2017-07

テーマ関連株物色待ち

3月11日15:50

大引け

日経平均株価

18604.87(9:00)

18836.93(14:04)

18583.52(9:02)

18723.52(15:00)

前日比△58.41 +0.31%

TOPIX

1515.52(9:00)

1531.71(14:04)

1515.52(9:00)

1525.67(15:00)

前日比△0.92 +0.06%

日経平均株価は3日ぶりの反発

ドル高が経済に悪影響と見る向きが、市場に広がり
前日のNYダウが今年最大の下げ幅になりました
その流れから売り先行で始まりました

寄付 18604.87(9:00)▼60.24

安値 18583.52(9:02)▼81.59

寄り付き直後、売り一巡後は次第に切り返す展開
メジャーSQに絡む先物買いが断続的に入り
上げ幅を拡大し18800円台まで戻す場面がありました

高値 18836.93(14:04)△171.82

大引けにかけて上げ幅を縮小しましたが

大引 18723.52(15:00)△58.41 +0.31%

日経平均株価は3日ぶりに反発して引けました


対ドルで再び円安が進んでいますが、輸出関連株よりも
内需関連株が買われています。
前日の米国株大幅安にもかかわらず、株式先物買いと
内需株中心に買いが先行し、マイナス圏からプラス圏に
浮上して引けました。

3/13(金)メジャーSQ前の海外投資家による
売買の攻防戦になっています。

海外短期筋は、1月末から株式先物を大幅に買い越していますが
長期運用の海外投資家の多くが、現物株を売り越しています。
買い方は、公的資金と海外短期筋の株式先物買い
売り方は、個人投資家と長期運用の海外投資家です。

ここからの問題はこの相場がいつまで続くかということです。
海外短期筋は、GPIFの買い越しを見越してここまで買ってきましたが
一説によると4月以降はGPIFの買い余力が低下してくるとの声もあり
詳細は定かではありませんが、今後の公的資金の買いが弱くなってきたときは
先物主導で売ってくることも頭の片隅に入れておかなくてはいけません。


3903gumi の赤字転落による大幅安で
「ゲーム関連」の下落で再度腰を折られましたが
そろそろ「バイオ関連」「ロボット関連」などの近未来のテーマ株の
出番がやってきてもおかしくありません。
相場が枯れきっているときに火が付けば燃え上がるものです。
個人投資家好みのテーマ株物色の日はそう遠くないと思います。




コメント

ご指導お願い致します

初めて、投稿いたします。
毎日、楽しく読ませていただいております。
2678アクスル一時1,800円まで下落しましたが、
貴殿のコメントを思い出し耐えていたところ
現在の価格まで上昇し、先日利確いたしました。
御礼申し上げます。
ご指導いただきたい銘柄が3件ございます。
3905データSEC 876円買い 
2461ファンコミ 1137円買い 
2461Vコマース571円買い 
下値を引き付けて購入したつもりが下がり続けています。 
今月下旬から市場が下げそうなので少ロットですが損切しようか迷っています。
先生のご見解はいかがでしょうか?
よろしくお願いいたします
| 2015-03-09 17:55 | メタボな父さん |

コメントありがとうございます。

3905データSEC 876円買いの件
上場直後に1730円の高値まで買われたものの
直近にかけて小口の投げ玉に押されてじり安になっています。
底値と思って買われたのだと思いますが
現在の相場では新興銘柄は完全に人気圏外になっています。
投げ玉が出つくさないと下げ止まりませんが
かなり良い水準まで下がっています。
現在の株主全てがマイナスになっている勘定です。
資金的余裕がありましたら、リバウンド待ちが妥当と思います。 

2461ファンコミ 1137円買いの件
ここまで売られるのも新興市場の需給悪からです。
10/31安値921円が下値メドになりますが
数か月投資で1200円~1300円くらいまでは戻る可能性大と思います。
リバウンド待ちが妥当と思います。
 
2491Vコマース571円買いの件
これも同様に需給悪のため異常に下がり続けています。
ここは我慢のしどころと思います。
リバウンド待ちが妥当と思います。 

3銘柄ともに底値付近の現状を投げるべきではないと思います。
「谷深ければ山高し」
売られすぎの反発を待つ「我慢賃金」も株式投資の利益の一部です。
現在の相場を見ますと、投げてはやられ、さらに投げてはやられるという
需給悪の時ですので、底値付近で買って底割れしたものは
じたばたせずに、リバウンド待ちが最善策と思います。





毎日のブログ配信楽しみにしています。
工藤様のおっしゃる通り、我慢賃金をして、
追加投資を控えています。
今まででしたら、投資してしまうところですが、
工藤様のことを知り、
次のチャンスのために投資ができるように、資金を温存します。
9678カナモト
7261マツダ
を監視していますが、工藤様ならば買い時は
株価いくらくらいをお考えでしょうか?
また、工藤様のおっしゃる調整局面の下げ幅を考えると、
空売りに妙味がある銘柄があるでしょうか?
その場合は大型銘柄が狙い目でしょうか?
ご意見伺えれば幸いです。
| 2015-03-10 22:03 | cwb |

コメントありがとうございます。
現在の状況では新規買いは様子を見た方が良いと思います。
今順張りで大型株を買っても、うまくいって尻尾をいただくくらいです。
リスクを取って、身を食べられず、尻尾を食べるくらいなら
様子を見た方が賢明と思います。

9678カナモト 、7261マツダ現時点では、投資妙味は少なく
中途半端な水準です。

次のチャンスを待つのも相場と思います。



OLC単元未満株について
昨日、初めてこちらを知り、
もっと早く知っていたらと後悔しています。
OLCの単元未満株を15株保有しています。
単元未満株のため、リアルタイムで発注できず、
高値の37000円で取得してしまい、直後に下落しました。
損を覚悟で今すぐ手放すべきか、
分割前までにまだ売るタイミングがありそうか、
ご指導いただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
| 2015-03-11 09:15 | 初心者 |

コメントありがとうございます。
昨日は大きく下がりましたが、しばらくは高値圏でもみ合うかもしれません。
ここまで来ると株価予測は困難になります。
値嵩株バブルになればここから上を試すことになりますし
理屈は通用しなくなります。

私の場合は、迷った時、分からなくなった時は「手仕舞う」ことにしています。
その際の儲けそこないは良いと思います。
株式投資の基本は、高くなったら売ること。
そして、良い銘柄を安く買うこと。
この繰り返しです。





3360シップヘルスケアHD

工藤先生 
毎日のご丁寧なご指導本当にありがとうございます。
受講生のすずめです。 
10月に仕込んだシップヘルスケアHD と
イオンモールをお陰さまで2月に利確することができました。
又新興銘柄も3銘柄を博利ですが
、念の為利確しておきました。
残りの新興銘柄は下げに下げていますが、
腹を据えて持ちこたえようと思います。
ところで、シップヘルスケアが、
前回の買値付近まで下げたので、
もう一度2594円にて購入しました。
調整前の購入で時期を間違ったと反省しておりましたが、
現在ぎりぎりでプラスの状態です。
これも、利のある時に一度手仕舞ったほうがいいでしょうか。 
| 2015-03-11 10:26 | すずめ |

コメントありがとうございます。
現在人気圏外ですが、ここまで叩き売られたため
底値は切り上がっています。
2013/12/2高値4400円(天井)
2014/10/28安値2444円(大底)
2014/12/17安値2561円(底値)
2015/2/16安値2530円(底値)

2594円買いは間違いではありません。
短期売り目標は
11/17高値2876円~2/2高値2984円水準です。
暫くは底値圏2500円水準 高値圏2850円~3000円水準と想定

2850円前後になったら利食い、2550円前後で再投資
慌てずに丁寧に売って、安くなったら買って、この繰り返しでよいと思います。
出来高を伴って上放れたら、中長期に切り替えても良く
その際は再度コメント下さい。
最善策を講じます。
 



工藤様
日々ブログを楽しみにしております。いつも勉強させていただいております。
お忙しいところ大変恐縮ですが、2銘柄についてご指導いただければ
幸いです。

3679じげん 640円

3689イグニス3900円
gumiのあおりをうけてなのか?続落しております。

上記銘柄は上げしろがあり、持続でよろしいでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
| 2015-03-11 12:42 | alice |

コメントありがとうございます。
新興銘柄全般的に昨年の安値水準
2014/5/20前後の水準を割り込んでいる銘柄が多く
最大の原因は、大きく下がったところを信用で買った投資家の
失望の投げにじり安になっています。

需給が最も悪い時に、わずかな売り玉で大きく下がることになって
それを見ている投資家が我慢できずに投げている状態です。

3679じげん 640円
かなりの投資家が1000円水準で買っています。
乱暴な表現になりますが、日々のザラバは見ないで
ほっぽっておけば、まずやられないでしょう。
「上げシロ」がありますので我慢賃金を
しっかりいただくくらいの気持ちでよいと思います。

3689イグニス3900円
昨年の夏に話題になった銘柄です。
誰もが7000円水準を目をつぶって安心して買っていました。
現水準は下げの最終局面と想定します。
目をつぶって安心して持続でよいと思います。
余程の悪材料が出ない限り勝てると思います。

両銘柄ともに「我慢賃金」を稼げると思います。




本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

よろしくお願いいたします。

1850南海辰村建設 買い値73円
数日前に買ったのですが先行き幾らくらいまでの上昇が期待できますでしょうか?

6444サンデンを買いたいのですが
今は買い時でしょうか?

GPIF

初めてコメントいたします。

昨年二月7267ホンダ、8316三井住友、他諸々を高値で掴み、何度か売り抜けるチャンスが有りましたが一年以上塩漬けの末、最近の上昇でなんとか薄利で手仕舞うことが出来ました。

GPIFの第三四半期の国内株式比率19.80%に第三四半期より直近のTOPIXの8%以上の上昇、連日のPKOでやはり買い付け余力はあまりないのでしょうか?

個別銘柄に懲りてパッシブ運用の比率を上げようかと思っていましたが難しい相場ですね。

毎日更新大変でしょうけど楽しみにしておりますので、これからも宜しくお願いします。

新興市場について

こんばんは、いつもお疲れ様です。

若輩者の私に教えてください。
工藤先生のご経験から、新興市場の好業績銘柄が素直に買われる相場にはどのような条件が必要でしょうか。

マザーズ指数は昨年から盛り上がりがありません。
年金、外国人等の大型資金が入ってこないからだと思っています。
新興市場や東証2部の小型銘柄を主に売買していますが、業績がよくても株価低迷、上げている銘柄は話題先行や空売りの踏み上げだったりで単発的な上昇のみという印象です。
大型株が調整に入れば新興がにぎわうかと思い関連性を2013年から調べてみましたがその傾向はとても弱いようです。

新興市場が継続して上昇する日は来ないのではと不安を薄々感じております。
つれ高せずつれ安する、新興市場とはそういうものよ、期待せず個別株で戦いなさい等々言ってくださればできる覚悟もあるというものです。
簡単にはお答えいただけないかもしれませんが、相場の歴史を知る方にお聞きしたく質問しました次第です。
どうぞよろしくお願いします。

このタイミングでK氏逮捕?

いつもお世話になっております。
ようやくテーマ株物色待ちに光が射した様に思ったのですがこのタイミング。
政府がらみで大型主力株へ誘導しているのでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ダウとの関連性

毎日ブログの更新を有難うございます。

以前、先生はNK高=NY高、ドル高
と説かれていましたが、ダウとの差が1000円以上となってきました。

これはゆくゆくはNKも追従するのでしょうか?
それとも関連性が薄れてきたのでしょうか?

官制相場の強さに驚きながら、コツコツと底値の銘柄を拾うのが正解なのかと
迷ったりしています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/669-d4555b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1171)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR