FC2ブログ

2021-03

今から買える低位23社

11月25日(日)18:00



週末のブログ(以下の通り)


以前から申し上げていますが日本株高の条件は、

円高→日本株売り

円安→日本株買い

外国人投資家の日本株シェア

現物の70%

先物の80%

外国人が買い越せば上昇

外国人が売り越せば下落

いたって、単純明快です。

今後の展開も、為替次第、外国人投資家次第です。



1ドル82,64円

1ユーロ106,17円


日経平均は、ボックス圏を抜けました。

7月4日高値9136,02円

8月20日高値9222,87円

9月19日高値9288,53円

本日高値9366,80円


TOPIXは、もう少しで抜けます。

7月4日高値781,94

本日高値777,09


「指数表」には、短期買いサインがあります。

年に1~2度、大底で出る買いサインではなく

年に3~4回出る短期買いサインがあります。

前回の大底の買いサインは、6月4日

前回の短期買いサインは、8月8日

(いずれも大引け後に確定)

8月8日の短期買いサインが出た後、立ち会い日数で

18日後に相場は崩れました。


今回の短期買いサインは、11月16日

今日で6日目です。



しかも前回の(8月8日のサイン)時よりも為替が、

急激に円安方向に向かっていて、今回の波動の方が大きくなりそうです。

波動的にみると同じ波動としても、12月11日(火)までは

強い展開が予想されますが、全ては外国人投資家と、為替次第です。


日経平均前回高値は3月27日10255,15円

TOPIX前回高値は3月27日872,42

対ドル 3月15日84,19円

今日は82,50円を突破しましたので為替の動きからも

もうしばらくは、買い方有利になりそうです。

もう少し長い期間で考えても

外国人投資家が本格的に買い越してくると、

最低でも2~3カ月は買い越しが続きます。

3月ごろまでは多少の上げ下げはあっても

強い相場になる可能性大です。
安倍政権ができれば、日銀法を変えてまで円安に持っていくとの意気込みで

日本株にとってはさらなる追い風になると思われます。

今回の波動こそ、10000円トライになるかもしれません。

昨年も11月安で、春まで上昇しましたし、

今年もその流れになりそうです。


その場合は、大きく買われた銘柄を順張りで投資するのでなく、

あまりに理不尽にまでたたき売られた

100円~300円ぐらいの低位優良株を買ったほうが

ローリスクといえます。



本日の特集

低位割安株の研究

1部上場で、株価が100円~300円

PBR 0,7倍以下

今季の予想配当5円以上

利益剰余金100億円以上の企業が、

東証1部上場1699社中123社あります。

その中で、このまま円高修正=来春にかけて日経平均10000円相場

になると、幅広い銘柄に循環物色の流れが広がります。

その場合、売られすぎの低位株が一番上昇することになると思います。



当ブログ読者のための

11月22日大引け段階で買いと判断した個別企業23社

HP「株式投資勝利の法則」株価分析入門の

サイトマップ → 投資の知恵 → 今から買える低位割安株23社

「株式投資勝利の法則」 HP

23社に厳選しましたが、その中でも

9302三井倉庫は手堅く春まで持てば、3カ月定期の数百倍は稼げるでしょう

わたしは、無欲の世捨て人ですので

あくまで「指数表」の1年に1度の大底の買いサインのみ

買い出動しますので、このようなチャンスがあっても買いません。

今回はブログ読者の皆さんへ

勝ち組投資家になるための勉強をしていただきたい

との目的でHPに記載しました。




コメントありがとうございます。


若輩者さん

いつも楽しくブログを読ませていただいております
過去のブログの記事を読ませていただいたところ、
9月の記事では「ほとんどポジションは0」、
10月の記事では「ポジションは0」ということで、
買いサインで買い出動した銘柄は売りサインが出るまで持っているわけではなく売ってしまうことはわかりました。

そこで、「指数表」の買いサインで買い出動し、又は売りサインで空売り出動した銘柄について、
それぞれ売却し、又は買い戻すタイミングをご教示いただけないでしょうか?

過去のブログ記事を読ませて頂きましたが私にはわかりませんてしたので、よろしくお願いいたします。
| 2012-11-23 16:04 | 若輩者 |



「指数表」の基本は、

1年に1度ぐらいの「大底買いサイン」2012年6月4日大引け後確定

そしてその数ヵ月後に出る「天井での下落アラーム」2012年4月4日大引け後確定

その2つで私は動くことにしています。

その2つのサインは、あくまで日経平均、TOPIXに対するアラームで、

その時に見ている(買い候補銘柄)

「指標銘柄」

「監視銘柄」

の中から厳選したものを買います。

利益確定するときは、「天井での下落アラーム」と

個別銘柄専用「指数表」と

一目均衡表他のチャートで判断します。

つまり、買うときは一気に買って、

利食う時と、空売りするときは、個々の銘柄の

個別銘柄専用「指数表」と

一目均衡表他のチャートで判断しています。

詳細は今後も少しづつ書いていきます。





人生勉強さん

ちょっとした疑問です
相場に絶対ということはないと思うので、
「買いサインの後にかならず売りサイン」「売りサインの後に必ず買いサイン」が出るということはないと思うのですが、
「買いサインの後に買いサイン」「売りサインの後に売りサイン」が出るような場合にはどう対応していらっしゃるのでしょうか?

買ったものを売るタイミングや売りから入ったものを買い戻すタイミングと関係が深いと思うので、
若輩者さんの質問と重なる部分があると思いますがよろしくお願いします。

ブログを興味深く読ませていただいています。
これからも更新の程よろしくお願いします。
| 2012-11-24 16:48 | 人生勉強


この答えも一言では語れませんね。

「指数表」は年々改良を重ねて、昨年からは100%的中していますが、

これからも100%的中するとは、全く思いません。

少しずつ改良して、

年に1度の大暴落で買い、

3か月~5カ月後の天井付近の崩れかかったところを

売り抜けてあとは何もしないことです。

かつて私は年がら年中売買を繰り返す

愚かな「㈱中毒患者」でした。

そして30歳台の時、十億近くの損出をして、

不動産も処分して結果的に十億以上の資産を失いました。

私の周りは百億以上の人もいて、

かろうじて生き残り、今日に至りました。

現在54歳の私は、巨人軍の原監督と生年月日が一緒です。

しかし、難病を患って、後10年生きるのは難しい状態です。

そこで残りの人生を、未来ある日本の若者を集めて、

完全に外国人投資家に支配されている日本市場を

一人でも多くの未来ある日本の個人投資家に

私の経験と相場感を伝え、今まで培った

「株式投資勝利の法則」を伝承し

それが自分の人生最後の足跡にしたいと思い、

ブログとHPを作成しました。

過去にもHPを作成しましたが、世に出しませんでした。

私の知識不足のため、上書きして消したはずの当時の

HPが残ってますので、当時の記事がありのままに残ってます。

参考にしてください。

その後、「指数表」はさらに進化し

精度を高めています。


公開しなかった旧HP

サーバーに残っていました上書きされなかったもので、

震災前のものもあります。

これで、私の相場に対する投資方針が分かると思います。



今日は複雑になりましたが、株の知識はありますが、

ITの知識は稚拙な知識です。


話が飛びましたが、これからも谷内株で勝つための記事を書いていきますので、

応援よろしくお願いします。

明日は、大引け前に更新します。

コメント

利益確定のタイミング

ポジションを持つタイミングも大事ですが閉じるタイミングも大事だと思っています。

買い始めるタイミング(秘伝指数表で買いサインが点灯したら一斉に買う)や空売りを始めるタイミング(秘伝指数表で下落アラームが点灯した後に個別銘柄指数表などで判断)はブログを読ませていただいて理解できました。

買ったものを売るタイミングや空売りしたものを買い戻すタイミングと秘伝指数表や個別銘柄指数表などがどう関係してくるのかに非常に興味がありますのでブログの記事にしていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

投資の学校のようなものを開かれるということでそちらも非常に楽しみにしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/72-bad16ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (73)
株式日記 (2025)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (19)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR