2017-05

円高が日本株上昇のブレーキに

2月23日(火)20:30

大引け

日経平均株価

16230.38(9:00)

16350.38(9:24)

16001.19(13:07)

16052.05(15:15)

前日比▼59.00 -0.37%

TOPIX

1309.01(9:00)

1316.05(9:23)

1289.22(13:07)

1291.17(15:00)

前日比▼8.83 -0.68%


値上がり銘柄数 442


値下がり銘柄数 1415


新高値銘柄数 8


新安値銘柄数 31


騰落レシオ25D 81.1


日経平均25D乖離率 -3.22


TOPIX25D乖離率 -4.14


日経平均株価は小幅反落

前日の米国株高、原油価格堅調の流れを受けて
買い先行で始まりました

寄付 16230.38(9:00)△119.33

高値 16350.38(9:24)△239.33

買い一巡後は円の独歩高が重しになり
マイナス圏に転落し、再び16,000円水準の
攻防になりました

安値 16001.19(13:07)▼109.86

大引 16052.05(15:15)▼59.00

日経平均株価は小幅反落して引けました


中国景気減速不安、原油価格、資源価格暴落、欧州金融機関経営不安などの
不安材料を背景に世界同時株安が広がりましたが、春節明けの中国市場は底堅く推移し
原油価格は主要産油国による増産凍結見通しからひとまず底割れ回避、ドイツ銀行はじめ
欧州の金融機関の株価底打ちから切り返しの動き等、不安材料の一巡感から
米国をはじめとする主要先進国の株価が戻りを試す相場展開になっています。
通常ですと円安方向に向かう流れも、イギリスのEU離脱観測から
再び円の独歩高になり、日本株の戻りも上値が重くなっています。
円高ユーロ安 円高ドル安

円高=日本株売り
円安=日本株買い

16,300円を超えた水準が目先の難関
日経平均株価2/16高値16341.56円
日経平均株価2/18高値16337.59円
日経平均株価2/23高値16350.38円


◎3月にかけての方針

日経平均株価は、2/12安値14865.77円を底に16,000円水準の攻防になっています。

2/16以降 押し目買いの水準
日経平均株価2/16安値15809.58円
日経平均株価2/17安値15632.12円
日経平均株価2/19安値15799.35円
日経平均株価2/22安値15816.83円

16,000円を大きく割り込んだ時に少しずつ買い春にかけての上昇を待つ。
次の決算発表は4月下旬以降ですので、それまでにどのくらいの水準まで戻るか
現時点ではわかりませんが、外部要因の落ち着きから日本株を再び15,000円水準まで
売り込むことは難しい局面です。

目先買いを控えたい業種
銀行、保険、輸出産業(電機、機械、自動車)
産油国ファンド保有の輸出型コア銘柄、国際優良銘柄
マイナス金利デメリット銘柄

押し目を狙いたい業種
資源価格下げ止まりから売られすぎた資源関連銘柄の一部
内需型好業績銘柄
為替、原油価格、中国経済減速の影響を受けない銘柄
原油安メリット銘柄
マイナス金利メリット銘柄

2/16以降の日経平均株価は、16,000円を挟んだ値動きになっています。
押し目買いを入れる一つの目安は15,800円水準と考えます。

3月の米国シェール企業の「3月危機」も原油安の根底に潜んでいますので
3月シェール企業大量倒産から金融機関への影響を取りざたした投機筋による
売り仕掛けも頭の片隅に入れておかなければいけません。

買うのは、大きく下げた時に、少しずつ、カメの如く行い
資金的余裕と精神的余裕は温存するという
底値付近でも一気に買えない難しい相場です。

原油市場も為替市場も株式市場も国際投機筋のマネーの動きで
大きく上下に振れます。

為替の動向、米国株式市場の動向、原油価格の動向が複雑に入り組み
日本株の動きに大きく影響してくるのは仕方ありません。

今週末のG20閉幕後にメインプレーヤーの海外短期筋が
円相場と日本株のポジションをどのように変更するかが
3月相場を占う重要なカギになります。

日経平均株価14865.77円 日経平均PER12.97倍が
底値の分厚い岩盤になっていますので突込みがあれば買うつもりです。




次回は2/24(水)16:00頃更新いたします。

1/21 「指数表」買いサイン
2/12 「指数表」買いサイン

2/12安値14865.77円(2点底)が暫定一番底
日経平均株価16,000円水準 ドル円相場115円水準は重要な分岐点
(長期的に115円を大きく下回ると為替差損発生)
下に振れれば売り方優勢、上に振れれば売り方劣勢

日経平均株価2/12安値14865.77円(暫定1番底 大底)
現在の短期的レンジ2/17安値15632.12円~2/23高値16350.38円

16,300円を超えた水準が目先の難関です。
日経平均株価2/16高値16341.56円
日経平均株価2/18高値16337.59円
日経平均株価2/23高値16350.38円

2/16以降 押し目買いの水準
日経平均株価2/16安値15809.58円
日経平均株価2/17安値15632.12円
日経平均株価2/19安値15799.35円
日経平均株価2/22安値15816.83円

◎2月~3月にかけて株価上昇の注目点

2/26~2/27開催のG20での世界株安への協調
3月の日米欧の金融政策決定会合

①ドル円相場が115円水準の円安方向に振れること
②原油価格の底固めと安定
③中国人民元と中国株の底固めと安定
④欧米市場の安定

◎3月以降の株価下落のの注意点

①3月の米国シェール企業金融不安
②4月下旬以降の日本企業16/3期決算発表

2/19更新 日経平均EPS1148.72円
日経225PER13.90倍
15967.17÷13.90=1148.72

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍
2/19日経平均EPS1148.72円

EPS1148.72円×15.57倍=17885.57
EPS1148.72円×15.73倍=18069.37
EPS1148.72円×12.97倍=14898.90
EPS1148.72円×13.32倍=15300.95

◎日経平均株価想定レンジ(2016/4末ごろまで)
レンジ上限値 17885.57円~18069.37円
レンジ下限値 14898.90円~15300.95円

ドル円相場110円水準になった場合
2017/3期 最悪の場合10%減益とすると
1148.72×0.9=1033.85(2017/3 -10%減益想定EPS)
1033.85×12.97=13409.03
1033.85×15.73=16262.46

(為替水準、中国経済次第で4月以降に底割れの可能性あり)
◎年後半の最悪期の日経平均想定レンジ
レンジ上限値 16262.46円
レンジ下限値 13409.03円

以上2/15時点算出値

2016年末の日経平均株価見通しの下方修正値(2/17日経)

野村証券 22500円~23500円を 19000円~22000円に修正

大和証券 21240円を 17780円に修正

ゴールドマンサックス 22700円を 20,000円に修正

UBS 23500円を 19500円~21000円に修正

ドル円相場(2/17日経)

三菱UFJモルガンスタンレー 121円~134円を 104円~117円に修正


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/903-d71a171c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1111)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR