2017-05

日経平均株価今年初の続伸

1月25日(月)15:30

大引け

日経平均株価

17145.81(9:00)

17208.24(11:17)

16922.21(9:40)

17110.91(15:00)

前日比△152.38 +0.90%

TOPIX

1393.67(9:00)

1398.74(11:17)

1376.67(9:40)

1392.63(15:00)

前日比△18.44 +1.34%


日経平均株価は続伸

先週末原油価格が切り返しに転じ
NYダウは大幅続伸
その流れを受けて買い先行で始まりました

寄付 17145.81(9:00)△187.28

買い一巡後は次第に上値が重くなり
マイナス圏に転落する場面がありました

安値 16922.21(9:40)▼36.32

しかし、売りたたく動きも限定的で
再び買い優勢の展開になり強含みで推移

高値 17208.24(11:17)△249.71

日経平均株価は続伸して引けました

大引 17110.91(15:00)△152.38


原油価格が1バーレル32ドルまで切り返しに転じ
先週末のNYダウは大幅続伸。

今週は米国FOMC、日銀金融政策決定会合を控え
日米主要企業決算が本格化します。

日経平均株価は25日移動平均線18,000円方向に向かうかどうか
重要イベント目白押しです。

市場を取り巻く不安要因は何一つ解決していませんが
日経平均株価1/21安値16017.26円はそのすべての要因を
織り込んでしまいましたので、この水準を大きく
下回る可能性は極めて低くなったと考えます。

慌てずにゆっくりとカメの如くアンダーを拾っていく方針です。

1月相場は間もなく終わりますが、本日の日経平均株価続伸は
今年初のことです。
まったく異常な現象です。

桜が咲く季節には相場が健全化していることに期待します。




コメント

工藤先生

アドバイスいただきありがとうございました。
Nフィールド、再度底割れする様なら、50円ごとに追加していきたいと思います。

さて、今回の暴落の日柄の話ですが、日足チャートを見る限り
12/01 天井 20012.40円 2万円回復の達成感
12/15 底   18565.90円 1500円の下落で一旦底をつけ、翌日から急反発
12/18 天井 20000円を超えられず、再度下落
12/21 底   18916.02円で踏ん張る

その後、年末の弱含みから年明け早々に仕掛けられ、
19000円から3000円の下落を見ることになったように見えます。

日柄的には、12月頭から下落がはじまっており、
2か月ほどかけて2回底をつけながら、
昨日3回目で大底を形成したように見えますがいかがでしょうか?

チャートの見方はもとより、
および今後の見通しも変わってくるように思えましたので、
ご教授いただければ幸いです。
| 2016-01-22 18:26 | 株初心者 |

コメントありがとうございます。

今回の暴落の背景は
中国景気減速、元安、投資資金の回避、中国株暴落
原油価格大暴落
急速な円高

様々な外部要因悪化が市場不安を増大させ世界中の株価が
同時進行で大きく売りこまれました。
日経平均株価は1/8(金)底値圏に突入
17697.96円 ▼69.38
この時点では、市場参加者の多くが下がっても
17,000円水準と考えていました。
その後も原油価格が下げ止まらず、円高進行も収束できず
昨年同様に海外短期筋の売り仕掛けが相場を大きく押し下げました。
それに産油国政府系ファンドの実需売りが大きくのしかかり
日本市場は世界的流動性の高さから再び売りの標的になりました。

日経平均株価は、2015/9/29安値16901.49円を底にトレンドが転換
買戻しによる踏み上げ相場から、海外短期筋の買い転換で
12/1高値20012.40円の高値を形成。

その後は様々な外部要因が売り圧力になり
1/21安値16017.26円の異常値まで暴落となりました。
かなりも確率で1/21安値16017.26円が大底となると考えられます。
今回の暴落の特徴は、戻りの場面が全くないまま
1/21安値16017.26円まで下落したことです。
そのため日経平均株価18,000円水準まで真空地帯になり
週末の日銀追加緩和次第では大きく切り返しに転じる可能性はあります。

困った時の日銀頼みに賭けるわけにはいきませんので
しばらくは様子を見ながら売られすぎのコア銘柄の押し目を買うことが
現時点での最善策と思います。

1/21安値16017.26円が大底であっても売り勢力は、
ポジション整理は終っておらず、隙あれば売って来ることも十分考えられます。
したがって買う場合は、できるだけ押し目を狙い
時間をかけて少しずつ買うことが大切です。

これだけの暴落で、市場は完治するまでには時間がかかるでしょう。
慌てずに市場と向き合う時と考えます。





本日も少しでも参考になった方はお手数ですが

ランキング3か所にクリックお願いします。

次回は、明日20:00~21:00ごろ更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。


個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

何時もご指導をいただきありがとうございます。
クックパッド 東証1 部〈2193〉についてお尋ねいたします。
提案が可決された場合の株価は?
否決された場合の株価は?
どのようにお考えでしょうか?
 今の株価は新体制での株価と思うのですが・・・・・。

いつもありがとうございます。

質問ですが、ここからの押し場面では、コア銘柄の底値付近を、コツコツと拾うのが得策とのことですが、その作戦で行こうと思います。

そこで質問ですが、分散投資を基本とする場合、いくつかの銘柄を選択しばらばらと購入するより、日経400ETFなどを購入する方が、分散される上に、手間もかからないと思うのですが、その考え方は正しいでしょうか?
日経平均が押しているときに、優良銘柄をいくつかに分けてコツコツ拾う場合と、日経連動型のETFをコツコツ拾う場合の、それぞれのメリットデメリットをご教授いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/881-36a9bb57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1111)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR