2017-05

政策期待、欧米株高、原油価格上昇

3月2日(水)15:30

大引け

日経平均株価

16391.48(9:00)

16815.26(13:44)

16388.92(9:01)

16746.55(15:15)

前日比△661.04 +4.11%

TOPIX

1325.53(9:00)

1354.67(13:44)

1325.06(9:01)

1349.61(15:00)

前日比△48.78 +3.75%

日経平均株価は大幅高で2日続伸

前日の欧米株大幅高、為替が円安方向に
大きく動いたことから、買い先行で始まりました

寄付 16391.48(9:00)△305.97

安値 16388.92(9:01)△303.41

日経平均株価は高寄り後、25日移動平均線を2/1、2/2 以来
1カ月ぶりに回復、後場も堅調に推移し上げ幅を拡大し
高値圏を維持したまま大幅高で2日続伸仕手引けました

高値 16815.26(13:44)△729.75

大引 16746.55(15:15)△661.04

世界経済のけん引役の米国経済は、2月まで成長鈍化が危惧されていましたが
2月の米国ISM製造業景況感指数が予想値を上回り、1月の建設支出も堅調に推移
米国景気先行き不透明感も改善方向に向かいました。
欧州株、アジア株も落ち着き戻りを試す場面になり、底の見えなかった原油先物価格も
底固めから戻り基調になり、日本株を大きく売り崩す勢いも低下していただけに
本日の買戻しによる大幅高は、直近の16,000円水準を挟んだ閉塞感のある値動きから
大きく上放れました。

2/16~直近までの日経平均株価の推移

2/16 15849.47 16341.56 15809.58 16054.43 △ 31.85  上下幅468.02円
2/17 16035.35 16214.46 15632.12 15836.36 ▼218.07  上下幅582.34円
2/18 16138.08 16337.59 16118.80 16196.80 △360.44 上下幅218.79円
2/19 16050.40 16050.46 15799.35 15967.17 ▼229.63 上下幅251.11円

2/22 15851.39 16187.40 15816.83 16111.05 △143.88 上下幅370.57円
2/23 16230.38 16350.38 16001.19 16052.05 ▼ 59.55  上下幅349.19円
2/24 15851.13 16005.45 15753.77 15915.79 ▼136.26 上下幅251.68円
2/25 15983.47 16218.29 15953.93 16140.34 △224.55 上下幅264.36円
2/26 16311.52 16472.50 16188.41 16488.41 △ 48.07  上下幅284.09円

2/29 16313.31 16464.75 16026.76 16026.76 ▼161.65  上下幅437.99円
3/1  16013.00 16099.42 15857.37 16085.51 △58.75  上下幅242.05円
3/2  16391.48 16815.25 16388.92 16746.55 △661.04  上下幅426.33円

2/16以降16,400円水準が目先の難関を3/2に突破
日経平均株価2/16高値16341.56円
日経平均株価2/18高値16337.59円
日経平均株価2/23高値16350.38円
日経平均株価2/26高値16472.50円
日経平均株価2/29高値16464.75円
日経平均株価3/2 高値16815.25円

2/16以降 押し目買い目安の水準
日経平均株価2/16安値15809.58円
日経平均株価2/17安値15632.12円
日経平均株価2/19安値15799.35円
日経平均株価2/22安値15816.83円
日経平均株価2/24安値15753.77円

2/16(火)~直近までのレンジ3/2に突破
安値2/17L 15632.12円
高値2/26H 16472.50円
上下幅 840.38円

3/2高値16815.25円

日経平均株価は、2/1、2/2以来の25日移動平均線を回復
外部環境の落ち着きと、日経平均株価がこの水準をしばらく
維持することができれば、買戻しの動きがさらに加速する
相場展開が期待できます。
年初から大きく売りたたいていた海外短期筋も、世界的な相場好転で
売り方有利の状況が、次第に売り方不利の状況に変化してきました。

私独自の「指数表」では相場が完全に好転すると
追撃買いサイン①
追撃買いサイン②
が出ます。

前回の追撃買いサインは
2015/10/21 追撃買いサイン①
2015/10/26 追撃買いサイン②

現時点では追撃買い想定値は17,000円越えですのでもう少し後になりますが
明日以降の売り方の買戻し次第では、「谷深ければ山高し」の相場つきになる
可能性を秘めています。

中長期の問題点
世界経済は現在構造的な低成長期に入っています。
金融政策を打ち出しても以前のような大きな効果は望めません。
生産過剰の中国の根本的な改善は進んでおらず、新興国経済も以前のような
勢いはなくなました。
現在の世界同時株高は異常値まで売りたたかれた反動高の範囲です。
先進国で最も大きく売りたたかれた日本市場は、戻りの場面では
買戻しで踏みあげられる場面が期待できます。

EPS1150.52円×15.57倍=17913.60
EPS1150.52円×15.73倍=18097.68

2/29日経225PER13.93倍
16026.76÷13.93=1150.52

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍
2/29日経平均EPS1150.52円

EPS1150.52円×15.57倍=17913.60
EPS1150.52円×15.73倍=18097.68
EPS1150.52円×12.97倍=14922.24
EPS1150.52円×13.32倍=15324.93

◎日経平均株価想定レンジ(2016/4末ごろまで)
レンジ上限値 17913.60円~18097.88円
レンジ下限値 14922.24円~15324.93円

経済政策期待、欧米株高、原油価格上昇
長いトンネルの出口の光が見えてきたような反発でした。
明日、今年初の3日続伸になるかどうかが見ものです。




次回は3/3(木)20:00~21:00頃更新いたします。

1/21 「指数表」買いサイン
2/12 「指数表」買いサイン

2/12安値14865.77円(2点底)が暫定一番底
日経平均株価16,000円水準 ドル円相場115円水準は重要な分岐点
(長期的に115円を大きく下回ると輸出企業に為替差損発生)
下に振れれば売り方優勢、上に振れれば売り方劣勢
輸出企業の今期下期の為替レート117円~120円が多く
平均的には118円と試算されています。

日経平均株価2/12安値14865.77円(暫定1番底 大底)
現在の短期的レンジ2/17安値15632.12円~2/26高値16472.50円

2/16以降16,400円水準が目先の難関
日経平均株価2/16高値16341.56円
日経平均株価2/18高値16337.59円
日経平均株価2/23高値16350.38円
日経平均株価2/26高値16472.50円
日経平均株価2/29高値16464.75円

2/16以降 押し目買い目安の水準
日経平均株価2/16安値15809.58円
日経平均株価2/17安値15632.12円
日経平均株価2/19安値15799.35円
日経平均株価2/22安値15816.83円
日経平均株価2/24安値15753.77円

◎3月株価上昇の注目点

3月の日米欧の金融政策決定会合
3/5中国 全人代

①ドル円相場が115円水準の円安方向に振れること
②原油価格の底固めと安定
③中国人民元と中国株の底固めと安定
④欧米市場の安定

◎3月以降の株価下落のの注意点

①3月の米国シェール企業金融不安
②4月下旬以降の日本企業16/3期決算発表

2/19日経平均EPS1148.72円
2/24日経平均EPS1155.83円
2/26日経平均EPS1151.38円
2/29日経平均EPS1150.52円

2/29日経225PER13.93倍
16026.76÷13.93=1150.52

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍
2/29日経平均EPS1150.52円

EPS1150.52円×15.57倍=17913.60
EPS1150.52円×15.73倍=18097.68
EPS1150.52円×12.97倍=14922.24
EPS1150.52円×13.32倍=15324.93

◎日経平均株価想定レンジ(2016/4末ごろまで)
レンジ上限値 17913.60円~18097.88円
レンジ下限値 14922.24円~15324.93円

ドル円相場110円割れ水準になった場合
2017/3期 最悪の場合10%減益とすると
1150.52×0.9=1035.47(2017/3 -10%減益想定EPS)
1035.47×12.97=13430.05
1035.47×15.73=16287.94

(為替水準、中国経済次第で4月以降に底割れの可能性あり)
◎年後半の最悪期の日経平均想定レンジ
レンジ上限値 16287.94円
レンジ下限値 13430.95円

以上2/26時点算出値

2016年末の日経平均株価見通しの下方修正値(2/17日経)

野村証券 22500円~23500円を 19000円~22000円に修正

大和証券 21240円を 17780円に修正

ゴールドマンサックス 22700円を 20,000円に修正

UBS 23500円を 19500円~21000円に修正

ドル円相場(2/17日経)

三菱UFJモルガンスタンレー 121円~134円を 104円~117円に修正


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/909-b7bd5cf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1129)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR