2017-10

リスクを取って資産を増やす

4月8日(水)15:45

大引け

日経平均株価

19729.70(9:00)

19845.53(13:19)

19693.63(10:52)

19789.71(15:00)

前日比△149.27 +0.76%

TOPIX

1586.78(9:00)

1593.74(13:19)

1582.29(10:53)

1588.47(15:00)


日経平均株価は大幅続伸、新高値を更新

為替が再び1ドル120円台まで円安が進んだことで
輸出関連株を中心に買い先行で始まりました

寄付 19729.70(9:00)△89.16

安値 19693.63(10:52)△52.99

日銀金融政策会合終了を待ち伸び悩む場面もありましたが
現状維持報道後一瞬下げたものの、先物買いが断続的に入り
上げ幅を拡大、13:19 19845.53 △204.99
3/23高値19778.60円を更新

高値 19845.53(13:19)△204.99

大引けにかけてやや伸び悩やみましたが

大引 19789.71(15:00)△149.27 +0.76%

日経平均株価は大幅続伸、新高値を更新して引けました

コア銘柄だけではなく個人投資家主導の中小型株、新興銘柄に
物色が波及しています。
海外短期筋の動向が気になっていましたが、調整も長引かずに
相場は再び2万円の大台を意識し始めました。

今年の大相場は、公的資金の買い、海外短期筋の株式先物買いで
大型株、値嵩株、インデックスの上昇に対し、中小型株、新興銘柄が
相場の蚊帳の外に放置されていましたが、中小型株ファンドの買い
個人投資家の本業回帰ともいえる中小型株、新興銘柄物色が盛んになってきました。

いよいよバブル相場に突入した観が出始めてきました。
リスクを取って稼ぐ相場です。




3/23に頂きましたコメントですが、その場でお答えできる内容では
ありませんでしたので、遅くなりました。
申しわけございません。

コメント

月足投資

いつもありがとうございます。
市況や個別銘柄などへのコメントが非常に勉強になります。
さて、投資方法について、ご教授お願いできないでしょうか?
私はここ半年「負けにくい投資」を始めました。
具体的には、「月足チャートで株価が移動平均線52ヶ月にタッチしたら買い
(または株価が下に乖離していたら買い)」というものです。
業績などはほぼ気にしません。
7932ニッピ、2405FUJIKOH、3788GMOクラウド、3835eBASE、
4331テイクアンドギヴ・ニーズ、2132アイレップ、2678アスクル、
3623ビリングシステムなどです。
株価がかなり下がらないと移動平均線52ヶ月にはタッチしない為、
かなりの底とも考えています。
そのため、買いたい銘柄が移動平均線にタッチしないまま、
上昇開始し、買い損ねることもありますが、縁が無かったと割り切っています。
一方、無事購入できた銘柄は、多くの場合、反転し、横ばい、または上昇しています。
株価が下がり続けている銘柄が対象となる為、
業績悪化銘柄が含まれることもありますが、
「売られ過ぎ」の為か、少々の悪材料が出ても、それほど下がらないと感じます。
むしろ、ちょっとした材料で上がりやすいと感じます。
12年間の投資歴の中で高値掴みを何度も繰り返してきた為、
それだけは避けるよう、このような投資方法を実践しています。
移動平均線だけに頼り、ましてや下降中の銘柄ばかりに手を出す、
このような投資方法を工藤先生はいかが思われますでしょうか?

※移動平均線60ヶ月まで下がる銘柄は少ない為、
月足チャートながら、52ヶ月と自己基準で決めております。
50ヶ月では、購入後、なお下がることがあります。
| 2015-03-23 21:33 | 山田 |

コメントありがとうございます。
投資手法は様々で、「自分流の勝ちパターン」を身に着け
それを続けることが最も大切です。

私も移動平均線は投資において、最も重要なツールであると思います。
相場の格言で昔から
「山高ければ谷深し」
「谷深ければ山高し」
と言われ、まさに相場は短期波動から長期波動まで
天井形成後は調整局面に入り
天井と底値を形成します。

一般的には、以下の通りです

短期線 25日線 30日線 4週線 5週線

中期線 75日線 90日線 100日線 13週線

長期線 150日線 200日線 26週線 30週線 

バブル崩壊後の度々の大暴落から、長期線の26週線では判断できないほどの
大幅下落があったため、60か月線(5年)120か月線(10年)
それ以上の移動平均線の活用もされるようになりました。

上記の中で最も最適とされている移動平均線は

短期線 25日線

中期線 75日線 13週線

長期線 200日線 26週線

短期線は、早く転換するため「ダマシ」が多く
半面長期線は転換は遅く、まして52か月ではトレンドとしては確定してくるため
相場の「ダマシ」にはあまり影響を受けなくなっています。

ご自身で考案され、「自分流の勝ちパターン」を持つということは
相場の世界で勝ち残るためには非常に重要なことです。

今後は、52か月の長期線で見つけた銘柄を監視し
短期線と出来高の推移で売買なさることをお勧めします。

追記

2678アスクルの場合

2006年相場の際は「底割れ」

2015年相場は「誤差なし」

複数の移動平均の組み合わせがさらに精度を高めるはずです。

今後のますますのご活躍お祈り申し上げます。



本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

月足投資

お返事有難うございます。
大変ご多忙中にも関わらず、詳細にわたる解説、誠にありがとうございます。
60か月線(5年)120か月線(10年)が活用されるようになった背景など、非常に勉強になります。
今後はご教示くださった短期線、出来高なども考慮していきたいと思います。
誠にありがとうございました。

oakキャピタル

いつも質問にお答えいただき、ありがとうございます。
おかげさまで、売買は順調に推移しております。
さて3113 Oakキャピタル 増資発表時の下落で少々仕込みました。
この所、動きが悪いですが、将来を見越して再度購入しようかと思っています。
ズバリ先生のお見立てをお聞きしたく質問させていただきました。

どんな銘柄?

お世話になります。

「いよいよバブル相場に突入した観が出始めてきました。
リスクを取って稼ぐ相場です。」ということですが、
どういう銘柄がよいでしょうか?

今、2461ファンコミニケーションのように、まだおいてきぼりに
なってる銘柄なのか?

それとも、1808長谷工のように高値更新してるコア銘柄なのか?

ご教授お願いいたします♪

次の警戒時期

以前先生のおっしゃっていた警戒期間が終わりましたが、次の警戒時期はいつごろと見ていますでしょうか。

川崎汽船とトクヤマ

9107川崎汽船か4043トクヤマのどちらかを拾いたいのですが
どちらが狙い時でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/689-1c3835af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1227)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR