2017-10

3日続伸ならず

2月17日(水)15:40

大引け

日経平均株価

16035.35(9:00)

16214.46(9:50)

15632.12(13:47)

15836.36(15:15)

前日比▼218.07 -1.36%

TOPIX

1294.34(9:00)

1311.15(9:51)

1265.48(13:47)

1282.40(15:00)

前日比▼14.61 -1.13%

日経平均株価は3日ぶりに反落

前日の連休明けの米国市場は上昇したものの
やや売り優勢で小安く始まりました

寄付 16035.35(9:00)▼19.08

本日も堅調なソフトバンクの株価が
日経平均株価をけん引し上げ幅を
切り上げました

高値 16214.46(9:50)△160.03

為替が円高方向に振れ
原油価格の乱高下も加わり
16,000円台を割り込み下げ幅を拡大

安値 15632.12(13:47)▼477.69

売り一巡後は下げ幅を縮小

大引 15836.36(15:15)▼218.07

日経平均株価は3日ぶりに反落して引けました


日経平均株価16,000円を維持していましたが、原油価格の乱高下
為替が円高方向に振れたことで再び海外短期筋の円買い日本株売り
の動きに市場は大きく下振れしました。
大引けにかけては下げ幅を縮小しましたが、ボラティリティーの
高い相場は続いています。

サウジ、ロシア、ベネズエラ、カタールの4カ国
1月の水準で原油増産を凍結
他の産油国も賛同する条件付きのためイランなどが動意に従うか不透明

中国政府系ファンドの市場から適時撤退のできる制度のニュースを
ロイター通信が報じたため、一部大型株にプログラム売りが入りました。

日経平均株価は16,000円 ドル円相場115円から下方向に振れました。
先週までのような混乱には至りませんでしたので、市場は徐々に
落ち着いてきています。
しかし、まだしばらくメインプレーヤーの海外短期筋のプログラム売買に
市場は引きずられそうです。
市場はかなり打たれ強くなりましたので、ジタバタせずに様子を見ていきます。



私が株式投資を本格的に始めたのは、1974年11月 高校1年の時ですが
オイルショック後ということもあり父から借りた200万円を元手に
順調に資産が増えました。
大学入学後の19歳の時に証券会社で大物投資家を紹介され、
私より12歳ぐらい年上の大物投資家S氏は、昭和52年ごろ当時の
数十億円規模で売買していました。
S氏が100万株単位で買うと当時の証券会社の店頭で流れている市況で
00証券OO銘柄に100万株の買いと放送が流れるほどの手口としてあらわれる
憧れの投資家でした。
S氏も大学生の私に目をかけてくださり、様々な情報を教えてくれました。
そのため面白いように儲かったのですが、数年後大物相場師K氏が逮捕され
関連銘柄は大暴落に見舞われS氏も致命的な損害を出しこの世界から
姿を消してしまいました。
この時期に父を亡くし、精神的、資金的に目いっぱい投資をしていた私はこの時
初めての挫折をしました。

私も亡き父同様に現在まで波乱万丈の人生を歩んでいます。
様々な大暴落に見舞われ、そのたびに何とか這い上がってきました。
昨年の今頃、アベノミクス相場は年金の介入もあり上昇トレンドが
あまりに長く続くため、従来の底値買いの他にリスクを取っての
運用を組み入れました。
従来の基本の枠を超えてのリスクを取っての運用は、今回の大暴落で
評価損を抱える結果になりました。
ただ昔とは違い、資金的余裕と精神的余裕の枠を超えない投資ですので
過去の様な大きな痛手にはなりませんでした。
やはり、本業回帰で「株式投資勝利の法則」の基本に戻ることが
今回の大暴落を乗り切る最善策と改めて思いました。
バカの一つ覚えの良い銘柄の底値買いだけで、他のことはやらないことと
あまりジタバタしないことが最善策であると改めて思いました。
人生死ぬまで勉強といいますが、失策を謙虚に受け止め本業回帰で行きます。


次第に落ち着きを見せた市場ですが、本日も大きく荒れてきました。
メインプレーヤーの海外短期筋が、隙をついて円買い日本株売りを
再び仕掛けてきました。

先週末は、強烈な下げ相場で2/12安値14865.77円2点底を形成。
今見ているのは、日経平均株価の想定レンジです。

日経225PERの
レンジ上限15.57倍~15.73倍
レンジ下限12.97倍~13.32倍

2/15時点で14.05倍(本日の下落で14倍割れ)
この水準は底値圏の範囲に位置しています。
短期投資家ではないため突込みがあれば買いますが
日々の乱高下には振り回されないようにしています。
ここまでボラティリティーが高い市場と化した東京マーケットは
海外短期筋の支配下にありますが、2/12安値14865.77円は
日経225PERレンジ下限12.97倍(異常値)に位置しており
ここから本格的に売り仕掛けするのにもやや無理があります。

明日以降も海外短期筋のプログラム売買に翻弄されず
この激動の時代、道を切り開いていきます。



次回は2/18(木)20:00~21:00頃更新いたします。

1/21 「指数表」買いサイン
2/12 「指数表」買いサイン

2/12安値14865.77円(2点底)が暫定一番底
日経平均株価16,000円水準 ドル円相場115円水準は重要な分岐点
下に振れれば売り方優勢、上に振れれば売り方劣勢

◎2月~3月にかけて株価上昇の注目点

2/26開催のG20での世界株安への協調
日米欧の金融政策決定会合

①ドル円相場が115円水準の円安方向に振れること
②原油価格の底固め
③中国人民元と中国株の底固め
④欧米市場の安定

2/15更新
2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍
2/15日経平均EPS1140.40円

EPS1140.40円×15.57倍=17756.03
EPS1140.40円×15.73倍=17938.49
EPS1140.40円×12.97倍=14790.99
EPS1140.40円×13.32倍=15190.13

◎日経平均株価想定レンジ
レンジ上限値 17756.03円~17938.49円
レンジ下限値 14790.99円~15190.13円

ドル円相場110円水準になった場合
2017/3期 最悪の場合10%減益とすると
1140.40×0.9=1026.36(2017/3減益想定EPS)
1026.36×12.97=13311.89
1026.36×15.73=16144.64

(為替水準、中国経済次第で4月以降に底割れの可能性あり)
◎年後半の最悪期の日経平均想定レンジ
レンジ上限値 16144.64円
レンジ下限値 13311.89円

以上2/15時点算出値

2016年末の日経平均株価見通しの下方修正値

野村証券 22500円~23500円を 19000円~22000円に修正

大和証券 21240円を 17780円に修正

ゴールドマンサックス 22700円を 20,000円に修正

UBS 23500円を 19500円~21000円に修正

ドル円相場

三菱UFJモルガンスタンレー 121円~134円を 104円~117円に修正


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

ほっとしています。

工藤様、いつもブログの更新ありがとうございます!
お身体お障りありませんでしたか?私も心痛に耐え忍ぶ日々でした(>_<)
お察しいたします・・・そして、信念を貫くお姿に感動です!
批判をするという事は、自分は学び取る事の出来ない人間だという事を宣言している様なもの・・・という事に早く気が付いて欲しいと、願ってやみません。
工藤様の下に学ばせていただいてる読者の一人として、これからは、礼節をわきまえ、建設的な考え方のする人達だけに包まれるようなブログになることを、切に祈っています。
おかげ様で今の時点で、「桜の咲くころには・・・」の意味がわかります。
評価損もいっぱい抱えていますが、何とかなります!心は穏やかです!(^^)!
お身体お大切にお過ごしくださいませ。

株式は勝ち続ける人が勝者というか偉いというか、先生は長年相場で実績を残されてる以上何も心配される必要はないんではないでしょうか?
最近ではBPS水準付近なので自社株買いの発表も多く見られる気がします
緩和・マイナス金利状況ではありますが、減益予想だとPER12水準でも割高な気がしますが・・・
過去と照らし合わせるとどういった水準で推移するんでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ネバーギブアップ

いつも有難うございます。
昨日の記事を拝見して、日経平均の今後は決して明るくなく、現在の塩漬け株も長期保有になるだろうと思われました。
私も含め投資資金の大半を投入済みの人は、もはや逃げ場もない訳ですが、戻してきたときにコツコツ損を確定させ、少しづつ現金力を高め、次のチャンスに勝負できるよう、トカゲがしっぽを切って本体を守り生き延びるよう、ネバーギブアップの精神で臨んでいきたいと思います。
今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。

今後の見通し

いつもお世話になっております。
月曜日には、不安で買うことは、出来ませんでした。 まだ、買い場は、有りますでしょうか?
本日、臨時のメールを頂けるとの事、心待ちにしております。
宜しくお願い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/899-f501dc4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1231)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR