2017-11

先進国相場高

3月17日(火)20:30


大引け

日経平均株価

19425.89(9:00)

19479.89(13:52)

19373.39(9:18)

19437.00(15:28)

前日比△190.94 +0.99%

TOPIX

1570.10(9:00)

1575.31(13:53)

1565.21(9:18)

1570.50(15:00)

前日比△12.29 +0.79%


値上がり銘柄数 1024


値下がり銘柄数 679


新高値銘柄数 254


新安値銘柄数 3


騰落レシオ25D 134.3


日経平均25D乖離率 4.56


TOPIX25D乖離率 4.03


日経平均株価は大幅反発

前日の欧米株価上昇の流れから
買い先行で始まりました
寄付きの時点で2000年4月17日以来
15年ぶりに19400円台回復

寄付 19425.89(9:00)△179.83

安値 19373.39(9:18)△127.33

その後は高値圏で狭いレンジで推移

高値 19479.89(13:52)△233.83

大引 19437.00(15:28)△190.94 +0.99%

日経平均株価は大幅反発して19400円台に乗せて引けました


日経平均株価は節目の19500円に迫る勢いで値嵩株、大型株相場が続いています。
昨日の米国鉱工業生産指数、住宅建設業者信頼感指数が予想を下回ったため
早期利上げ観測が遠のいたとの思惑からNYダウが大幅反発したことや
ドイツDAX指数が連日の上昇で海外投資家の資金が先進国に向かっています。

日経平均株価もドイツDAX指数もかなりの水準まで上昇し
日本の値嵩株は
6954ファナック +17.23%乖離
6981村田製作所 +15.55%

時価総額5000億円以上230銘柄中
+10%以上乖離している銘柄が、19位の6861キーエンスまで
19銘柄あります。

日経平均25D乖離率 4.56
TOPIX25D乖離率 4.03
まださ程の過熱感はありませんが
2000年4月高値20833.21円までの上げシロも少なくなってきました。

3/20~4/9が警戒時期と想定しますが、これも海外短期筋の動向次第になります。



人生にとって最も大切な時

それは、「決断」を下す時です。

株式マーケットは、初心者の個人投資家も
巨大ファンドも同じ土俵で、ハンデなしで戦います。

昨年は巨大ファンドが運用の失敗で巨億の損出を抱えたほど
巨大ファンドといえども、「決断」一つで勝敗が決まります。

個人投資家であっても現代の「下剋上」の場で
腕に覚えがあれば、相手がだれであっても勝ち残ることは可能です。

株式投資勝利の法則の基本は、良い銘柄を底値付近で買い
上昇を待つのが基本ですが、昨年5月より資金の一部を
ハイリスクハイリターンの新興市場に投資することにしました。

長期運用で大きなリターンを目指す
名付けて「ゼロ戦銘柄」
2倍になったところで半分売って簿価ゼロを目指す投資

その他、小ロットで分散投資しハイリスクをヘッジしていますが
中には悪材料で暴落するものもあります。

その場合は、底を確認したうえでナンピンするか
儲かっている銘柄と合わせ切りするか
これも「決断」一つで明暗が分かれます。

私の場合は、高校1年(昭和49年 1974年)からこの世界で
様々な修羅場を乗り越えて生き残ってきましたので
何があってもじたばたしません。
株式投資に100%はありません。
ですから不測の事態があれば、あわてずに冷静に処理するだけです。
仮に10銘柄保有していた場合
1銘柄が倒産しても、他の銘柄でヘッジし生き残る道を見出し
次なる「決断」を下すまでです。

戦国時代は領地は「切り取り次第」で
取った分が所領になり、敗れた時は領地を減らし、時には失い
下手をすると首を取られてしまいます。

株式投資の世界もまさに現代版の「下剋上」の経済戦争の場であると
常に気を引き締めて臨んでおります。

「ゼロ戦銘柄」の3653モルフォが連日の上昇で3度目の高値トライの場面に来ています。
「ゼロ戦銘柄」は数年間「塩漬け」にする投資手法ですが
ケースバイケースで手仕舞うことも重要な選択肢です。

2014年

8/8安値2510円
立会日数12日後
8/26高値8710円
立会日数42日後
10/28安値3800円
立会日数19日後
11/26高値9170円
立会日数32日後
1/16安値4850円
立会日数41日後
3/17終値7590円△1000円S高 7590円買い 

ここまで来ると天井の予測は困難になります。
その場合は分散して売り上がりで、売った後の天井までの分は
儲けそこないで良しとします。

今後は需給次第でさらに大化けする可能性はありますが
領地の「切り取り次第」も寝首をかかれないよう
ほどほどが良いと思います。

株式投資の手法は様々ですが、
自分に合った「勝ちパターン」を身に着けることが最も重要です。
今回の大相場は買い方が公的資金と海外投資家で値嵩株、大型株相場に
なっていますが、このような相場の変革期には投資手法の改良も必要になってきます。

下剋上の場で生き残るために投資手法も臨機応変に改良しなければなりません。

「ゼロ戦銘柄」も時と場合によっては刷新し
時代に合ったものへ改善する「決断」をする時期と考えます。

今後はファンドが中長期で買ってくる銘柄にも小ロットの分散投資をしていきます。

基本はコア銘柄の底値買いですが相場がバブルの入り口に差し掛かってきていますので
様子を見ながら、警戒は怠らないようにします。

現金ポジションを少しずつ高めていき、時を見定めていきます。

3/20~4/9が警戒時期と想定しますが、先進国相場がバブル化すれば想定外になりますが。




コメント

銘柄のクセ

いつも更新ありがとうございます。
大変な労力をお掛けして感謝申し上げます。

さて、先生は個別銘柄の値動きのクセを
どれくらいの割合で見られておられますでしょうか。
もちろん地合いとの判断がございますでしょうが。
決して、アノマリー等のことではございません。

よろしければご教授願います。
| 2015-03-17 08:38 | 春よ来い |

コメントありがとうございます。
本日の記事に一例を掲載しました。
3653モルフォ
2014年
8/8安値2510円
立会日数12日後
8/26高値8710円
立会日数42日後
10/28安値3800円
立会日数19日後
11/26高値9170円
立会日数32日後
1/16安値4850円
立会日数41日後
3/17終値7590円△1000円S高 7590円買い

明日すべて売りということではなく3度目の正直
これも株価の癖です。

その他もたくさんの症例がありますが本が1冊くらいになってしまいますので
上記の検証でご勘弁ください。



いつもブログの更新ありがとうございます。
3月13日にコメントさせて頂きましたが、
時間に間に合わなかったようで、
お時間があるときにでもコメント頂けると嬉しいです。
宜しくお願いいたします。
********************************
9984ソフトバンク7,075円買値
日経平均が順調に推移している中で
ここしばらく置いてきぼりのような状態が続いております。
買値付近で手仕舞うべきか、
我慢賃としてもう少し継続して持ち続けるのか悩ましく思っています。

4571ナノキャリア 2,800円買値
4974タカラバイオ 2,520円買値
どちらも2013年のブームの際に
高値掴みをして損切りのタイミングを失い
全く美味しくない塩漬けになってしまいました。
今年のテーマの一つにバイオブームもありそうなのですが
どの程度の上げを想定すれば良いのか
見解をうかがえると幸いです。

ようやく陽光が少し暖かく感じられる日が続いてきました。
ごうぞお体ご自愛下さいませ。
| 2015-03-13 13:32 |ロコ |
| 2015-03-17 13:20 | ロコ |

コメントありがとうございます。

9984ソフトバンク7,075円買値の件
海外投資家の買いが入らずにさえない状況です。
現在はレンジ幅を狭くして
6700~6800円前後が下値圏
7400円~7500円前後が高値圏になっています。
レンジ上限に来たらいったん手仕舞うのも一策です。

4571ナノキャリア 2,800円買値の件
4974タカラバイオ 2,520円買値 の件
両銘柄ともに買値の半分になっています。
本日コメントの御答えで3Dマトリックスの件にも記載しましたが

バイオ、IPS、再生医療関連株は夢を買い上げ
時には夢に失望して下がり、その繰り返しです。

4565そーせいの月足チャートをご覧ください。
この場合と同じ動きになるかはわかりませんが

2004/4/7高値9,000円

2008/10安値91円

2009/9高値2,080円

2010/10安値650円

2013/5高値6,100円

2014/4安値1,854円

2014/9高値6,000円

3/17終値2,880円


バイオ、IPS、再生医療関連株相場はこれからもいくたびも来るでしょう。

夢を買い上げ、時には夢に失望して下がり、忘れたころに
また再び夢を機に来ます。
その繰り返しです。

2004/4/7高値9,000円

2008/10安値91円

2013/5高値6,100円

これがバイオ、IPS、再生医療関連株相場です。
次の相場は倒産しなければ再びやってくるでしょう。
永遠のテーマだからです。
トレンドが大きく変化した時にまたコメントをください。

その時に策を講じます。




売り時は?

いつもご指導を頂き感謝しております。
私にとりましては当ブログが「バイブル」的存在で
毎日チャートと照らし合わせ参考にしております。
お陰様で「待つこと」を覚えました。
どのサイトを見ても本を見ても
証券関係者のコメントを見ても銘柄の推奨ばかりで実なりません。
一人ひとりまた個々の銘柄に対しお体の調子が思わしくない中、
これだけの回答を頂けるサイトは類を見ません。
しかも無料で。
どれだけ閲覧者がたすけらていることでしょう。(私もそのひとりですが) 
相当のご負担をおかけしていることと推察しております。
どうかくれぐれもご自愛のほどお願いいたします。
ところで「売り時」はむつかしいですね。
質問銘柄へのご回答の「目標値」をチャートをみながら
「なるほど」と勉強しております。有難いです。
実は 3653モルフォを 5380円で保有しております。
16日・17日と上昇しております。
過去ストップ高銘柄を「欲」でいくつも失敗しております。
一応ザラバを見るこができますがどのような対応をしたらよいでしょうか?
何時ものお願いで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
| 2015-03-17 15:00 | かもねぎ |

コメントありがとうございます。
ここまで来るとあとは需給次第です。

本日の記事に詳細は記載しました通り

2014年
8/8安値2510円
立会日数12日後
8/26高値8710円
立会日数42日後
10/28安値3800円
立会日数19日後
11/26高値9170円
立会日数32日後
1/16安値4850円
立会日数41日後
3/17終値7590円△1000円S高 7590円買い 

ここまで来ると天井の予測は困難になります。
その場合は分散して売り上がりで、売った後の天井までの分は
儲けそこないで良しとします。

正に3度目の正直です。




昨日時間がなくお答えできませんでした77773Dマトリックスの件は
ご一緒にご返事いたします。

3DM

いつも、楽しみにしています。

3DMについてです。
前回の発表の際には、赤字幅が拡大していましたが、
連結業績予想は黒字のまま据え置いていたと思います。

しかし、結果として
蓋を開けてみると、悲惨な決算内容でした。
前回の発表では、酷い状況であったにも関わらず、
確信犯的にとして据え置いたのかと思うほどです。

ただ、株を持っているという事実は変わりません
このブログの読者にも、3DMを持っている方も多くいます。
この返事の頃には、株価が大変な渦中かもしれませんが、どう対処すべきでしょうか。
現物なので、持ち続けるは可能ですが、連日にかけ下げていった場合、株価
戻ってくるあるのだろうかと不安には思います。

こういったときの対処方法を、
今後の勉強のためにもおしえてください。
| 2015-03-15 22:24 | パイド |


7777スリー・ディー・マトリックス

毎日拝見して勉強しています。ありがとうございます。
今回は7777スリー・ディー・マトリックスについて
教えていただきたくコメントさせていただきました。
7777を1766円で100株持っています。
決算が悪く、ストップ安の状況ですが、
ナンピンしたほうがいいのか
売ってしまったほうがいいのか見当がつかず、困惑しています。
中長期で持っていようかと思いますが、
一旦売って出直したほうがよりよい選択になるでしょうか?
できましたらご指導、よろしくお願いいたします。
| 2015-03-16 13:05 | るり |

コメントありがとうございます。

3DマトリックスのHPをご覧ください。
今期減額修正の発表がありました。
平成27 年4月期業績予想の修正及び役員報酬の減額に関するお知らせ(3/13)
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2015/3DM_2015_03_13_IR_004.pdf

吸収性局所止血材「TDM-621」の国内製造販売承認申請取り下げを公表(3/13)
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2015/3DM_2015_03_13_IR_005.pdf


当社の事業内容について
(1月のレポートですので今回の減額修正は対応していません)

2015年01月08日
株式会社フィスコより企業調査レポート(2015年4月期第2四半期)
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2015/etc/3dmatrix20150108.pdf

2015年01月07日
株式会社シェアードリサーチより企業分析レポート
http://www.3d-matrix.co.jp/dl_file/2015/etc/3dmatrix20141230.pdf

本日も下げ止まらずS安になりました。
現状はまず底値を見極めることです。
ナンピンする場合も完全に底を確認しなければ底割れになり
資金を1銘柄に集中することになりますのでいけません。
底を打った後の地相場がどの程度になるかを見極めてから
対処すべきと思います。

3Dマトリックスにつきましては、落ち着きましたらまた記載しますが
新興銘柄はハイリスクハイリターンです。
常に分散投資し、リスクに備えることが大切です。

まずは時相場が固まってからです。

バイオ関連銘柄の
4565そーせいも同様な時期がありました。
この場合と同じ動きになるかはわかりませんが

2004/4/7高値9,000円

2008/10安値91円

2009/9高値2,080円

2010/10安値650円

2013/5高値6,100円

2014/4安値1,854円

2014/9高値6,000円

3/17終値2,880円

バイオ、IPS、再生医療関連株は夢を買い上げ
時には夢に失望して下がり、その繰り返しです。

結論は2つに1つです。
投げるか、他の銘柄と合わせ切り、持続するか。

持続した場合は、どこでナンピンを入れるかです。

決断ひとつで明暗が決まります。
今は今後の地相場を確認してからの対処になります。

他のバイオ、IPS、再生医療関連株も含め
次の相場は倒産しなければ再びやってくるでしょう。
永遠のテーマだからです。
トレンドが大きく変化した時にまたコメントをください。
その時に策を講じます。

新興銘柄投資は儲かる時は大きい反面
危険を伴いますので資金的余裕をもって
ご自分に合った無理のない資金枠で
なおかつ、小ロットの分散投資で売買されることを
お勧めします。

3Dマトリックスは、頂きましたコメントのように
確信犯的にとして据え置いたと考えられますが
株式投資の世界では日常茶飯事のことです。
底値付近で買ったとしても、天災、人災、人生運不運もあります。

株式投資の場に参加した時点で
天災、人災、人生運不運も覚悟して
敏腕デイトレーダー、時には海外短期筋とも戦うわけですから
それなりの覚悟は必要です。

勝ち取った儲けはすべて自分のものになり
負けた場合はすべて自己責任の世界です。

戦国時代の「領地切り取り次第」と同じです。

株歴40年の私自身何度も地獄を見てきましたがこうして
五体不満足ながら生き抜いて勝ち残ってきました。
勝ち残ったというよりも、地獄から這い上がってきました。

良い銘柄を底値圏で買い続けていれば
たまにアクシデントがあっても
リスクヘッジした他の銘柄が助けてくれるものです。

これを教訓とバネになさって
アクシデントを乗り越えてください。

現時点では様子を見るほかにありません。

これも投資の世界で生き残るうえで避けては通れないいばらの道です。

それを乗り越えた一握りの人間に富のチャンスが来るとお考えください。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

乗り遅れた者としては

先生のおっしゃる通り(20日~下げ警戒)だとしたらもう今から高値追いはかなり危険ですね。
一旦調整した後さらにまた上昇していくのでしょうか?

さっそく、お返事をいただきありがとうございます。

しばらく様子を見て、ナンピンするつもりで監視してまいります。
助言していただいたおかげで方向を決められました。
ありがとうございました。

3DMについて

3DMについてのご見解をありがとうございます。
とても参考になりました。今後どうなるか分かりませんが、
私は夢はあるかもしれないが、信用できない会社という事で
損切りました。 損切りで残った金額は他の株に回します。

デ・ウエスタンでも同じく10万近く損したので
私はもう700円以上の医療系株は手出さないことに決めました。
中々難しいですね・・・。引き続き楽しみにしています。

2678 アスクル

工藤様

毎日のブログ更新ありがとうございます。
いつも楽しみにしています。

2678アスクルが、好決算で高騰しております。
当面の高値はどの程度とお考えでしょうか。
お聞かせ頂けますと幸いです。

DeNA

株を始めて4ヶ月の初心者です。音楽の配信サービスに絡むアプリでヒットを出すんじゃないかと思い、DeNA株を買ってましたが、任天堂との提携でこの時点で値が付かないストップ高の様相を呈しています。初めての経験で戸惑っているというのが正直な処です。
今後のこの株の値動きの推移、売りどき等をご教示願いたいのですが、、工藤様のブログは初心者の自分には大変役に立っています。御身体ご慈愛下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/673-eff473da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1254)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR