2017-10

円高の行方と春節明けの上海市場

2月11日(木祝)16:10
日本市場休場

2月10日(水)大引
日経平均株価

16127.86(9:00)

16163.03(9:05)

15429.99(13:51)

15713.39(15:15)

前日比▼372.05 -2.31%

TOPIX

1305.87(9:00)

1309.22(9:05)

1246.57(13:51)

1264.96(15:00)

前日比▼39.37 -3.02%


値上がり銘柄数 131


値下がり銘柄数 1780


新高値銘柄数 1


新安値銘柄数 681


騰落レシオ25D 59.5


日経平均25D乖離率 -8.09


TOPIX25D乖離率 -9.25


日経平均株価は昨日に続き大幅安で引けました

前日の大幅安の値ごろ感から買い先行で始まりました

寄付 16127.86(9:00)△42.42

高値 16163.03(9:05)△77.59

買い一巡後は、円高、原油安、欧州銀行株下落を
意識した売りが優勢となり、日本市場明日の休場も
意識した処分売りも加わり下げ幅を拡大
下げ幅は一時600円を超え、節目である15,500円水準を
割り込む場面がありました

安値 15429.99(13:51)▼655.45

売り一巡後は下げ幅を縮小し下ヒゲを残した形になりましたが
日経平均株価は昨日に続き大幅安で2日続落して引けました

大引 15713.39(15:15)▼372.05


一夜明けた2/11(木)は日本市場は休場ですが
その間に為替の円高が大きく動いています。
米国追加利上げが減速する見通しからドル売り円買いの動きが加速
1ドル=112円台に推移しています。

明日2月12日(金)に457社の15/10-12期決算発表があり
ようやく決算発表の峠を超えます。
様々な外部要因で世界同時株安が進行しておりますが
世界的な流動性を誇る日本市場は、その中でも最も
売りの標的にされやすい世界のコアマーケットです。

世界でも突出した日本株暴落の売り材料は、外部要因を除くと
日本独自の要因は、15/10-12期決算で主要企業の下方修正が多く
日々のEPSの低下が、底が読めない下げの要因になっいます。
その日本独自の売り要因も今週末でほぼ出そろい、日々下がっていく
日経平均EPSがひとまず下げ止まれば、長くて暗いトンネルの
出口の光が見えてくるでしょう。

残る問題は、昨日の大引け後に急速に進んだ円高の行方です。
直近の相場の背景には、メインプレーヤーの海外短期筋の
円買い、日本株売りがあります。

黒田ラインと言われる想定レート
日経平均株価 16,000円水準
ドル円相場 115円水準

日経平均株価、ドル円相場ともに黒田ラインと言われる想定レートを
突破してきました。
市場では110円を目指す動きという見方が出ていますが
これも近代相場ですので、行き過ぎ、オーバーシュートは否めません。


日柄と値幅

いつの時代にも相場は、値幅と日柄が大きく関係してきます。
上昇トレンド中も下降トレンド中も中段もち合いの時も
高値圏、底値圏の時も日柄が大きく関係しています。

現在の市場は、メインプレーヤーのファンドの売買が大勢を占めています。
ファンドと言っても様々で、投機色の強い短期筋から長期運用を目的とした
ファンドまで様々です。
ファンドを運用する運用担当者は、一時的に現金ポジションを高めたり
ヘッジ売りやロスカット、銘柄の入れ替えをしたりはしますが
休むこと、じっくり様子を見ることは許されません。
長い間何もしなかったら当然のことながらクビになります。

個人投資家の最大の武器は、休むこと、じっくり様子を見ることができることです。
個人投資家は、信用取引や目いっぱいの無理な運用さえしなければ
休むこともじっくり様子を見ることもでき、相場で最も重要な日柄(時間軸)を
有効に使うことができます。

巨億の資産がある個人投資家でしたら1/21日経平均株価安値16017.26円から
主要銘柄を底打ちになるまで買い続ければ負けることはないでしょう。
しかし一般の個人投資家は資金的にもそれは難しく、分かっていてもできません。

日経平均株価2/10終値 15713.39円 ▼372.05
日経平均株価2/10安値 15429.99円 ▼655.45
日経平均25D乖離率 -8.09%

TOPIX2/10終値 1264.96 ▼39.37
TOPIX25D乖離率 -9.25%

日経平均EPS 1136.78円

日経平均PERのボトム

2016/1/21 13.32倍

2015/9/29 13.37倍

2014/10/17 13.98倍

2014/5/19 13.46倍

2014/2/4 14.03倍

2013/6/13 14.02倍

日経平均EPS 2/9 1136.78円

2/9 東証1部PBR1倍割れ 953銘柄

日本 PBR 1.1倍

米国 PBR 1.79倍

ドイツ PBR 1.49倍

日経平均株価現在2点底形成中
① 1/21安値16017.26円
② 2/10安値15429.99円

日経平均株価が、2/10安値15429.99円で底打ちになるかどうかは
為替の円高の行方が大きく影響してきます。

本日急速に進んだ円高を背景にもう一段下を試す動きも覚悟したうえで
今後の想定値を考えてみます。

2/11現在想定値

日経平均EPS 1136.78円×13.3倍=15119円

①2点底 2/10安値15429.99円を下回った場合の下値想定値
 日経平均株価15119円まで下値を試す

②2/10安値15429.99円が2点底になり、売られすぎの反動から短期的に
 切り返しに転じ、 その後再び3点底を試す下げになる。
 その際の3点底のメドは日経平均株価15119円水準

本日の要点
日経平均株価は2点底を試す場面になり、かなりの異常値水準まで
売り込まれた銘柄の下値余地は限られてきた感があります。
残念ながら昨日大引け後~本日にかけての112円台の急速な円高が
相場の重しになることは否めません。

アベノミクス相場は、円安=株高でしたので、現在の円高=株安は
為替水準が落ち着きませんと先の見通しが読めません。
2/10安値15429.99円は、日経平均EPS13.3倍 15119円水準に近くなり
間もなく切り返しを伺う時期も近そうです。

日経平均EPS 1136.78円×13.3倍=15119円

現時点での注意点は、円高水準の行方と春節明けの来週の中国市場の動向です。

ここまで相場がこじれてしまったため、個人投資家の最大の武器である
じっくりと様子を見てから、カメの如く下値を少しずつ丁寧に拾う策でよいと思います。
春の桜が咲く時期には次第に落ち着いてくることを長うばかりです。


研究銘柄4
3402東レ 
2/8安値930.1円
2015年4月~12月期 純利益761億円 前年同期比22%増
ユニクロ向け、航空機向け需要好調


2/5研究銘柄1 インサイダー発覚強制調査 研究銘柄から除外
3038神戸物産 1/21安値2552円
インサイダー発覚、

2/5研究銘柄2 神戸物産業務用スーパーを展開 研究銘柄から除外
7508G-7ホールデング 1/21安値1333円
(オートバックスと業務用スーパーを展開)

2/5研究銘柄3
8002丸紅 1/21安値514.6円


当面見送りが妥当の業種
(相場は異常値に到達、下記の業種も底が入れば切り返しに転じるでしょう)
電機、機械、を中心に輸出産業 製造業 
銀行保険のマイナス金利デメリット銘柄(特に地銀株は要注意)
資源関連、商社、プラント関連銘柄(8002丸紅は現在注目2/5)
鉄鋼非鉄金属
造船海運
(メガバンクは異常値に到達後底割れ)

注目セクター
為替、金利、商品市況の影響を受けにくい内需好業績銘柄
成長性の持続できそうな銘柄
増収増益好業績銘柄

建設、食品、原油安メリットのある化学の好業績銘柄
安定成長している外食銘柄

次回は、2/12(金)16:00までに更新します。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/895-c1f55f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1232)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR