6787メイコー8月8日発表の第1四半期決算
需要動向の変化による製品価格の下落や製品ミックスの悪化、
及び中国2工場の計画を大きく上回る
労務費のアップにより厳しい結果となりました。
以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は、
209億5千8百万円(前年同期比14.8%増)と
前年同期に比べ26億9千9百万円の増収となりました。
また、損益面は、営業損失が10億8千5百万円(前年同期は営業利益2億3千6百万円)
経常損失が16億8千9百万円(前年同期は経常利益10億7千7百万円)
四半期純損失が14億1千1百万円(前年同期は四半期純利益4億6千2百万円)となりました。

8/11 488 488 429 441 ▼57円 V1,099,600株
8/12 441 458 431 434 ▼7円  V570,700株

株価は悪材料を織り込み大きく下げています。
中国の労務費上昇は今後も高止まりして厳しい状況です。
株価は2003年以来の安値圏にありますが
四半期純損失が14億1千1百万円で先が読めません。
今が底値付近かもしれませんが、値ぼれ買いはリスクがあります。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/526-86a6ad3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1153)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR