2017-08

2万円の攻防も外部要因次第

8月20日(木)20:35

大引け

日経平均株価

20194.26(9:00)

20246.47(12:37)

20033.29(14:56)

20033.52(15:28)

前日比▼189.11 -0.94%

TOPIX

1642.27(9:00)

1643.36(9:02)

1623.84(14:56)

1623.88(15:00)

前日比▼24.60 -1.49%


値上がり銘柄数 240


値下がり銘柄数 1580


新高値銘柄数 24


新安値銘柄数 79


騰落レシオ25D 90.8


日経平均25D乖離率 -2.47


TOPIX25D乖離率 -2.21


日経平均株価は3日続落

前日のNY市場が続落
中国、アジア株が下げ止まらず
日本市場も売り先行で始まりました

寄付 20194.26(9:00)▼28.37

後場になると値ごろ感からの買いが入りプラス圏に浮上

高値 20246.47(12:37)△23.84

先物売りが断続的に出て再び下値を切り下げる展開

安値 20033.29(14:56)▼189.34

大引 20033.52(15:28)▼189.11

日経平均株価は3日続落、下げ幅を拡大して
本日の安値水準で引けました


再び中国株リスクと米国金利引き上げのリスクを織り込む場面になりました。

日経平均株価の想定レンジは

レンジ上限値 20800円~20900円水準

レンジ下限値 20000円水準

本日安値 20033.29(14:56)▼189.34 は、レンジ下限値 20000円水準に肉薄しました。

今晩の欧米株、明日の中国株次第では、明日の東京マーケットも先物主導で
荒れ相場になるかもしれません。

7/9安値19115.320円の時も先物主導で乱高下しましたが、今後も海外不透明感を材料に
海外短期筋が、大きく売り崩してくる可能性はあります。
ここで冷静に考えたいことは、個人投資家の巨大な資金が20000円割れを
じっと待ち構えているということです。

6/10安値 20016.32円

6/16安値 19990.55円

6/29安値 20093.16円

7/9安値 19115.20円

7/28安値 20070.62円

8/20安値 20033.29円

上記安値水準を個人投資家の買いが大量に入り、海外短期筋の空売りを踏みあげさせ
逆張りの個人投資家に軍配が上がっています。

明日以降、場合によっては株価の勢いで20000円水準を大きく下回る可能性はありますが
海外要因による先物主導の売り仕掛けで一喜一憂することなく冷静に見ていきます。

米国利上げが9月ならばここから8月末にかけて一気に突っ込む場面を覚悟し
異常な下げがあれば、ピンチこそチャンスとして、バーゲン価格、場合によっては
「バッタ価格」「見切り価格」で買い向かう準備だけはしておきます。

本日持ち株を一部利食いました。

4901富士フィルム 買いコスト4419.0円
本日寄り付で手仕舞い 5100.0円利食い
今年いっぱいは持つつもりでしたが、嫌な予感がしたため
今後の儲けそこないは放棄しました。

2413エムスリー 買いコスト2317円
本日寄り付で手仕舞い 3025円利食い
昨日の3180円高値の上ヒゲが嫌な感じでそろそろ一服感が出たため
利食いました。

9107川崎汽船は302円が目先の戻りメドとなりそうです。
本日は売りませんでしたが、今後上値が重く感じた場合は
臨機応変に対処するつもりです。
数日中に303円以上にならなければ、薄利で利食い検討。

その他の銘柄は、中長期投資銘柄ですので目先の上げ下げには関係なく持続方針。

新規買い、買い増しは、現時点では凍結。

次なるチャンスをひたすら待ちます。





コメント

任天堂

いつもブログの更新ありがとうございます。
とても勉強になるブログで、毎日必ず拝見させて頂いております。

こんな質問していいのかどうかわかりませんが、一つだけお願いします。
任天堂は、日経の動きに反して底堅く、
今の位置が高値圏なのかこれからどんな動きになるのかが気になります。

空売りが増えている事がこの上昇に関係しているのか、
これからもガンガン上がっていくのか初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします。
| 2015-08-19 19:42 | 初心者 |

コメントありがとうございます。
7974任天堂は、2015/1/29安値11140円から直近高値8/11H26050円まで
大幅高になり、本日終値も24915円と高値水準を維持しています。
国内外のファンドによる買いで、浮動株がかなり減少しているようです。

現在の相場の特徴で、国内外ファンドが浮動株を吸い上げて
大きく上昇する値嵩株はPER,BPS、配当利回りなど
投資尺度は一切通用せず、買うから上がり、上がるから買うといった
需給次第で上がり続ける値嵩株バブル相場になっています。

4661OLC
2014/3/17安値3694円
2015/3/30高値9990円(天井)
本日終値7015円

6981村田製作所
2014/5/21安値8192円
2015/7/2高値22220円
本日終値17020円

本題に戻りますが、
79747974任天堂2015/1/29安値11140円
2015/8/11H26050円
本日終値24915円
チャートは上昇トレンド継続中ですが、今後大材料が出れば別ですが
かなりの株価水準に位置しており、もう一段の上昇はあるかもしれませんが
そのあたりがひとまず天井になると考えます。

注:上昇トレンド継続中の銘柄を空売りしてはいけません。




いつも勉強させて頂いております。
10月から年末にかけて上昇予想で 安いところは拾っていきたいと考えておりますが
一つだけ11月4日に向けて調整しているという郵政の上場が気がかりです。
郵政上場の際 新興市場が下がることはないでしょうか。
下がっても一時的かまたはそれほど影響を考えないで
買い向かってよいものか悩んでおります。
ご意見お聞かせいただけますでしょうか。
| 2015-08-20 13:57 | REO |

コメントありがとうございます。
日本郵政の連結純資産は15兆超
11/4上場が予想される郵政三社は時価総額8兆円以上という試算があります。
払込時には、個人投資家による換金売りで一時的に需給悪になることは
ほぼ間違いなさそうです。

新興市場も銘柄格差が広がり、蚊帳の外に置かれている銘柄はかなりの数になっています。
新興銘柄は上がれば想定以上の利益をもたらしてくれる反面
下がりだすととことん売りたたかれ想定以上の下落に見舞われます。

そのため、かなり資金的余裕を持たなくては、精神的に追い込まれてしまいます。
考え方としては、リスク資金を無理のない範囲で新興銘柄に分散投資し
70%くらいはコア銘柄に投資するべきと考えます。

日本郵政と連動して上昇が予想される大本命は、

8750第一生命 8/20終値2286円
8/11高値2865円 直近安値7/9L2119円

8306三菱UFJFG 8/20終値849.8円
6/1高値936.8円 直近安値7/9L803.7円

両銘柄ともに払込時には一時的な下げがあるでしょうから

8750第一生命 直近安値7/9L2119円

8306三菱UFJFG 直近安値7/9L803.7円

7/9安値水準の突込みを狙うのが面白いと思います。

新興銘柄にも資金配分をして、リスクヘッジにコア銘柄の突込みを買う。

現時点ではこのように考えます。






エンプラス

工藤様
いつもご指導頂きありがとうございます。
6961エンプラスについては、あの大暴落に見舞われてから早や1年が経過しました。
あれから自社株買いやJPX400採用等ありましたが戻りは限定的で、このところまた大きく下げています。
そこでそろそろナンピンで買いコストを下げていこうかと思いますが如何でしようか?
お考えをお聞かせいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
る4443
| 2015-08-20 14:36 | 家定 |

コメントありがとうございます。

6961エンプラスは
13/8/5高値9470円で天上形成後、2014/4/11安値5050円まで下落
その後、7/28高値8380円まで切り返しましたが、再び反落
11/5安値3820円で底値形成。

ようやく底打ち反転に入りましたが、5/21高値5420円までの戻りが精いっぱいで
直近はレンジ内の商いになっています。

レンジ下限4700円水準
レンジ上限5000円~5200円水準

ここで一つ問題があります。
15/3期 増収経常減益
16/3期予測 増収経常減益

現在の相場は、好業績銘柄は徹底的に買い上がり
それ以外の銘柄は蚊帳の外になっています。

2期連続で経常減益の銘柄に国内外ファンドが積極的に買い上がることは
まずないと考えるべきです。

サプライズが出れば別ですが、現時点では
レンジ下限4700円水準
レンジ上限5000円~5200円水準
この水準でのもみ合いになる公算が高く、ナンピンはお勧めできません。

リスクを取っての買いが可能でしたら、ナンピンではなく
レンジ下限4700円以下を段階的に買い
例として、
4700円買い
4550円買い
4400円買い

5100円以上を売り上がり、この時点で持ち株を100株づつ合わせ切り
なさってはいかがでしょうか。
200株の底値水準の買いを100株の高値玉と合わせ切りという策が
現時点では最も有効と考えます。

最近どうなさっているか心配しておりました。
今後も私でよろしかったら、最善の策を講じますので
売り抜けられるまで何度でもコメントをください。

米国利上げが9月ならば8月下旬は荒れるかもしれません。
今月いっぱい様子を見てからでも良いと思いますので
資金的余裕と精神的余裕の配分をお忘れなく。
無理はいけません。




ブリジストン
お世話になります。
5108買値4660円今後どうすべきでしようか。
診断おねがいします。

コメントありがとうございます。
本日更新しようと思い管理ページを見ましたらコメントが入っており
一般の欄には表示されていませんでした。

5/29高値5182円形成後調整局面に入りました。
通常でしたら
7/9安値4300円
7/29安値4434.5円
8/20安値4340円
これがトリプルボトムになり反転の可能性大ですが
現時点では、明日以降20000円の攻防で
9月の米国利上げを本格的に織り込むとすると8月末にかけて
インデックス、コア銘柄が売られる可能性があります。
中国株リスクも加わってもう一段下値を試す場面になることを念頭に
下落を覚悟してください。

世界の一流株ですが、中国景気減速の先行き不透明の現在
ここから大きく買い上げる力は懐疑的と思います。
今後の戻りでいったん手仕舞いが現時点では妥当と判断します。

トリプルボトム形成後の反発があったとしても
戻りは限定的になりそうです。

損がなければ良しとして、戻り売り方針。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

5411 JFE

いつもブログ更新ありがとうございます。
現在、5411 JFEを買いコスト約2500で持っております。
もうそろそろ底値のような気もしたのですが、工藤様はいかがお考えでしょうか。
ナンピンが良いのか、堪えるのが良いのか、アドバイスの程、宜しくお願い申し上げます。

6645と7203

工藤先生、いつもブログの更新ありがとうございます。
現在、6645オムロンを4853で100株と7203トヨタを7933で100株保有中です。この価格で購入してしまうのが初心者だなと思い反省しております。連日の下げで厳しいのですが、耐えていれば年末までには戻るでしょうか?ご指導頂けますと幸いです。宜しくお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

8035 東京エレクトロン 7261 マツダ

お世話になります。

先日、東京エレクトロンの買値目標を5500~5700と
書かれてましたが、昨年10月安値の6061円では、
まだ甘いのでしょうか?

どういう根拠でその数字なのか、今後の参考にしたいので
ご教授お願いいたします。

それから、マツダを買値2,454円で持ってるんですが、
どの辺で底入りしそうでしょうか?

損切したものか、ホールドすべきか悩んでおります。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしく
お願いいたします♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/780-f04533a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1189)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR