2017-08

連休明けは権利取り最終局面

9月18日(金)15:20

大引け

日経平均株価

18275.48(9:00)

18295.90(9:02)

18089.50(9:36)

18070.21(15:00)

前日比▼362.06 -1.96%

TOPIX

1480.60(9:00)

1480.70(9:01)

1459.02(9:36)

1462.38(15:00)

前日比▼28.53 -1.98%


日経平均株価は4日ぶりに大幅反落

前日のNYダウがFOMC利上げ見送りの発表後
大きく上昇したのち大引けではマイナス圏で引けたため
5連休を控えた日本市場は売り先行で始まりました

寄付 18275.48(9:00)▼156.79

高値 18295.90(9:02)▼136.37

上海総合指数、他のアジア各国市場は
堅調に推移しているにもかかわらず
5連休を控えた日本市場のみ
海外短期筋と思われる先物売りに
買い向かう力はなく下げ幅を拡大させました

安値 18089.50(9:36)▼342.77

大引 18070.21(15:00)▼362.06

連休前の日経平均株価は4日ぶりに大幅反落して引けました


注目の集まったFOMCでは利上げの見送りが決まり
NYダウは大きく買われた後、終値はマイナス圏で引け
その結果を受けて日本市場が始まりました。

日本は明日から5連休を控え、買い方は買い控えを余儀なくされ
海外短期筋とみられる先物主導の売りに押され、4日ぶりの
大幅反落になりました。

昨日まで売りポジションを整理していた筋も
本日は連休前の特殊要因による買い手控えを見越して
再び売ってきました。

今まで大成功してきた売り崩し相場の利権はなかなか手放さないものです。

本日は上海総合を始め他のアジア市場は小幅ながら堅調に推移していて
日本のみ、海外短期筋の売りの標的になった感じです。
5連休を控えているため仕方ないことですが
昨日も記載しましたように異常な日本株売りも峠を越して
売り方も買戻しから、どこでどてん買い越しをするかの
節目に差し掛かっています。

最も気になることは安倍総理が経済再生から安保法案に
全政治力をシフトさせたため、おろそかになったアベノミクスを
どこまで経済重視に戻せるかを国内外の主要投資家が見守っています。

安倍総理も来年の参議院選挙をこのまま戦って勝てるとは
考えてはいませんので、間違いなく日本経済再生に全政治力を
シフトさせてくるでしょうが、低くなった支持率を背景に
数か月前とは違う難しい局面に遭遇するかもしれません。

来年の参議院選挙に向けて安倍総理がどこまでできるかを
メインプレーヤーの海外投資家は見ています。

年金をはじめとする長期運用の海外投資家が腰を据えて買いたくなる環境づくりは
安保法案で支持率を低下させた安倍総理にはかなり難しい政局運営になりそうです。

とはいえ、ここまで異常に売りたたかれた日本株は
5連休中に海外での先物に大きく降らされるリスクはあるものの
底値水準から浮上するものと考えます。

9/25は権利取り最終日ですが、連休明けには配当取りの買いが入ってくることに期待し
それを突破口に、日経平均株価は
9/9高値18770.51円
8/28高値19192.82円
が目先の戻りのメドになります。

この戻りのメドの水準が上値になり18000円水準~19000円水準のもみ合いになるか
19000円の壁を突き抜けて、19000円台固めになるかが当面の見所です。

私自身は、希望的観測も含めて年末年始には20000円に近づく場面に期待しております。

明日以降の5連休ほとんどの個人投資家は動けませんので
持ち株のことは忘れて、主要銘柄の株価位置をチャートでご覧になってはいかがでしょうか。

バーゲン価格満載のチャートがたくさんあります。





コメント

オリエンタルランド
工藤さま、

いつも楽しみにブログを読ませていただいたおります。
勉強になることばかりです。
以前4661オリエンタルランドについてご質問し、
その時点では損切りもタイミングを逸しており
もう少し落ち着いた頃にまたコメントを?と言うアドバイスをいただきました。
現時点でもさらに下落していますが、今後どのように考えるのがよいでしょうか。
9000円で買っています。
株に不勉強なまま始めてしまい、反省しています。
アドバイスいただけたらうれしいです。

私が体調不良の時に頂きましたコメントです。
遅くなり申し訳ございませんが本日ご返事させていただきます。

株価は3/30高値9890円を天井に調整に入り8000円を挟んだ値動きに
なっていましたが、直近の暴落で下値を切り下げました。
8/25安値5880円
9/8安値6045円でダブルボトム形成に見えますが
株価の戻りは想定以上に鈍い感じです。

全体相場が落ち着けば戻る局面があるはずですが
現時点での戻りのメドは

戻りメド① 7000円台乗せ(1~2か月)

戻りメド② 200日移動平均線7700円前後(3~6か月)

6000円を大きく割り込むことは考えにくく
6200円前後の押し目を同株数買い増して
買いコストを7600円にした場合は
来春までに売り抜けは可能と考えます。

この例は、資金的余裕と精神的余裕が伴わなければいけませんが。






本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、9/24(木)20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

2060 フィードワン

151円が買い値で持っています。
これからを期待して持っていましたが
今回の下げで唖然としました。
この先再び高値を取りに行く可能性はあるでしょうか?

9419 ワイヤレスゲート

いつもお世話になり有り難うございます。
9419 ワイヤレスゲート
2014/12/30買¥3015
長く放っぽって置いてたら痛い目にあいました。
本当だったら手を打ちたいのですが今回の下落でこちらの銘柄迄は弾切れです。
この戻りは厳しいでしょうか?
申し訳ありませんがアドバイスお願い致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

現物買いならば勝ち目はありますか?

お世話になっております。体調はいかがでしょうか?この地合いの悪さで余計に参ってしまいますね。

先生にお伺いしたいのは、このような嵐の中では、現物買いならば我慢でやり過ごせるとお考えですか?
私は現物しか保有しておりませんが、今は総ての銘柄がマイナスとなっております。
しかし、おそらく高値圏で買ったものはないので、自分の買値が売り目標になるはずと信じております。
買い向かうにも資金がもう僅ですので手出しせずにいます。この状況で、勝機ありでしょうか・・?買値に戻れば私は満足です。そして、今後は先生の方針の暴落底値買いに徹したいと思ってます。
今日は無心で掃除をしてましたら、とても気分がよくなりました。(笑) これかはら日々の株価を気にせずにひたすら年に一度の買い時を待つように過ごそうと思います。

チャートと出来高について

いつもご指導をいただき有難うございます。
最近出来高とローソク足、チャートが気になり見始めました。
 7956ピジョンについてお尋ねいたします。
9月7日大陰線で大きな出来高ですがこれは過去のたかね買い手がの売りと思うのですがその後の出来高とローソク足、チャートではどのように判断ができるのでしょうか?まだまだ買い手が残っていて売りが出て下げるのではとも表もいるのですが。また買うにはもう少し様子を見る必要があるのでしょうか?
宜しくお願いいたします。
宜しくお願いいたします。

先生こんばんは。

CTAの執拗な売りで現物持ちの私も心が折れそうです。先生も底値買いされてるものの含み損もあると思いますが、そのような銘柄もそのまま持ち越される予定ですよね?

何だか少しでも安心したくてお尋ねしました。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/800-e4cb1fb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1190)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR