2017-10

2点底形成

2月10日(水)15:30

大引け

日経平均株価

16127.86(9:00)

16163.03(9:05)

15429.99(13:51)

15713.39(15:15)

前日比▼372.05 -2.31%


TOPIX

1305.87(9:00)

1309.22(9:05)

1246.57(13:51)

1264.96(15:00)

前日比▼39.37 -3.02%


日経平均株価は昨日に続き大幅安で引けました

前日の大幅安の値ごろ感から買い先行で始まりました

寄付 16127.86(9:00)△42.42

高値 16163.03(9:05)△77.59

買い一巡後は、円高、原油安、欧州銀行株下落を
意識した売りが優勢となり、日本市場明日の休場も
意識した処分売りも加わり下げ幅を拡大
下げ幅は一時600円を超え、節目である15,500円水準を
割り込む場面がありました

安値 15429.99(13:51)▼655.45

売り一巡後は下げ幅を縮小し下ヒゲを残した形になりましたが
日経平均株価は昨日に続き大幅安で2日続落して引けました

大引 15713.39(15:15)▼372.05


ドイツ銀行ショックが加わり、欧州の銀行株が大きく売り込まれ
メインプレーヤーの海外短期筋は、円買い、日本株売りを
加速させています。

円買い、日本株売り、原油先物売り,人民元売り

2/7(日)ブログの臨時更新を行った時点では、今週2番底をつけに行くと
考えたのですが、本日 日経平均株価1/21安値16017.26円を下回ったため
今回の2点底は1番底形成局面となりました。

中国が春節のため、今週は売り圧力の一つがなくなったと思っていましたが
その分を流動性の高い日本市場が海外短期筋の餌食になってしまいました。

ドイツ銀行ショックで欧州株は昨日も軒並み下落しましたが
ドイツDAX指数を始め、欧州主要株価の下落率よりも日本市場の下落率が
はるかに上回り、日本市場の下落が世界的に際立っています。

日経平均株価は2014年10月31日以来の16,000円割れ
様々な下値の節目も割り込み目先下値が読めない負のスパイラル状態に
なりましたが、様々な投資指標はもはや想定以上の異常値に到達しています。

日経平均EPS 2/9 1136.78円

2/9 東証1部PBR1倍割れ 953銘柄

日本 PBR 1.1倍

米国 PBR 1.79倍

ドイツ PBR 1.49倍

PBRは、一株当たり純資産(企業の解散価値)が何倍まで買われているかという
重要な投資尺度です。
1.0倍ということは、実質解散価値水準ということですが、東証1部上場1943銘柄中
2/9 東証1部PBR1倍割れ 953銘柄 過半数の銘柄が実質解散価値水準以下に
売り込まれていることになります。

売り方(海外短期筋)の思惑
現在の売り方(海外短期筋)のポジションは円買い日本株売りです。
日銀マイナス金利導入も彼らの動きを封じ込めることはできず
円相場は対ドルで115円の壁をあっさりと突破してしまいました。
アベノミクス攻防ラインは1ドル115円、日経平均株価16,000円と考えると
昨日と本日で攻防ラインは突破されてしまったことになります。
節目がなくなったため次は1ドル110円の声も出始めてきました。
多くの市場関係者は、今後の予想をしていますが
肝心要は、110円になるかどうかの予想ではありません。
輸出企業は直近の急速な円高を背景に為替の想定レンジを決めなければ
今後2017/3期に向けての企業収益計画、市場に向けての企業収益予想を
算出できません。
これだけのボラティリティーが高いため、2017/3期の想定為替レート
企業収益予想が出そろうまではかなりの時間がかかります。
大多数の予想値が出そろうのは、5月ごろになります。
今後売られすぎの株価は、春にかけて戻りを試す場面が来るでしょう。
しかし、不安定な為替水準が続く限り、業績の下振れリスクが常につきまとうため
企業収益予想が正確に出そろう5月ごろまでは、メインプレーヤーの海外短期筋を
中心とする売り方の手の内から大きく抜け出すのは難しそうです。

今後は短期的に戻りを試す場面になりそうです。
その場合の注意点は2/1高値17905.37円を上回るエネルギーがあるかどうかです。
2/1高値17905.37円を上回ることが出来なければ、昨年の様な3点底形成の
可能性が残ります。

日経平均株価
1/21安値16017.26円
2/10安値15429.99円

明日は祭日のため日本市場は休場
上記2点底の時点で大きく底割れせず、下値が堅い銘柄が一つの投資対象候補になります。
その他、為替、金利、商品市況の影響を受けにくい銘柄
成長性の持続できそうな銘柄、増収増益好業績銘柄今後の注目になります。


日本市場は緊急時のため、明日祭日も臨時更新いたします。
本日時間の関係で書けなかったことや今晩算出する指数表結果も含め
続きは明日とさせていただきます。
2/11(木)夕方~遅くても20:00までに更新します。


研究銘柄4
3402東レ 
2/8安値930.1円
2015年4月~12月期 純利益761億円 前年同期比22%増
ユニクロ向け、航空機向け需要好調


2/5研究銘柄1 インサイダー発覚強制調査 研究銘柄から除外
3038神戸物産 1/21安値2552円
インサイダー発覚、

2/5研究銘柄2 神戸物産業務用スーパーを展開 研究銘柄から除外
7508G-7ホールデング 1/21安値1333円
(オートバックスと業務用スーパーを展開)

2/5研究銘柄3
8002丸紅 1/21安値514.6円


当面見送りが妥当の業種
電機、機械、を中心に輸出産業 製造業 
銀行保険のマイナス金利デメリット銘柄(特に地銀株は要注意)
資源関連、商社、プラント関連銘柄(8002丸紅は現在注目2/5)
鉄鋼非鉄金属
造船海運
(メガバンクは異常値に到達後底割れ)

次回は、2/11(木)夕方~遅くても20:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/894-7c0935f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1231)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR