2017-09

見えざる力

2月22日(月)15:40

大引け

日経平均株価

15851.39(9:00)

16187.40(10:16)

15816.83(9:06)

16111.05(15:15)

前日比△143.88 +0.90%

TOPIX

1281.74(9:00)

1304.94(10:16)

1278.61(9:05)

1300.00(15:00)

前日比△8.15 +0.63%


日経平均株価は反発

円相場が1ドル112円台半ば水準まで円高が進行
輸出関連銘柄中心に売り先行で始まりました

寄付 15851.39(9:00)▼115.78

安値 15816.83(9:06)▼150.34

円相場が円高方向からやや円安に振れたため
日経平均株価は切り返しに転じプラス圏に浮上
一時220円を超える上げ幅まで上昇

高値 16187.40(10:16)△220.23

買い一巡後は上げ幅を縮小しましたが
底堅い動きに終始し日経平均株価は反発して
引けました

大引 16111.05(15:15)△143.88


◎見えざる力
日本市場は2/12に底入れとなりました。
日経平均株価2/12安値 14865.77円
TOPIX2/12安値 1193.85

1/21 「指数表」買いサイン
2/12 「指数表」買いサイン

その後も連日のボラティリティーの高さは、先進国主要市場で最大になっています。
日本市場のメインプレーヤーが、海外短期筋のため仕方ないことですが
彼らも2/12安値水準は異常値と考えているはずです。(日経平均PER12.97倍)
彼らはビジネスですので、これ以上売りでは儲からず、買いの方が優勢となれば
いつでもどてん買い越しに転じます。

2015年9/29安値16901.49円の時も底入れから12/1高値20012.40円の上昇時も
買いのメインプレーヤーは海外短期筋でした。
9/29安値16901.49円~12/1高値20012.40円

日経平均株価16,000円
TOPIX1300
この水準を大きく割り込むと見えざる力(買い優勢)が発生します。
しかし、16,300円を超えた水準が目先の難関です。
日経平均株価2/16高値16341.56円
日経平均株価2/18高値16337.59円

海外の不安材料もひとまず落ち着き今週末はG20です。
海外短期筋を中心とした売り勢力もここから大きく売り込むには無理が出てきました。
16300円台の上値の壁を今週抜いてくるかが目先の注目点です。

マイナス金利デメリットの銀行株、円高デメリットの輸出関連銘柄は軟調ですが
内需好業績を買う動きがみられます。
大暴落の後遺症もあり、すぐに全面高の回復にはなりませんが
日本市場を売り込む力は次第に弱くなっています。

今年は選挙の年です。
安倍総理がこのままの状態で7月の総選挙に臨むとは考えられず
日経平均株価16,000円水準では2016/3のGPIFの評価損は膨大な額になります。

日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
今年度末の日経平均株価が
レンジ上限値 17885.57円~18069.37円
このくらいに到達できなければ、GPIFの評価損は選挙の足を
大きく引っ張ることになります。

市場には様々な見えざる力が働いていますが
春にかけての見えざる力に期待したいところです。



次回は2/23(火)20:00~21:00頃更新いたします。

1/21 「指数表」買いサイン
2/12 「指数表」買いサイン

2/12安値14865.77円(2点底)が暫定一番底
日経平均株価16,000円水準 ドル円相場115円水準は重要な分岐点
下に振れれば売り方優勢、上に振れれば売り方劣勢

◎2月~3月にかけて株価上昇の注目点

2/26開催のG20での世界株安への協調
日米欧の金融政策決定会合

①ドル円相場が115円水準の円安方向に振れること
②原油価格の底固め
③中国人民元と中国株の底固め
④欧米市場の安定

2/19更新 日経平均EPS1148.72円
日経225PER13.90倍
15967.17÷13.90=1148.72

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍
2/19日経平均EPS1148.72円

EPS1148.72円×15.57倍=17885.57
EPS1148.72円×15.73倍=18069.37
EPS1148.72円×12.97倍=14898.90
EPS1148.72円×13.32倍=15300.95

◎日経平均株価想定レンジ(2016/4末ごろまで)
レンジ上限値 17885.57円~18069.37円
レンジ下限値 14898.90円~15300.95円

ドル円相場110円水準になった場合
2017/3期 最悪の場合10%減益とすると
1148.72×0.9=1033.85(2017/3 -10%減益想定EPS)
1033.85×12.97=13409.03
1033.85×15.73=16262.46

(為替水準、中国経済次第で4月以降に底割れの可能性あり)
◎年後半の最悪期の日経平均想定レンジ
レンジ上限値 16262.46円
レンジ下限値 13409.03円

以上2/15時点算出値

2016年末の日経平均株価見通しの下方修正値(2/17日経)

野村証券 22500円~23500円を 19000円~22000円に修正

大和証券 21240円を 17780円に修正

ゴールドマンサックス 22700円を 20,000円に修正

UBS 23500円を 19500円~21000円に修正

ドル円相場(2/17日経)

三菱UFJモルガンスタンレー 121円~134円を 104円~117円に修正


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/902-ba500299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1212)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR