2017-10

谷深ければ山高し

9月17日(木)20:40

大引け

日経平均株価

18361.99(9:00)

18468.20(14:15)

18289.63(11:26)

18432.27(15:28)

前日比△260.67 +1.43%

TOPIX

1485.56(9:00)

1492.53(14:15)

1479.01(11:19)

1491.91(15:00)

前日比△19.31 +1.31%


値上がり銘柄数 1500


値下がり銘柄数 302


新高値銘柄数 10


新安値銘柄数 7


騰落レシオ25D 75.1


日経平均25D乖離率 -1.57


TOPIX25D乖離率 -1.63


日経平均株価は大幅高で3日続伸

前日の欧米株堅調を背景に
買い先行で始まりました

寄付 18361.99(9:00)△190.39

米国FOMCを目前にして伸び悩む場面がありましたが

安値 18289.63(11:26)△118.03

売り方のイベントリスクを回避する
ポジション整理の動きがあり上昇幅を拡大

高値 18468.20(14:15)△296.60

日経平均株価は大幅高で3日続伸して引けました

大引 18432.27(15:28)△260.67


いよいよFOMCの結果待ちです。
もはやジタバタしても仕方なく、底値で買った時価総額上位銘柄と
ゼロ戦銘柄、成長銘柄に運命を託すことにします。


本日は私の昔話におつきあいください。

昔私の親族でKという個人で30億円損をした人物がいました。
K氏は、親が残してくれた土地を担保に20億円借金して
信用の両建てで目いっぱいの投資をして、当時地場証券NO1の顧客で
連日派手な売買を繰り返していました。
当時はバブル全盛期で、周囲には数百億円規模で投資している
大口投資家もいました。
人の良いK氏は証券マンの言いなりで
いわゆる「手数料稼ぎ」の上得意でした。
お人よしのK氏は、証券マンに対して1円でも儲かったら売ってよいと
指示していたため、とんでもない手数料のご奉公ばかりで完全なお得意様でした。

当時私は小糸製作所を集中買いしていたため、K氏にも薦めていて
幸い800円台で買った買い玉が、ブラックマンデーを乗り越え、2000円台に乗せ
大きな含み益が発生した為、ある日K氏からのお礼電話がありました。
そこで彼が発した言葉を今でも覚えていますが、
「証券マンに対して1円でも儲かったら売ってよいと言っていたため今日、新日鉄を
億単位で日計りしていくら儲かったと思うか?」との問いかけに
私はわからないからいくら儲かったかと聞き返すと
「億単位で何度も日計りして67円の儲けで、コーラ1本も飲めない」と笑いながら
言っていました。
小糸製作所で初めて大儲けしたK氏は上機嫌で67円しか儲からなかった話を
していたのでしょう。

私は、親戚として一回りも年上のK氏に「お人よしもいい加減にした方がいい」
と忠告しました。
結果としてK氏は、30億円やられてこの世界から退場しましたが
彼の口癖として、常に「株式投資は汗水たらして働く堅実な仕事ではないが
冷や汗と脂汗をかいて毎日ビクビクしながらやる仕事だ」
「冷や汗と脂汗で毎日が重労働でプレッシャーの塊」
と言っていました。

本日は話が脱線してしまいましたが、私が皆様に申しあげたいことは
現在の暴落の背景には、海外短期筋を中心に先物主導による売り仕掛け
貸し株が借りられたら手当たり次第に空売りを仕掛けるという
今までに類を見ない異常な売り方優勢の相場です。

1年以上前でしたら、空売り比率が30%以上3日以上続くと
相場はやがて反転上昇する。
という常識が連日の40%超の異常な日本売りたたき相場になり
一番底と思われていた8/26安値17714.30円は底割れし
9/8安値17415.61円まで下落。
その間「指数表」「個別銘柄指数表」を見ると時価総額上位銘柄で
私が8/26に大底と思って買った銘柄のほとんどがその時点が大底となり
下値を切り上げている現象。

8/25に大底買いサインが出ていた「指数表」「個別銘柄指数表」が
底割れの9/8安値17415.61円時点では「指数表」「個別銘柄指数表」は
買いサインが出な買ったこと。

すべてを説明すると書ききれないので簡単にまとめますが
私の分析では、売り方もかなり限界にきているということです。
本日は、FOMC直前で、売り方が一辺倒な売りポジションを
FOMCに備えてこの数日間で解消しているということです。

日本市場を異常に売りたたいた海外短期筋を中心とした売り方も
昔のK氏同様に、現在の心境は冷や汗と脂汗をかきながら
売りポジション整理を考えているときであるということです。

「山高ければ谷深し」

「谷深ければ山高し」

現在は深い谷から這い上がろうとしているときです。

日経225PER 
8/10 16.64倍
9/2 14.40倍
9/8 13.98倍
9/10 14.60倍
9/14 14.30倍
9/16 14.44倍

東証1部連結PER
8/10 17.79倍
9/2 15.41倍
9/8 14.89倍
9/10 15.54倍
9/14 15.35倍 
9/16 15.43倍

FOMC次第では波乱があるかもしれませんが、
9/8安値17415.61円が大底形成で、実りの秋、収穫の秋となり
深い谷から上昇へ向かうことを信じ買いポジションは持続して
年末年始には「我慢賃金」を得られると信じます。

今後も中国リスクや様々なショック安は来るでしょう。

良い銘柄を大幅安のバーゲン価格で買う基本に戻り
この世界で生き残りを模索します。


大学生の娘が時価総額上位銘柄の底値圏のアンダーに指値を入れております。
いくつかがアンダーの指値に入りました。
娘の直近の監視銘柄の一部は以下のとおりです。


1803清水建設

2229カルビー

2413エムスリー

4755楽天

5486日立金属

6471日本精工

6501日立

6645オムロン

6869シスメックス

7202いすゞ

7936アシックス


娘にK氏の話をしました。
「一流銘柄の底値、大底値を狙えば、冷や汗や脂汗をかかずに利益は得られる」
とアドバイスし
「11銘柄すべて勝てるだろう」といいました。

以上11銘柄年末までにはすべて上がると考えています。




コメント

メガバンク

みずほを238円で保有していますが、動きが悪いです。
伸びしろがないようでしたら、撤退も必要でしょうか?
| 2015-09-17 13:57 | kita |

コメントありがとうございます。

日経平均株価
8/26安値17714.30円(暫定1番底)
その後底割れし
9/8安値17415.61円(現時点での1番底)

それに対し8411みずほFGは
8/25安値219.8円
9/7安値225.2円

チャートをご覧ください。

日経平均株価は底割れしているのに対し
8411みずほFGは、下値を切り上げています。

8/25安値219.8円大底形成後、空売りも限界にきていることがわかります。
この銘柄は6か月定期感覚、1年定期感覚で持続する銘柄です。
その間に本日時点で配当利回り3.15%をいただき
気が付けばキャピタルゲインも得られるというシナリオです。

もう一度試練がありそうですが、それは郵政3社上場の投資資金ねん出のため
換金売り圧力でしょう。
それも乗り越えれば0.02%の金利とは比較できない利益が
「我慢賃金」となって手元に帰ってくると考えます。

FOMC前日の想定売り目標は以下のとおりです

売り目標①250円(3か月前後)

売り目標②270円台(6か月前後)





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日16:00ごろに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

2060フィードワン

151円が買い値で持っています。
これからを期待して持っていましたが
今回の下げで唖然としました。
この先再び高値を取りに行く可能性はあるでしょうか?

楽天

こんばんは
毎日の更新お疲れ様です。連休中ゆっくり
体を休められてください。

楽天
増資、年初来安値、信用買残重、アマゾンの業務範囲拡大など、強気になれるトピックスがあるように思えませんが、いかがでしょうか?
だからこその買いになるのでしょうか。
アドバイス頂ければ幸甚です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/799-567baf62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1232)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR