2017-08

6月7月以降再び底値模索を想定

4月26日(火)20:50

大引け

日経平均株価

17356.56(9:00)

17426.02(10:16)

17200.50(12:35)

17353.28(15:15)

前日比▼86.02 -0.49%


TOPIX

1394.51(9:00)

1397.80(9:15)

1379.51(12:42)

1391.69(15:00)

前日比▼10.14 -0.72%


値上がり銘柄数 417


値下がり銘柄数 1424


新高値銘柄数 30


新安値銘柄数 10


騰落レシオ25D 98.7


日経平均25D乖離率 4.37


TOPIX25D乖離率 3.74



日経平均株価は2日続落


前日の欧米株安、原油価格軟調
円安一服を背景に売り先行で始まりました

寄付 17356.56(9:00)▼82.74

寄り後下げ渋る場面がありましたが
為替の円高から再び売り優勢の展開になり

高値 17426.02(10:16)▼13.28

米国FOMC,日銀金融政策決定会合の重要イベント
その直後にゴールデンウイーク入りという日程から
利益確定売りに押され下げ幅を拡大

安値 17200.50(12:35)▼238.80

売り一巡後は重要イベントを控え大きく売り崩す動きも
限定的になり大引けにかけて寄り付き水準まで戻りましたが
日経平均株価は2日続落して引けました

大引 17353.28(15:15)▼86.02


◎日経平均株価の上値余地を考える

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍

4/22(金)節目となるレンジ上限 11/19 15.73倍を大きく上放れました
日経平均株価終値 17572.49 △208.87
日経平均EPS1098.97円 日経225PER15.99倍
(昨年9月以降の日経225PERの上限値11/19 15.73倍)

2015年1月以降のレンジ上限値
4/29 18.19倍 3/25 17.55倍 8/10 16.64倍 6/1 16.63倍 

次の目標となる水準 6/1 16.63倍
日経225EPS1098.97円×6/1日経225PER16.63倍=18275.87

2016年3月期決算発表が本格化します。
円高を背景に輸出企業は今後の業績見通しが難しく
このような場合は控えめな業績見通しになる傾向があります。
現時点の日経平均EPS1100円割れ水準は大きく上振れすることは考えにくく
収益による先高観は乏しいため以下の水準が今後の高値水準と考えます。

日経平均株価4/25高値17613.56円
日経225PER16.63倍水準18275.87円

◎今後の相場を考える
重要イベントが目白押しです。
4/26 4/27 米国FOMC
4/27 4/28 日銀金融政策決定会合
4/28 日本企業16/3期決算発表 1次ピーク

最大の焦点は、4/27 4/28 日銀金融政策決定会合です。
その結果は4/28(木)昼の時間帯に分かりますが
今回の場合は先週の一連の報道で
「銀行に対する貸出金利にもマイナス金利適用」
ではなく、検討という内容で
「銀行に対する貸出金利にもマイナス金利適用を検討」
日銀金融政策決定会合直後は、GWを控え東京マーケットは
4/28(木)後場 
追加緩和有 △500円(内容次第)
追加緩和無し ▼500円
このあたりを想定

追加緩和がなければ売り込まれる場面があるでしょうが
次の重要イベントを控えているため下値水準は
16500円~17000円くらいを想定

5/18 1-3月期国内GDP速報値 
昨年10-12月期に続く2期連続マイナス成長(ここで消費増税凍結か?)
5月上旬~中旬には政策出動(必須)と消費増税凍結の思惑
5月26日 27日 伊勢志摩サミット 

5月までの上昇相場がうまくいっても
17613.56円~18275.87円
このくらいで天井になり、その後は夏~秋にかけて
下値を模索すると考えております。

今後1カ月以内の高値水準 17613.56円~18275.87円
その後夏~秋の底値水準 12815.53円~15542.66円
(為替水準と外部環境によっても上下します)

日経平均EPS低下を考慮すると13500円~14000円水準が
年後半の適正水準と考えます。


本日持ち株で短期的に上値余地の低い銘柄を寄付きで手仕舞いました。
今後も現金ポジションを高めていきます。

3091ブロンコビリー 買いコスト2242円 2985円売り
5802住友電工 買いコスト1396円 1409.5円売り
8306三菱UFJFG 買いコスト652円 560.1円ロスカット
8411みずほFG 買いコスト216.3円 180.3円ロスカット
4005住友化学 買いコスト513円 530円売り
8750第一生命 買いコスト1674円 1488.0円ロスカット
1570日経レバレッジ 買いコスト11352円 12260円売り
8601大和証券G 買いコスト667円 696.6円売り
8604野村証券 買いコスト543円 540.0円ロスカット
9020JR東日本 買いコスト9730円 10185円売り
6501日立 買いコスト471.5円 538.6円売り

底値圏の銘柄、上値余地がある銘柄はGW後に決断しますが
6月、7月相場はどう考えても弱いと考えますので
5月中に出来る限り買いポジションの整理を行います。

2016/9期 2017/3期 日本企業にとって決して楽観できない市場環境です。
アベノミクス相場 昨年夏に三尊天井形成
2015年
6/24高値20952.71円
7/21高値20850.00円
8/11高値20946.93円

6月 7月以降は再び試練の時になりそうです。
年後半にかけてもコア銘柄、大型株は弱いと考えます。
従来の大型株投資は一部を除き封印し、今後は海外短期筋の影響を受けにくい
時代に合った投資手法に改善改良していきます。


◎直近の人気銘柄を考える

直近の小型株新興銘柄相場もかなりの水準に達した感があり
ここからは注意が必要です。
新興銘柄は、ハイリスクハイリターンです。
上昇トレンドが続いているときは良いのですが、資金の逃げ足が速いため
下がりだすととことん売り込まれます。

マザーズ指数4/21高値1230.82 本日の大陰線は今後注意が必要です。

6034MRT 4/1高値5780円 4/21高値5700円 現在が正念場
GW後の早い時期に新値を取りにいかなければツートップ形成になる可能性。

4594グリーンペプ 4/21高値2229円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

6063EAJ 4/14高値3645円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

4586メドレックス 4/22高値1629円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

8732マネーパートナー 4/21下落注意サイン① 

4563アンジェス 4/20高値943円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

3195ジェネパス 4/15高値1338円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

6663太洋工業 4/22下落注意サイン① 4/26下落注意サイン②

3902メディカルDV 4/18高値3830円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。

4592サンバイオ 4/19高値2030円で天井形成 ここからは値ぼれ買いは危険。




4/26 4/27 米国FOMC

4/27 4/28 日銀金融政策決定会合

4/28 日本企業16/3期決算発表 1次ピーク

4月下旬~GW明け 16/3期決算発表(日経平均EPS低下は落ち着く)

5/18 1-3月期国内GDP速報値 
昨年10-12月期に続く2期連続マイナス成長(ここで消費増税凍結か?)
5月上旬~中旬には政策出動(必須)と消費増税凍結の思惑

5月26日 27日 伊勢志摩サミット 

6月23日 イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票

次回は4/27(水)16:00頃更新いたします。

2016年IMF世界経済見通し(4/12改定)
世界の成長率3.2%に減速

世界全体2016年3.2%▼0.2% 2017年3.5%▼0.1%
日本2016年0.5%▼0.5% 2017年ー0.1%▼0.4% 

米国2016年2.4%▼0.2% 2017年2.5%▼0.1%
ユーロ圏2016年1.5%▼0.2% 2017年1.6%▼0.1%
中国2016年6.5%△0.2% 2017年6.2%△0.2%
インド2016年7.5%±0 2017年7.5%±0
ロシア2016年ー1.8%▼0.8% 2017年0.8%▼0.2%
ブラジル2016年ー3.8%▼0.3% 2017年0.0%±0

日本2016年成長率アジア向け輸出減、個人消費停滞で0.5%予想
2017年は消費増税で個人消費低迷でー0.1% マイナス成長予測
消費増税実施の動向によって見通しは大きく変わります。
世界経済は伸び悩み、現在落ち着いている中国景気低迷
ギリシャを始めとする欧州不安も解消されたわけではありません。
年後半には、再び海外短期筋の標的になることを頭の片隅に
とどめて投資なさることをお勧めします。

企業の想定為替レート 117.46円 1.9%の減益(3月時点)
107円台突入は容認できない水準 対ユーロで121円台突入(4/18)

その後の2016年後半以降想定レンジ 
日経平均株価 14,000円~17,000円 ±1,000円

 
為替水準と外部要因で海外短期筋がどのような策を取るかで大きく変わってきます。

2/12日経平均EPS1152.86円日経225PER12.97倍
2/19日経平均EPS1148.72円日経225PER13.90倍
2/24日経平均EPS1155.83円日経225PER13.77倍
2/26日経平均EPS1151.38円日経225PER14.06倍
2/29日経平均EPS1150.52円日経225PER13.93倍
3/2 日経平均EPS1154.14円日経225PER14.51倍
3/4 日経平均EPS1151.20円日経225PER14.78倍
3/7 日経平均EPS1155.93円日経225PER14.63倍
3/11日経平均EPS1159.40円日経225PER14.61倍
3/16日経平均EPS1173.08円日経225PER14.47倍
3/18日経平均EPS1169.57円日経225PER14.30倍 
3/25日経平均EPS1131.25円日経225PER15.03倍 
4/1 日経平均EPS1119.40円日経225PER14.44倍
4/5 日経平均EPS1118.98円日経225PER14.06倍
4/8 日経平均EPS1104.85円日経225PER14.32倍
4/13日経平均EPS1103.86円日経225PER14.84倍
4/15日経平均EPS1103.86円日経225PER14.84倍
4/19日経平均EPS1097.88円日経225PER15.37倍
4/22日経平均EPS1098.97円日経225PER15.99倍

4/22日経225PER15.99倍
17572.49÷15.99=1098.97

2015年9月以降
日経225PER
レンジ上限 11/19 15.73倍  12/30 15.57倍
レンジ下限 1/21 13.32倍 2/12 12.97倍

4/22(金)節目となるレンジ上限 11/19 15.73倍を大きく上放れました
日経平均株価終値 17572.49 △208.87
日経平均EPS1098.97円 日経225PER15.99倍

昨年9月以降の日経225PERの上限値11/19 15.73倍を超えたため次の節目を考えてみます。
2015年1月以降のレンジ上限値
4/29 18.19倍 3/25 17.55倍 8/10 16.64倍 6/1 16.63倍 

日経225EPS1098.97円×6/1日経225PER16.63倍=18275.87

5月までの上昇相場がうまくいっても
17613.56円~18275.87円と考えます(4/26)


2016年末の日経平均株価見通しの下方修正値(2/17日経)

野村証券 22500円~23500円を 19000円~22000円に修正

大和証券 21240円を 17780円に修正

ゴールドマンサックス 22700円を 20,000円に修正

UBS 23500円を 19500円~21000円に修正

ドル円相場(2/17日経)

三菱UFJモルガンスタンレー 121円~134円を 104円~117円に修正


当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが、正確性、確実性を保証するものではありません。
当サイトのご利用により生じた損失につきましては一切その責を負いません。
投資のリスクはすべて自己責任で行ってください。
なぜならば、利益はすべてあなた自身のものだからです。
投資に100%は存在しません。
投資資金は、無理のない範囲で行うことが最重要です。

個人投資家の1人として「株式投資勝利の法則」を通じて1人でも多くの読者の皆様が
より良い成果を上げられますことをお祈り申し上げます。

「株式投資勝利の法則」
スポンサーサイト

コメント

毎日のブログ更新ありがとうございます。
夕べ経済番組で知ったのですが、7月にマザーズ先物取引が始まるとか。
このところのマザーズ上昇はそれに向けてヘッジファンドが買っているためだそう!で。
バイオが目立って上がっていましたが、先々怖いです。今までは個人の成長期待買いが多かったと思いますが。
マザーズまで怒涛の乱高下相場になりそうで東証も酷いことします。個人はひとたまりもないのでは?のんびり信用買いしてる場合じゃないです。

新しい会社が多いので、熟知した人が参加しているのでしょうけど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://1248kabu.blog.fc2.com/tb.php/947-a5a15a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1191)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR