2018-07

買戻し主導の上昇

7月6日(金)15:15

大引け

日経平均株価

21647.66(9:00)

21866.16(14:35)

21642.96(13:07)

21788.14(15:00)

前日比△241.15 +1.12%

TOPIX

1685.50(9:00)

1697.60(14:35)

1683.98(9:01)

1691.54(15:00)

前日比△15.34 +0.92%


週末7/6(金)日経平均株価は5日ぶりに大幅反発

休場明けとなった前日の米国株が上昇した
流れを受けて買い先行で始まりました

寄付 21647.66(9:00)△100.67

前場高値 21796.07(9:41)△249.08

前場安値 21645.75(9:00)△98.76

中国での一部製品販売差し止めの影響が
限られるとの見方を示した米国半導体大手
マイクロンテクノロジーが上昇し、東京市場も
半導体関連が買われました
買戻しがまんべんなく入り戻りを試す展開となり
前引けを迎えました

前引 21691.89(11:30)△144.90


後場は13時の米国の中国に対する制裁関税を発動待ちの
様子見となりました
13時トランプ米政権が中国に対する制裁関税を発動
これを受け、世界景気への悪影響を懸念した売りが出て
本日前場の安値を下回りましたが

安値 21642.96(13:07)△95.97

売り一巡後は急速に切り返しに転じ前場高値を上回りました
上海、香港市場が急速に切り返しに転じると
それに連動して日経平均も戻りを試す展開になりました

高値 21866.16(14:35)△319.17

日経平均株価は5日ぶりに大幅反発して引けました

大引 21788.14(15:00)△241.15


休場明けとなった前日の米国株が上昇
週初から前日までに日経平均は700円以上下落していたため
13時の米国の中国に対する制裁関税を発動待を目前に控え
売り方の買い戻しが入り買い先行で始まりました

トランプ米大統領は前日5日に、中国への制裁関税を
予定通り6日に発動すると伝わりましたが
第2弾の追加関税については言及がなかったため
貿易摩擦の激化に対する警戒感がやや後退。
いったん悪材料出尽くしとの見方から、鉄鋼株や自動車株
鉄鋼、非鉄金属といった景気敏感株に買戻しが入りました。

週初から日経平均先物に売りを出していたヘッジファンドが
買戻しを含め、ドテン買い越しに回ったとの見方もありました。

後場は13時の米国の中国に対する制裁関税を発動待ちの
様子見となりました
13時トランプ米政権が中国に対する制裁関税を発動
これを受け、世界景気への悪影響を懸念した売りが出て
先物主導で乱高下しました。
13時過ぎのわずか24分で乱高下したことになります
21642.96(13:07)△95.97
21893.42(13:31)△346.43
この間の値幅250.46円

その後、上海、香港市場が急速に切り返しに転じると
それに連動して日経平均も戻りを試す展開になりました。
いったん悪材料出尽くしとなり買戻しで株価は上昇しました。
来週以降も先物を売り続けていた海外短期筋の動向次第に
なりますが、これで米中の貿易摩擦が終わったわけではありません。

年後半の不透明要因は、払しょくされたわけではなく
7月、8月相場も警戒は怠らないようにします。
前回の米国発の暴落時には、3回の下値模索があり(3点底)
3/26には一気に底が抜けた経緯があります。

日経平均株価
2/14安値20950.15円
3/5安値20937.26円
3/26安値20347.49円(大底)

TOPIX
2/14安値1691.65 
3/5安値1687.29 
3/26安値1645.16(大底)

長期運用の海外投資家の現物売りが続いており、日本株現物買いの
見通しは立っていません。
7月、8月相場は、引き続き海外短期筋の先物主導で
日本株は動くことになります。

日本株が本格的に戻りを試すには、長期運用の海外投資家の現物買い
短期筋の先物売り、空売りの買戻しからドテン買い越しに
転じる必要があります。

来週は、日経平均株価22,000円まで戻れるかどうかが注目点です。
トランプ大統領が、起床してツイッターに書き込むとすると
日本時間本日の18時過ぎの夜間になります。

トランプ大統領と中国の出方次第でどのような展開になるか
全く分かりません。
何か動きがあれば真っ先に、先物主導で大きく動くことになります。



次回更新は、7/9(月)15:30 頃の予定です。

7/6 13時トランプ米政権が中国に対する制裁関税を発動

9/20 自民党総裁選挙

11/4 米国中間選挙

メインプレーヤーの長期運用の海外投資家は
9/20の自民党総裁選挙までは、日本株を大きく
買い越してくることはなさそうです。

年後半の不透明要因
1、米朝首脳会談の行方 6/12無事通過 今後の進展次第
2、欧州リスク
3、中東リスク
4、安倍政権リスク(アベノミクス終焉)
5、2019年3月期減益リスク
6、中間選挙を控えたトランプ発言リスク
7、米国発の貿易戦争懸念
8、米国の日本への自動車関税2.5%を10倍の25%(8月、9月警戒)
9、メキシコ新大統領リスク(米国との摩擦激化懸念)
7月にかけてのイタリアスペインリスク再燃
自動車、自動車部品関税25%8月9月のトランプ発言に要注意
9/20自民党総裁選挙(海外投資家は安倍総理の続投に懐疑的)
安倍総理以外の候補者は緊縮財政派のため、ショック安に警戒(外人売り)
11月米国中間選挙(ここまでは何を言い出すかわからない)
中国の景気減速懸念は日本企業の業績の重荷になりかねない

☆☆☆以下は6/27ブログ記事☆☆☆
日経平均は、75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっていますが、TOPIXは
下降トレンドに差し掛かっており、下値模索になっています。
TOPIX
6/14 25日移動平均の攻防 
6/18陰線 25日移動平均割れ
6/19大陰線で一気に重要な下値サポートである
75日移動平均、200日移動平均を割り込みました。
その後6/20には、長い下ヒゲを引き陽線、6/21十字線
75日移動平均、200日移動平均を回復できず、マイナス乖離が
続いています。

全体相場を表すTOPIXは、今後のトランプリスク次第では
ありますが、現状のままでは下値を探る可能性が高く
イメージとしては、2月、3月のチャートのように
1度ではなく2度、3度の下値トライになることを危惧しています。

トランプ大統領次第ですが、全体相場は弱含みが続きそうです。
今後も持ち株のロスカット、合わせ切り、を含め
現金ポジションを高める方針です。

7月、8月、場合によっては、11月の中間選挙直前まで
先行き不透明感が残ります。

米国景気拡大10年目の不安
2007年7月に始まった米国景気の拡大局面は間もなく
10年目になります。
現在の景気好調は続いていますが、輸入制限を課した
価格が急上昇するなど11月の中間選挙に向けて
トランプ政権が仕掛ける貿易戦争が、米国景気の
大きなリスク要因になりかねません。
☆☆☆以上6/27ブログ記事☆☆☆

先物シェア90% 現物シェア70%の海外投資家が
日本市場のメインプレーヤーです。
現在は、先物シェア90%の海外短期筋中心に
連日ドル円相場、海外市場の動向を受けて
機械的な売買の空中戦が、相場の流れを動かしています。
割高な水準の日経平均株価が、いつ売り崩されるか
不透明感があり、加えてトランプ大統領の発言に
振り回される日々が11月の中間選挙まで続きそうです。

新規買いは凍結し、現金ポジションを高めていく方針に変更ありません。

米国と各国の通商リスクを意識する投資家は多く
新規で買い持ち高を増やす動きはほとんどなく
海外短期筋の先物の機械的な売買による空中戦と日銀ETFの
買い支えが主体の異常な相場状況になっています。
ここから安値付近の銘柄を積極的に買う気にはなれないのが現状です。
NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
トランプリスクは今後も不透明です。
日経平均だけが、先物主導で上げ幅を広げているため
何かあった場合は、先物主導で大きく売り込まれる可能性が
あるということにもなります。
今後も現金ポジションを高めていく方針に変わりありません。
そして、年後半の暴落急落の場面まで様子を見るのが
現在の日本市場で個人投資家が生き残る唯一の策と考えます。
(6/21記)

NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
6/21 12.96倍
トランプリスクは今後も不透明です。
米中貿易摩擦 そして次の標的は日本の自動車、自動車部品

欧州連合(EU)が米国による鉄鋼、アルミニウムの
輸入制限に対する対抗措置として報復関税を6/22から発動

中国の次の標的は日本になるものと考えられます。
トランプ大統領は中間選挙に向けて、米国の貿易赤字縮小を目指し
円高ドル安の圧力を強める可能性が高まりそうです。

日本のトランプリスク
電動化、自動運転で100年に1度に大変革期を迎える自動車株
自動車関連銘柄は、TOPIXのウエイトが高く
米国中間選挙を控え25%の関税をめぐり、トランプ大統領の
今後の発言への懸念材料が株価を重くし、それにより
TOPIXの重しになることは、日本株上昇の大きな妨げになります。
25%の関税になる可能性は極めて低いものの、数%でも上昇すれば
自動車、部品銘柄を含む関連企業の収益の大きな圧迫になります。
8月、9月にかけてこのことは日本株にとって大きなハードルに
なることは、今から用心しなければなりません。
(6/13記)

ドル円相場と日経平均株価(今後も加筆します)

4/18 107.01円~107.39円 L21914.96円 H22194.11円
4/19 107.52円~107.19円 L22176.86円 H22360.65円

4/23 107.67円~107.93円 L22065.52円 H22204.76円

4/25 108.79円~109.27円 L22080.76円 H22228.78円

5/7 108.76円~109.33円 L22350.91円 H22513.48円

5/10 109.64円~110.02円 L22418.75円 H22530.64円

5/24 109.34円~110.04円  L22366.60円 H22644.69円
(日経平均終値22437.01円▼252.73円 25日移動平均割れ)
 
5/31 108.55円~108.89円 L21931.65円 75日移動平均の攻防

5/31MSCIリバランスTOPIXベースで3000憶円~3600憶円規模
資金流出予想とイタリア、スペインリスクが重なり、円買い株式先物売り
TOPIXは、アベノミクス相場ワースト記録になる
5月21日~30日まで8営業日連続で下落。
日銀ETF買いは、TOPIXが下がり続けた5/23~5/30 
6回連続買い出動。(4320憶円規模)
日銀ETF買い5月は、8回×720憶円=5760憶円

日銀ETF買いと欧州リスクやや後退、円の独歩高一服で
戻りを試す場面

6/4 109.49円~109.77円 22475.94円△304.59円

6/7 109.85円~110.22円 22823.26円△197.53円

6/12 米朝首脳会談 先物主導で乱高下
6/12 110円水準 H23011.57円

6/19 米中貿易戦争懸念高まる
6/19 109円台半ば 日経平均安値引 22278.48円▼401.85円

6/26(火)
日経平均株価
寄付 22160.33(9:00)▼177.82
高値 22368.78(14:12)△30.57
安値 22104.12(9:14)▼234.03
大引 22342.00(15:00)△3.85 +0.02%
25日移動平均 22544.44円
75日移動平均 22152.37円
200日移動平均 22050.98円
日経平均株価は、重要な中長期の株価トレンドを示す
75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっています。
メインプレーヤーの海外短期筋もこの水準では
買戻しを行いますが、これを割り込んでくると
下げが加速する可能性が高まります。
(6/27記)

7/2(月)海外短期筋の先物売りで
75日移動平均
200日移動平均
重要な心理的節目22,000円を割り込む

米中貿易戦争懸念で中国株は急落し、それに追随して
大きく下がるのは、今回も例外なく日本市場です。
海外短期筋は、中国通貨人民元や上海株が下落すると
自動的に日本株の先物を売るプログラムを組み込んでいます。
米国株高、ドル高円安=日本株買いではなく
中国通貨人民元、上海株安=日本株売り
海外短期筋は、日銀ETF買いのパターンをうまく利用し始めたようです。
前場TOPIXプラス圏で引けるようにして、後場の日銀ETF買いを
阻止させて、後場先物主導で売り崩す。
(7/3記)

2018年6月以降の日本株投資は、引き続き海外短期筋の先物売りと
貸し株を使った機械的な空売りに個人投資家も国内外ファンドも
苦労しそうです。
私自身今までの投資手法では、現物の70% 先物の90%のシェアの
海外投資家相手に勝ち続けられないと考えました。

会社四季報で増額含みで、実際好決算を発表しても
売り込まれることは日常茶飯事。
連続増益銘柄でも売り込まれることは日常茶飯事。
保有銘柄が、年に4回の四半期決算、決算発表にさらされるリスク。
空売りファンドの売り攻勢による売りたたき
これはどうにもなりません。

日本1の時価総額企業のトヨタ自動車も常にその時代背景に
合った「改善」「改良」を常に繰り返しています。
豊田章男社長は、「現在は、100年に1度の変革期」と
おっしゃっている通り、株式投資においても
時代に合った「改善」「改良」が必要です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと考えました。
昨年の相場はこれ(1年に1度~2度の大底買い)が全く
通用しませんでした。
しかし2018年相場は、これ以外ないと考えました。
年に1度~2度の急落、暴落、その時点で
① 1570日経レバレッジETFの買い
② 今期、来期増収増益で安値付近の銘柄の買い
③ 3年後5年後も成長の期待できる銘柄の安値付近の買い

2018年6月以降、個人投資家が生き残るには
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康公
「下がらぬなら下がるまで待とう株式投資」
2018年右肩下がりの3点底(底割れ3点底)のような異常値で買う
このことに尽きると考えます。

日々反省と勉強、日々精進、日々努力、生涯勉強
そして海外短期筋主導の急落暴落を待つ
このように時代に合った「改善」「改良」をしてまいります。

トランプ大統領の中間選挙を意識した無謀な発言には
今後も注意が必要です。
6月、7月上旬の相場動向を見極めたうえで、買いポジションの整理を行い
主力資金は現金ポジションを高め、2018年後半の急落、暴落を待ちます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。

7/6米国の対中国関税引上げ期限

7月5日(木)20:05

大引け

日経平均株価

21697.44(9:00)

21751.50(9:24)

21462.95(13:30)

21546.39(15:00)

前日比▼170.05 -0.78%

TOPIX

1690.12(9:00)

1691.08(9:03)

1671.95(14:42)

1676.20(15:00)

前日比▼17.05 -1.01%


値上がり銘柄数 185

値下がり銘柄数 1883

新高値銘柄数 2

新安値銘柄数 542

騰落レシオ25D 78.4

日経平均25D乖離率 -3.93

TOPIX25D乖離率 -4.26


日経平均株価は4日続落

前日の米国市場は休場のため方向感に欠ける中
小安く始まりました

寄付 21697.44(9:00)▼19.60

高値 21751.50(9:24)△34.46

寄り付き直後にはプラス圏に浮上する場面が
ありましたが、米中貿易戦争への懸念から
買い上がる動きはなく小幅ながら続落して
前引けを迎えました

前引 21684.17(11:30)▼32.87

後場になると海外短期筋の先物主導で売り優勢となり
個人投資家の投げが広がり下げ幅を拡大しました

安値 21462.95(13:30)▼254.09

日経平均株価は4日続落して引けました

大引 21546.39(15:00)▼170.05


米中両国による追加関税の発動期限が7/6に迫り
投資家が様子見ムードを強め前場は、前日終値を挟んで
小動きで、下値は限定的でした。

東京市場の昼休み時間中に、中国上海株式相場が
下げ幅を広げ海外短期筋が株価指数先物に売り物を出し
後場寄り付きはこれにサヤ寄せして下げ幅を拡大して
始まりました。
その後も上海総合指数に連動する形で、株価指数先物に
断続的に売りが出たため、現物株を押し下げました。
商いの薄い中、先物主導で21,500円を割り込み
下値模索の展開になりました。

全体相場は、指数の下落よりきつく信用で買っていた
個人投資家の投げが散発的に出て全面安になりました。

TOPIXは、米国発の暴落時の3点底
2/14安値1691.65 3/5安値1687.29 を下回り
暴落時の底値3/26安値1645.16 を試す流れになってきました。

7/5(木)東証1部 
新高値銘柄 2銘柄
新安値銘柄数 542銘柄
3日以上連続上昇銘柄数 22銘柄
3日以上連続下落銘柄数 726銘柄
25日移動平均+乖離銘柄数 154銘柄
25日移動平均+10%以上乖離銘柄数 5銘柄
25日移動平均-乖離銘柄数 1934銘柄
25日移動平均-10%以上乖離銘柄数 361銘柄

海外短期筋主導の下落は続いています。
今回の下落は、前回の米国発の暴落時よりもきつい下げに
なるかもしれません。

7/6 米国の対中国関税引上げ期限を控え、動けない状況です。

7月、8月相場の先行きが全く読めないため
高めた現金ポジションは一切手を付けずに
ここから来るであろう年後半の大バーゲンセールに臨む方針です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと思います。


次回更新は、7/6(金)15:30 頃の予定です。

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

9/20 自民党総裁選挙

11/4 米国中間選挙

メインプレーヤーの長期運用の海外投資家は
9/20の自民党総裁選挙までは、日本株を大きく
買い越してくることはなさそうです。

年後半の不透明要因
1、米朝首脳会談の行方 6/12無事通過 今後の進展次第
2、欧州リスク
3、中東リスク
4、安倍政権リスク(アベノミクス終焉)
5、2019年3月期減益リスク
6、中間選挙を控えたトランプ発言リスク
7、米国発の貿易戦争懸念
8、米国の日本への自動車関税2.5%を10倍の25%(8月、9月警戒)
9、メキシコ新大統領リスク(米国との摩擦激化懸念)
7月にかけてのイタリアスペインリスク再燃
自動車、自動車部品関税25%8月9月のトランプ発言に要注意
9/20自民党総裁選挙(海外投資家は安倍総理の続投に懐疑的)
安倍総理以外の候補者は緊縮財政派のため、ショック安に警戒(外人売り)
11月米国中間選挙(ここまでは何を言い出すかわからない)
中国の景気減速懸念は日本企業の業績の重荷になりかねない

☆☆☆以下は6/27ブログ記事☆☆☆
日経平均は、75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっていますが、TOPIXは
下降トレンドに差し掛かっており、下値模索になっています。
TOPIX
6/14 25日移動平均の攻防 
6/18陰線 25日移動平均割れ
6/19大陰線で一気に重要な下値サポートである
75日移動平均、200日移動平均を割り込みました。
その後6/20には、長い下ヒゲを引き陽線、6/21十字線
75日移動平均、200日移動平均を回復できず、マイナス乖離が
続いています。

全体相場を表すTOPIXは、今後のトランプリスク次第では
ありますが、現状のままでは下値を探る可能性が高く
イメージとしては、2月、3月のチャートのように
1度ではなく2度、3度の下値トライになることを危惧しています。

トランプ大統領次第ですが、全体相場は弱含みが続きそうです。
今後も持ち株のロスカット、合わせ切り、を含め
現金ポジションを高める方針です。

7月、8月、場合によっては、11月の中間選挙直前まで
先行き不透明感が残ります。

米国景気拡大10年目の不安
2007年7月に始まった米国景気の拡大局面は間もなく
10年目になります。
現在の景気好調は続いていますが、輸入制限を課した
価格が急上昇するなど11月の中間選挙に向けて
トランプ政権が仕掛ける貿易戦争が、米国景気の
大きなリスク要因になりかねません。
☆☆☆以上6/27ブログ記事☆☆☆

先物シェア90% 現物シェア70%の海外投資家が
日本市場のメインプレーヤーです。
現在は、先物シェア90%の海外短期筋中心に
連日ドル円相場、海外市場の動向を受けて
機械的な売買の空中戦が、相場の流れを動かしています。
割高な水準の日経平均株価が、いつ売り崩されるか
不透明感があり、加えてトランプ大統領の発言に
振り回される日々が11月の中間選挙まで続きそうです。

新規買いは凍結し、現金ポジションを高めていく方針に変更ありません。

米国と各国の通商リスクを意識する投資家は多く
新規で買い持ち高を増やす動きはほとんどなく
海外短期筋の先物の機械的な売買による空中戦と日銀ETFの
買い支えが主体の異常な相場状況になっています。
ここから安値付近の銘柄を積極的に買う気にはなれないのが現状です。
NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
トランプリスクは今後も不透明です。
日経平均だけが、先物主導で上げ幅を広げているため
何かあった場合は、先物主導で大きく売り込まれる可能性が
あるということにもなります。
今後も現金ポジションを高めていく方針に変わりありません。
そして、年後半の暴落急落の場面まで様子を見るのが
現在の日本市場で個人投資家が生き残る唯一の策と考えます。
(6/21記)

NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
6/21 12.96倍
トランプリスクは今後も不透明です。
米中貿易摩擦 そして次の標的は日本の自動車、自動車部品

欧州連合(EU)が米国による鉄鋼、アルミニウムの
輸入制限に対する対抗措置として報復関税を6/22から発動

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

中国の次の標的は日本になるものと考えられます。
トランプ大統領は中間選挙に向けて、米国の貿易赤字縮小を目指し
円高ドル安の圧力を強める可能性が高まりそうです。

日本のトランプリスク
電動化、自動運転で100年に1度に大変革期を迎える自動車株
自動車関連銘柄は、TOPIXのウエイトが高く
米国中間選挙を控え25%の関税をめぐり、トランプ大統領の
今後の発言への懸念材料が株価を重くし、それにより
TOPIXの重しになることは、日本株上昇の大きな妨げになります。
25%の関税になる可能性は極めて低いものの、数%でも上昇すれば
自動車、部品銘柄を含む関連企業の収益の大きな圧迫になります。
8月、9月にかけてこのことは日本株にとって大きなハードルに
なることは、今から用心しなければなりません。
(6/13記)

ドル円相場と日経平均株価(今後も加筆します)

4/18 107.01円~107.39円 L21914.96円 H22194.11円
4/19 107.52円~107.19円 L22176.86円 H22360.65円

4/23 107.67円~107.93円 L22065.52円 H22204.76円

4/25 108.79円~109.27円 L22080.76円 H22228.78円

5/7 108.76円~109.33円 L22350.91円 H22513.48円

5/10 109.64円~110.02円 L22418.75円 H22530.64円

5/24 109.34円~110.04円  L22366.60円 H22644.69円
(日経平均終値22437.01円▼252.73円 25日移動平均割れ)
 
5/31 108.55円~108.89円 L21931.65円 75日移動平均の攻防

5/31MSCIリバランスTOPIXベースで3000憶円~3600憶円規模
資金流出予想とイタリア、スペインリスクが重なり、円買い株式先物売り
TOPIXは、アベノミクス相場ワースト記録になる
5月21日~30日まで8営業日連続で下落。
日銀ETF買いは、TOPIXが下がり続けた5/23~5/30 
6回連続買い出動。(4320憶円規模)
日銀ETF買い5月は、8回×720憶円=5760憶円

日銀ETF買いと欧州リスクやや後退、円の独歩高一服で
戻りを試す場面

6/4 109.49円~109.77円 22475.94円△304.59円

6/7 109.85円~110.22円 22823.26円△197.53円

6/12 米朝首脳会談 先物主導で乱高下
6/12 110円水準 H23011.57円

6/19 米中貿易戦争懸念高まる
6/19 109円台半ば 日経平均安値引 22278.48円▼401.85円

6/26(火)
日経平均株価
寄付 22160.33(9:00)▼177.82
高値 22368.78(14:12)△30.57
安値 22104.12(9:14)▼234.03
大引 22342.00(15:00)△3.85 +0.02%
25日移動平均 22544.44円
75日移動平均 22152.37円
200日移動平均 22050.98円
日経平均株価は、重要な中長期の株価トレンドを示す
75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっています。
メインプレーヤーの海外短期筋もこの水準では
買戻しを行いますが、これを割り込んでくると
下げが加速する可能性が高まります。
(6/27記)

7/2(月)海外短期筋の先物売りで
75日移動平均
200日移動平均
重要な心理的節目22,000円を割り込む

米中貿易戦争懸念で中国株は急落し、それに追随して
大きく下がるのは、今回も例外なく日本市場です。
海外短期筋は、中国通貨人民元や上海株が下落すると
自動的に日本株の先物を売るプログラムを組み込んでいます。
米国株高、ドル高円安=日本株買いではなく
中国通貨人民元、上海株安=日本株売り
海外短期筋は、日銀ETF買いのパターンをうまく利用し始めたようです。
前場TOPIXプラス圏で引けるようにして、後場の日銀ETF買いを
阻止させて、後場先物主導で売り崩す。
(7/3記)

2018年6月以降の日本株投資は、引き続き海外短期筋の先物売りと
貸し株を使った機械的な空売りに個人投資家も国内外ファンドも
苦労しそうです。
私自身今までの投資手法では、現物の70% 先物の90%のシェアの
海外投資家相手に勝ち続けられないと考えました。

会社四季報で増額含みで、実際好決算を発表しても
売り込まれることは日常茶飯事。
連続増益銘柄でも売り込まれることは日常茶飯事。
保有銘柄が、年に4回の四半期決算、決算発表にさらされるリスク。
空売りファンドの売り攻勢による売りたたき
これはどうにもなりません。

日本1の時価総額企業のトヨタ自動車も常にその時代背景に
合った「改善」「改良」を常に繰り返しています。
豊田章男社長は、「現在は、100年に1度の変革期」と
おっしゃっている通り、株式投資においても
時代に合った「改善」「改良」が必要です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと考えました。
昨年の相場はこれ(1年に1度~2度の大底買い)が全く
通用しませんでした。
しかし2018年相場は、これ以外ないと考えました。
年に1度~2度の急落、暴落、その時点で
① 1570日経レバレッジETFの買い
② 今期、来期増収増益で安値付近の銘柄の買い
③ 3年後5年後も成長の期待できる銘柄の安値付近の買い

2018年6月以降、個人投資家が生き残るには
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康公
「下がらぬなら下がるまで待とう株式投資」
2018年右肩下がりの3点底(底割れ3点底)のような異常値で買う
このことに尽きると考えます。

日々反省と勉強、日々精進、日々努力、生涯勉強
そして海外短期筋主導の急落暴落を待つ
このように時代に合った「改善」「改良」をしてまいります。

トランプ大統領の中間選挙を意識した無謀な発言には
今後も注意が必要です。
6月、7月上旬の相場動向を見極めたうえで、買いポジションの整理を行い
主力資金は現金ポジションを高め、2018年後半の急落、暴落を待ちます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。

新安値銘柄数711

7月4日(水)15:20

大引け

日経平均株価

21679.00(9:00)

21784.00(14:31)

21604.18(9:40)

21717.04(15:00)

前日比▼68.50 -0.31%

TOPIX

1686.47(9:00)

1698.39(14:20)

1684.40(9:39)

1693.25(15:00)

前日比△0.45 +0.03%


日経平均株価は3日続落

前日の米国株安、為替が1ドル110円台前半の円高を
背景に売りが先行して始まりました

寄付 21679.00(9:00)▼106.54

7/6には米国と中国の追加関税を発動する見通しに
なってなっており、両国の報復が貿易戦争に
発展するとの警戒感が投資家心理を冷やし
押し目を狙う買いが少ない中、海外短期筋の先物主導で
下値を模索し安値圏で前引けを迎えました

安値 21604.18(9:40)▼181.36

前引 21623.94(11:30)▼161.60

後場は日銀ETF買いの思惑から売り急ぐ動きはなく
21,700円を挟んだ水準でのもみ合いになりました
14時を過ぎるとジリジリと下値を切り上げる展開になり
前日終値付近まで下げ幅を縮小

高値 21784.00(14:31)▼1.54

大引けにかけて伸び悩んで引けました
日経平均株価は3日続落して引けました

大引 21717.04(15:00)▼68.50


前日の米国株下落、為替が1ドル110円台前半まで円高に振れ
3桁の下落で始まりました。

前日の米国株式相場がハイテク株主導で下落しました。
特許問題に絡んで一部製品の中国での販売を禁止されたと
伝わった半導体のマイクロンテクノロジー株が大幅下落しました。
中国での販売差し止めがほかの米メーカーにも広がれば
半導体製造装置や部品を納入している日本企業の業績にも
影響がでるとの警戒感から半導体関連株に売り波及しました。
東エレクやアドテスト、SUMCOなど半導体関連を中心に
ハイテク株に売りが出ました。
米中貿易摩擦で世界景気が打撃を受けるとの懸念が強まり
摩擦の中心になりそうな半導体関連や中国関連の機械といった
外需株への売りが止まりません。
7/6に米国と中国が互いの製品に追加関税を発動する予定。

日経平均は売り一巡後、前場中ごろすぎに下げ幅を40円程度まで
縮めたましが、中国上海相場がジリジリと下げ幅を広げると
再び日本株への先物売りが強まり、安値圏で前引けを迎えました。
中国上海株式相場が午前の取引終了にかけ下げ幅を広げたことも
戻りを重くしました。

午前の株安を受けて日銀ETF買いの思惑があり
後場になると売り方が買い戻しをいれました。
21,700円を挟んだ水準でのもみ合いになりましたが
14時を過ぎると下げ幅を急速に縮小し前日終値に
迫る場面がありましたが大引けにかけて伸び悩んで引けました。

TOPIXは7/2の大陰線で、あっさりと節目の1700を割り込み
2月の米国発の大暴落水準に迫りました。
その後、7/3、7/4も売られすぎの反動もなく、下値模索の
展開が続いています。
7/4 1693.25(15:00)△0.45

2/14安値 1691.65
3/5安値 1687.29
3/26安値 1645.16

7/6 米国の対中国関税引上げ期限を控え、動けない状況です。

7月、8月相場の先行きが全く読めないため
高めた現金ポジションは一切手を付けずに
ここから来るであろう年後半の大バーゲンセールに臨む方針です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと思います。


次回更新は、7/5(木)20:00~21:00 頃の予定です。

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

9/20 自民党総裁選挙

11/4 米国中間選挙

メインプレーヤーの長期運用の海外投資家は
9/20の自民党総裁選挙までは、日本株を大きく
買い越してくることはなさそうです。

年後半の不透明要因
1、米朝首脳会談の行方 6/12無事通過 今後の進展次第
2、欧州リスク
3、中東リスク
4、安倍政権リスク(アベノミクス終焉)
5、2019年3月期減益リスク
6、中間選挙を控えたトランプ発言リスク
7、米国発の貿易戦争懸念
8、米国の日本への自動車関税2.5%を10倍の25%(8月、9月警戒)
9、メキシコ新大統領リスク(米国との摩擦激化懸念)
7月にかけてのイタリアスペインリスク再燃
自動車、自動車部品関税25%8月9月のトランプ発言に要注意
9/20自民党総裁選挙(海外投資家は安倍総理の続投に懐疑的)
安倍総理以外の候補者は緊縮財政派のため、ショック安に警戒(外人売り)
11月米国中間選挙(ここまでは何を言い出すかわからない)
中国の景気減速懸念は日本企業の業績の重荷になりかねない

☆☆☆以下は6/27ブログ記事☆☆☆
日経平均は、75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっていますが、TOPIXは
下降トレンドに差し掛かっており、下値模索になっています。
TOPIX
6/14 25日移動平均の攻防 
6/18陰線 25日移動平均割れ
6/19大陰線で一気に重要な下値サポートである
75日移動平均、200日移動平均を割り込みました。
その後6/20には、長い下ヒゲを引き陽線、6/21十字線
75日移動平均、200日移動平均を回復できず、マイナス乖離が
続いています。

全体相場を表すTOPIXは、今後のトランプリスク次第では
ありますが、現状のままでは下値を探る可能性が高く
イメージとしては、2月、3月のチャートのように
1度ではなく2度、3度の下値トライになることを危惧しています。

トランプ大統領次第ですが、全体相場は弱含みが続きそうです。
今後も持ち株のロスカット、合わせ切り、を含め
現金ポジションを高める方針です。

7月、8月、場合によっては、11月の中間選挙直前まで
先行き不透明感が残ります。

米国景気拡大10年目の不安
2007年7月に始まった米国景気の拡大局面は間もなく
10年目になります。
現在の景気好調は続いていますが、輸入制限を課した
価格が急上昇するなど11月の中間選挙に向けて
トランプ政権が仕掛ける貿易戦争が、米国景気の
大きなリスク要因になりかねません。
☆☆☆以上6/27ブログ記事☆☆☆

先物シェア90% 現物シェア70%の海外投資家が
日本市場のメインプレーヤーです。
現在は、先物シェア90%の海外短期筋中心に
連日ドル円相場、海外市場の動向を受けて
機械的な売買の空中戦が、相場の流れを動かしています。
割高な水準の日経平均株価が、いつ売り崩されるか
不透明感があり、加えてトランプ大統領の発言に
振り回される日々が11月の中間選挙まで続きそうです。

新規買いは凍結し、現金ポジションを高めていく方針に変更ありません。

米国と各国の通商リスクを意識する投資家は多く
新規で買い持ち高を増やす動きはほとんどなく
海外短期筋の先物の機械的な売買による空中戦と日銀ETFの
買い支えが主体の異常な相場状況になっています。
ここから安値付近の銘柄を積極的に買う気にはなれないのが現状です。
NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
トランプリスクは今後も不透明です。
日経平均だけが、先物主導で上げ幅を広げているため
何かあった場合は、先物主導で大きく売り込まれる可能性が
あるということにもなります。
今後も現金ポジションを高めていく方針に変わりありません。
そして、年後半の暴落急落の場面まで様子を見るのが
現在の日本市場で個人投資家が生き残る唯一の策と考えます。
(6/21記)

NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
6/21 12.96倍
トランプリスクは今後も不透明です。
米中貿易摩擦 そして次の標的は日本の自動車、自動車部品

欧州連合(EU)が米国による鉄鋼、アルミニウムの
輸入制限に対する対抗措置として報復関税を6/22から発動

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

中国の次の標的は日本になるものと考えられます。
トランプ大統領は中間選挙に向けて、米国の貿易赤字縮小を目指し
円高ドル安の圧力を強める可能性が高まりそうです。

日本のトランプリスク
電動化、自動運転で100年に1度に大変革期を迎える自動車株
自動車関連銘柄は、TOPIXのウエイトが高く
米国中間選挙を控え25%の関税をめぐり、トランプ大統領の
今後の発言への懸念材料が株価を重くし、それにより
TOPIXの重しになることは、日本株上昇の大きな妨げになります。
25%の関税になる可能性は極めて低いものの、数%でも上昇すれば
自動車、部品銘柄を含む関連企業の収益の大きな圧迫になります。
8月、9月にかけてこのことは日本株にとって大きなハードルに
なることは、今から用心しなければなりません。
(6/13記)

ドル円相場と日経平均株価(今後も加筆します)

4/18 107.01円~107.39円 L21914.96円 H22194.11円
4/19 107.52円~107.19円 L22176.86円 H22360.65円

4/23 107.67円~107.93円 L22065.52円 H22204.76円

4/25 108.79円~109.27円 L22080.76円 H22228.78円

5/7 108.76円~109.33円 L22350.91円 H22513.48円

5/10 109.64円~110.02円 L22418.75円 H22530.64円

5/24 109.34円~110.04円  L22366.60円 H22644.69円
(日経平均終値22437.01円▼252.73円 25日移動平均割れ)
 
5/31 108.55円~108.89円 L21931.65円 75日移動平均の攻防

5/31MSCIリバランスTOPIXベースで3000憶円~3600憶円規模
資金流出予想とイタリア、スペインリスクが重なり、円買い株式先物売り
TOPIXは、アベノミクス相場ワースト記録になる
5月21日~30日まで8営業日連続で下落。
日銀ETF買いは、TOPIXが下がり続けた5/23~5/30 
6回連続買い出動。(4320憶円規模)
日銀ETF買い5月は、8回×720憶円=5760憶円

日銀ETF買いと欧州リスクやや後退、円の独歩高一服で
戻りを試す場面

6/4 109.49円~109.77円 22475.94円△304.59円

6/7 109.85円~110.22円 22823.26円△197.53円

6/12 米朝首脳会談 先物主導で乱高下
6/12 110円水準 H23011.57円

6/19 米中貿易戦争懸念高まる
6/19 109円台半ば 日経平均安値引 22278.48円▼401.85円

6/26(火)
日経平均株価
寄付 22160.33(9:00)▼177.82
高値 22368.78(14:12)△30.57
安値 22104.12(9:14)▼234.03
大引 22342.00(15:00)△3.85 +0.02%
25日移動平均 22544.44円
75日移動平均 22152.37円
200日移動平均 22050.98円
日経平均株価は、重要な中長期の株価トレンドを示す
75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっています。
メインプレーヤーの海外短期筋もこの水準では
買戻しを行いますが、これを割り込んでくると
下げが加速する可能性が高まります。
(6/27記)

7/2(月)海外短期筋の先物売りで
75日移動平均
200日移動平均
重要な心理的節目22,000円を割り込む

米中貿易戦争懸念で中国株は急落し、それに追随して
大きく下がるのは、今回も例外なく日本市場です。
海外短期筋は、中国通貨人民元や上海株が下落すると
自動的に日本株の先物を売るプログラムを組み込んでいます。
米国株高、ドル高円安=日本株買いではなく
中国通貨人民元、上海株安=日本株売り
海外短期筋は、日銀ETF買いのパターンをうまく利用し始めたようです。
前場TOPIXプラス圏で引けるようにして、後場の日銀ETF買いを
阻止させて、後場先物主導で売り崩す。
(7/3記)

2018年6月以降の日本株投資は、引き続き海外短期筋の先物売りと
貸し株を使った機械的な空売りに個人投資家も国内外ファンドも
苦労しそうです。
私自身今までの投資手法では、現物の70% 先物の90%のシェアの
海外投資家相手に勝ち続けられないと考えました。

会社四季報で増額含みで、実際好決算を発表しても
売り込まれることは日常茶飯事。
連続増益銘柄でも売り込まれることは日常茶飯事。
保有銘柄が、年に4回の四半期決算、決算発表にさらされるリスク。
空売りファンドの売り攻勢による売りたたき
これはどうにもなりません。

日本1の時価総額企業のトヨタ自動車も常にその時代背景に
合った「改善」「改良」を常に繰り返しています。
豊田章男社長は、「現在は、100年に1度の変革期」と
おっしゃっている通り、株式投資においても
時代に合った「改善」「改良」が必要です。

中国通貨人民元安、上海株安=日本株売り

7月3日(火)20:55

大引け

日経平均株価

21889.06(9:00)

21927.81(10:10)

21574.56(14:06)

21785.54(15:00)

前日比▼26.39 -0.12%

TOPIX

1701.20(9:00)

1703.02(10:10)

1681.06(14:09)

1692.80(15:00)

前日比▼2.49 -0.15%

値上がり銘柄数 486

値下がり銘柄数 1541

新高値銘柄数 8

新安値銘柄数 434

騰落レシオ25D 80.8

日経平均25D乖離率 -3.03

TOPIX25D乖離率 -3.56 


日経平均株価は小幅続落

前日の米国株高、1ドル111円台に振れた円安を
好感し買い優勢で始まりました

寄付 21889.06(9:00)△77.13

昨日の大幅安の反動もあり買戻しが入り
21,900円台まで戻す場面がありましたが

高値 21927.81(10:10)△115.88

買い一巡後は中国株の動向を意識し
しだいに伸び悩み、マイナス圏に転落して
前引けを迎えました

前引 21805.73(11:30)▼6.20

TOPIXがプラス圏で前引けを迎えたことで
後場は日銀によるETF買いの思惑が後退したことで
海外短期筋が先物主導で断続的に売り仕掛けをしてきました
200円超下落する場面がありましたが

安値 21574.56(14:06)▼237.37

中国株が切り返しに転じると買戻しが入り
大引けにかけて急速に下げ渋りました

大引 21785.54(15:00)▼26.39

日経平均株価は小幅続落して引けました

昨日の米国株は日中の株価大幅安の影響はなく
上昇して引けたこと、日経平均は昨日の大幅安の
反動もあり買い優勢で始まりました。
為替が1ドル111円台の円安も好感され
株価指数先物に買い(買戻し)が先行し
21,900円台に乗せる場面がありました。

10時半になると上海や香港などアジアの株式相場が
軟調に始まったため、しだいに伸び悩みマイナス圏に
転落して前引けを迎えました。

TOPIXはプラス圏で前引けを迎えたことで、日銀による
ETF買いが入らないと見越した海外短期筋が、昼休み時間帯に
先物を売り、指数を軟化させ、後場は先物にサヤ寄せして
売り優勢で始まりました。

中国景気の先行き不透明感から前日の海外市場で
銅など商品相場が下落、非鉄金属や海運など
景気敏感株に売りが優勢、日経平均は先物主導で
ジリジリと下げ幅を拡大し4/13以来、3カ月ぶりの
安値を付けました。
21574.56(14:06)▼237.37

上海株の下げが一服したことで、短期筋の買戻しが入り
日経平均は大引けにかけて急速に下げ幅を縮小しました。

2015年のチャイナショックの時は世界に市場不安が
波及しましたが、昨日の米国株は、崩れずに上昇しました。
米中貿易戦争懸念で中国株は急落し、それに追随して
大きく下がるのは、今回も例外なく日本市場です。
海外短期筋は、中国通貨人民元や上海株が下落すると
自動的に日本株の先物を売るプログラムを組み込んでいます。

米国株高、ドル高円安=日本株買いではなく
中国通貨人民元安、上海株安=日本株売り
それに連動して非鉄金属や海運、景気敏感株に売り優勢

海外短期筋は、日銀ETF買いのパターンをうまく利用し始めたようです。
前場TOPIXプラス圏で引けるようにして、後場の日銀ETF買いを
阻止させて、後場先物主導で売り崩す。
日銀が買わないため、売り仕掛けが効率よく機能します。
完全に日本株が売りの標的にさらされているように感じます。
日本株2つのメインプレーヤーは、海外短期筋と
長期運用の海外投資家です。
長期運用の海外投資家は、9/20の自民党総裁選までは日本株を
買い越してこないであろうことを見越し、唯一の買い主体の
日銀ETF買いも巧みに利用しています。
前場TOPIXプラス圏で引けると後場の日銀ETF買いは
入らないことを利用して、後場先物売りを断続的に出して
日本株を売り崩します。

日経平均は何とか食いとどまっていますがTOPIXは
2月、3月の米国発の暴落に迫ってきました。
本日の1部新安値銘柄数 434銘柄 異常値
東証1部25D+乖離銘柄数 227銘柄
東証1部25D+10%以上乖離銘柄数 18銘柄
東証1部25D-乖離銘柄数 1865銘柄
東証1部25D-10%以上乖離銘柄数 169銘柄
海外短期筋主導の全面安の泥沼に引きずり込まれた感があります。

7月、8月相場の先行きが全く読めないため
高めた現金ポジションは一切手を付けずに
ここから来るであろう年後半の大バーゲンセールに臨む方針です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと思います。


次回更新は、7/4(水)15:30 頃の予定です。

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

9/20 自民党総裁選挙

11/4 米国中間選挙

メインプレーヤーの長期運用の海外投資家は
9/20の自民党総裁選挙までは、日本株を大きく
買い越してくることはなさそうです。

年後半の不透明要因
1、米朝首脳会談の行方 6/12無事通過 今後の進展次第
2、欧州リスク
3、中東リスク
4、安倍政権リスク(アベノミクス終焉)
5、2019年3月期減益リスク
6、中間選挙を控えたトランプ発言リスク
7、米国発の貿易戦争懸念
8、米国の日本への自動車関税2.5%を10倍の25%(8月、9月警戒)
9、メキシコ新大統領リスク(米国との摩擦激化懸念)
7月にかけてのイタリアスペインリスク再燃
自動車、自動車部品関税25%8月9月のトランプ発言に要注意
9/20自民党総裁選挙(海外投資家は安倍総理の続投に懐疑的)
安倍総理以外の候補者は緊縮財政派のため、ショック安に警戒(外人売り)
11月米国中間選挙(ここまでは何を言い出すかわからない)
中国の景気減速懸念は日本企業の業績の重荷になりかねない

☆☆☆以下は6/27ブログ記事☆☆☆
日経平均は、75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっていますが、TOPIXは
下降トレンドに差し掛かっており、下値模索になっています。
TOPIX
6/14 25日移動平均の攻防 
6/18陰線 25日移動平均割れ
6/19大陰線で一気に重要な下値サポートである
75日移動平均、200日移動平均を割り込みました。
その後6/20には、長い下ヒゲを引き陽線、6/21十字線
75日移動平均、200日移動平均を回復できず、マイナス乖離が
続いています。

全体相場を表すTOPIXは、今後のトランプリスク次第では
ありますが、現状のままでは下値を探る可能性が高く
イメージとしては、2月、3月のチャートのように
1度ではなく2度、3度の下値トライになることを危惧しています。

トランプ大統領次第ですが、全体相場は弱含みが続きそうです。
今後も持ち株のロスカット、合わせ切り、を含め
現金ポジションを高める方針です。

7月、8月、場合によっては、11月の中間選挙直前まで
先行き不透明感が残ります。

米国景気拡大10年目の不安
2007年7月に始まった米国景気の拡大局面は間もなく
10年目になります。
現在の景気好調は続いていますが、輸入制限を課した
価格が急上昇するなど11月の中間選挙に向けて
トランプ政権が仕掛ける貿易戦争が、米国景気の
大きなリスク要因になりかねません。
☆☆☆以上6/27ブログ記事☆☆☆

先物シェア90% 現物シェア70%の海外投資家が
日本市場のメインプレーヤーです。
現在は、先物シェア90%の海外短期筋中心に
連日ドル円相場、海外市場の動向を受けて
機械的な売買の空中戦が、相場の流れを動かしています。
割高な水準の日経平均株価が、いつ売り崩されるか
不透明感があり、加えてトランプ大統領の発言に
振り回される日々が11月の中間選挙まで続きそうです。

新規買いは凍結し、現金ポジションを高めていく方針に変更ありません。

米国と各国の通商リスクを意識する投資家は多く
新規で買い持ち高を増やす動きはほとんどなく
海外短期筋の先物の機械的な売買による空中戦と日銀ETFの
買い支えが主体の異常な相場状況になっています。
ここから安値付近の銘柄を積極的に買う気にはなれないのが現状です。
NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
トランプリスクは今後も不透明です。
日経平均だけが、先物主導で上げ幅を広げているため
何かあった場合は、先物主導で大きく売り込まれる可能性が
あるということにもなります。
今後も現金ポジションを高めていく方針に変わりありません。
そして、年後半の暴落急落の場面まで様子を見るのが
現在の日本市場で個人投資家が生き残る唯一の策と考えます。
(6/21記)

NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
6/21 12.96倍
トランプリスクは今後も不透明です。
米中貿易摩擦 そして次の標的は日本の自動車、自動車部品

欧州連合(EU)が米国による鉄鋼、アルミニウムの
輸入制限に対する対抗措置として報復関税を6/22から発動

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

中国の次の標的は日本になるものと考えられます。
トランプ大統領は中間選挙に向けて、米国の貿易赤字縮小を目指し
円高ドル安の圧力を強める可能性が高まりそうです。

日本のトランプリスク
電動化、自動運転で100年に1度に大変革期を迎える自動車株
自動車関連銘柄は、TOPIXのウエイトが高く
米国中間選挙を控え25%の関税をめぐり、トランプ大統領の
今後の発言への懸念材料が株価を重くし、それにより
TOPIXの重しになることは、日本株上昇の大きな妨げになります。
25%の関税になる可能性は極めて低いものの、数%でも上昇すれば
自動車、部品銘柄を含む関連企業の収益の大きな圧迫になります。
8月、9月にかけてこのことは日本株にとって大きなハードルに
なることは、今から用心しなければなりません。
(6/13記)

ドル円相場と日経平均株価(今後も加筆します)

4/18 107.01円~107.39円 L21914.96円 H22194.11円
4/19 107.52円~107.19円 L22176.86円 H22360.65円

4/23 107.67円~107.93円 L22065.52円 H22204.76円

4/25 108.79円~109.27円 L22080.76円 H22228.78円

5/7 108.76円~109.33円 L22350.91円 H22513.48円

5/10 109.64円~110.02円 L22418.75円 H22530.64円

5/24 109.34円~110.04円  L22366.60円 H22644.69円
(日経平均終値22437.01円▼252.73円 25日移動平均割れ)
 
5/31 108.55円~108.89円 L21931.65円 75日移動平均の攻防

5/31MSCIリバランスTOPIXベースで3000憶円~3600憶円規模
資金流出予想とイタリア、スペインリスクが重なり、円買い株式先物売り
TOPIXは、アベノミクス相場ワースト記録になる
5月21日~30日まで8営業日連続で下落。
日銀ETF買いは、TOPIXが下がり続けた5/23~5/30 
6回連続買い出動。(4320憶円規模)
日銀ETF買い5月は、8回×720憶円=5760憶円

日銀ETF買いと欧州リスクやや後退、円の独歩高一服で
戻りを試す場面

6/4 109.49円~109.77円 22475.94円△304.59円

6/7 109.85円~110.22円 22823.26円△197.53円

6/12 米朝首脳会談 先物主導で乱高下
6/12 110円水準 H23011.57円

6/19 米中貿易戦争懸念高まる
6/19 109円台半ば 日経平均安値引 22278.48円▼401.85円

6/26(火)
日経平均株価
寄付 22160.33(9:00)▼177.82
高値 22368.78(14:12)△30.57
安値 22104.12(9:14)▼234.03
大引 22342.00(15:00)△3.85 +0.02%
25日移動平均 22544.44円
75日移動平均 22152.37円
200日移動平均 22050.98円
日経平均株価は、重要な中長期の株価トレンドを示す
75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっています。
メインプレーヤーの海外短期筋もこの水準では
買戻しを行いますが、これを割り込んでくると
下げが加速する可能性が高まります。
(6/27記)

7/2(月)海外短期筋の先物売りで
75日移動平均
200日移動平均
重要な心理的節目22,000円を割り込む

米中貿易戦争懸念で中国株は急落し、それに追随して
大きく下がるのは、今回も例外なく日本市場です。
海外短期筋は、中国通貨人民元や上海株が下落すると
自動的に日本株の先物を売るプログラムを組み込んでいます。
米国株高、ドル高円安=日本株買いではなく
中国通貨人民元、上海株安=日本株売り
海外短期筋は、日銀ETF買いのパターンをうまく利用し始めたようです。
前場TOPIXプラス圏で引けるようにして、後場の日銀ETF買いを
阻止させて、後場先物主導で売り崩す。
(7/3記)

2018年6月以降の日本株投資は、引き続き海外短期筋の先物売りと
貸し株を使った機械的な空売りに個人投資家も国内外ファンドも
苦労しそうです。
私自身今までの投資手法では、現物の70% 先物の90%のシェアの
海外投資家相手に勝ち続けられないと考えました。

会社四季報で増額含みで、実際好決算を発表しても
売り込まれることは日常茶飯事。
連続増益銘柄でも売り込まれることは日常茶飯事。
保有銘柄が、年に4回の四半期決算、決算発表にさらされるリスク。
空売りファンドの売り攻勢による売りたたき
これはどうにもなりません。

日本1の時価総額企業のトヨタ自動車も常にその時代背景に
合った「改善」「改良」を常に繰り返しています。
豊田章男社長は、「現在は、100年に1度の変革期」と
おっしゃっている通り、株式投資においても
時代に合った「改善」「改良」が必要です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと考えました。
昨年の相場はこれ(1年に1度~2度の大底買い)が全く
通用しませんでした。
しかし2018年相場は、これ以外ないと考えました。
年に1度~2度の急落、暴落、その時点で
① 1570日経レバレッジETFの買い
② 今期、来期増収増益で安値付近の銘柄の買い
③ 3年後5年後も成長の期待できる銘柄の安値付近の買い

2018年6月以降、個人投資家が生き残るには
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康公
「下がらぬなら下がるまで待とう株式投資」
2018年右肩下がりの3点底(底割れ3点底)のような異常値で買う
このことに尽きると考えます。

日々反省と勉強、日々精進、日々努力、生涯勉強
そして海外短期筋主導の急落暴落を待つ
このように時代に合った「改善」「改良」をしてまいります。

トランプ大統領の中間選挙を意識した無謀な発言には
今後も注意が必要です。
6月、7月上旬の相場動向を見極めたうえで、買いポジションの整理を行い
主力資金は現金ポジションを高め、2018年後半の急落、暴落を待ちます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。

後場相場は一変

7月2日(月)15:15

大引け

日経平均株価

22233.80(9:00)

22312.25(10:27)

21784.48(14:58)

21811.93(15:00)

前日比▼492.58 -2.21%

TOPIX

1725.55(9:00)

1730.03(9:25)

1694.02(14:58)

1695.29(15:00)

前日比▼35.60 -2.06%


名実ともに7月相場入りした日経平均株価は大幅反落

米国の保護主義的な通商政策への警戒感は根強く
売り先行で始まりました

寄付 22233.80(9:00)▼70.71

為替が1ドル111円台前半まで円安方向に振れたことが
輸出関連銘柄への支援材料になりました
日経平均株価は安寄り後にプラス圏に浮上し

高値 22312.25(10:27)△7.74

先週末終値を挟んでのもみ合いになり前引けを迎えました

前引 22270.76(11:30)▼33.75

後場になると海外短期筋の円買い株式先物売りが断続的に入り
円安一服、日経平均はジリジリと下げ幅を拡大
大引けにかけて、先物主導の下げ幅が急拡大し
日経平均株価は大幅反落して引けました

安値 21784.48(14:58)▼520.03

大引 21811.93(15:00)▼492.58

日銀が8時50分に発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)で
大企業・製造業の業況判断指数(DI)はプラス21と前回3月調査から悪化。
小幅ながら市場予想(プラス22)を下回ったことが株式相場の重荷となった。
日経平均は反落して始まりましたが、売り一巡後は為替が110円台後半で
落ち着いていることから、下げ渋りました。

外国為替市場で円相場が1ドル111円前半まで円安方向に振れ
輸出関連株が買われ、日経平均株価は一時プラス圏に浮上し
前日終値を挟んだ水準での推移となり前引けを迎えました。

後場になると海外短期筋の円買い株式先物売りが断続的に入り
円安一服、日経平均はジリジリと下げ幅を拡大。
先週末まで6営業日連続で日銀ETF買いが入りましたが
本日は、前場大きく下がらなかったため、後場の日銀ETF買いが 
入らないことを見越した海外短期筋が、売り仕掛けしてきました。

メキシコの大統領選でポピュリズム(大衆迎合主義)政策を掲げる
新興左派候補の優勢が伝わったのをきっかけに米株価指数先物が
下げ幅を広げたことが嫌気されたと言われていますが、よくわからない
急落です。
海外ヘッジファンドなどの海外短期筋が、連動して日本の
株価指数先物への売りを強め、現物株指数を下押しました。
米中の貿易摩擦問題に対する懸念が根強く残る中
中国の景況感を示す指標が弱く中国上海株式相場が下げて
市場心理が悪化し日本株の先物主導売りをさらに加速させました。

5/30以来およそ1カ月ぶりに2万2000円の節目を下回りました。
日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は
前週末の終値より1.5ポイント高い20.90に上昇する場面がありました。

一時500円超の下落になり、安値圏で引けました。

今晩の欧米株、為替、明日の中国株の動向に
明日以降の日本株は大きく影響を受けます。


コメントのご返事

いつもご指導をいただきまして誠にありがとうござおます。 
先生のご意見を参考にして持ち株の殆どを売却し
少し利益を確保いたしました。
しかし、FFRI(買値4,195)とアルバック(買値5,515〉の
2銘柄のみ保有しており、これを含めると少し損失となります。
ここで、これらを損切りするか、保有するか迷っております。
 何度も同じようなご質問で恐縮ですが、是非先生のご意見を
お聞かせいただきたくよろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます。

3692FFRI
直近は下げが止まりません。
2016年11/9安値2972円以来の安値模索になっています。
6月以降も売り買い交錯で
~6/7 英国系ファンド 40万株強買い
~6/25 N社 約45万株売り
N社の売りが、直近急落の原因の一つになっています。
やや売られすぎではありますが、底打ち感があまりありません。
現在の日本市場の特徴は、大きく売り込まれ底値水準に到達しても
売りが止まらないことです。
全体相場の先高観がないため、底値付近であっても
目先切り返しに転じるようには感じられません。
ここで投げるのもタイミングを逸しているため何とも言えません。
申し訳ありませんが現時点では、このくらいしかお答えできません。

6728アルバック
5/14の大陰線以降、海外投資家の売りが止まりません。
海外投資家比率48.1% この銘柄は、海外投資家が買えば上昇し
売り越せば、下振れします。
半導体関連、半導体製造装置関連、有機EL関連まんべんなく
海外投資家の売りが続いているため、現在の株価は
やや売られすぎではありますが、底打ち感があまりありません。
現在の日本市場の特徴は、大きく売り込まれ底値水準に到達しても
売りが止まらないことです。
米国の通商リスクや9月の自民党総裁選、トランプ大統領リスク
欧州、中東リスク、メキシコリスクも新たに加わり
全体相場の先高観がないため、底値付近であっても
目先切り返しに転じるようには感じられません。
ここで投げるのもタイミングを逸しているため何とも言えません。
直近半導体の在庫がだぶついているため、今後の動向もみなければ
分かりません。
申し訳ありませんが現時点では、このくらいしかお答えできません。

関連銘柄で私が見ている銘柄は、以下の2社だけです。 
4063信越化学工業 半導体シリコンウエハで世界首位
3436SUMCO 半導体シリコンウエハで信越化学工業と
 双璧を成す世界トップクラス

コメントについては本日現在の株価見通しです。
今後の市場環境、業績の推移で株価判断は
大きく変わることがありますのでご注意ください。
内容はすべて本日現在の投資判断です。



7/6 米国の対中国関税引上げ期限

9/20 自民党総裁選挙

11/4 米国中間選挙

メインプレーヤーの長期運用の海外投資家は
9/20の自民党総裁選挙までは、日本株を大きく
買い越してくることはなさそうです。

年後半の不透明要因
1、米朝首脳会談の行方 6/12無事通過 今後の進展次第
2、欧州リスク
3、中東リスク
4、安倍政権リスク(アベノミクス終焉)
5、2019年3月期減益リスク
6、中間選挙を控えたトランプ発言リスク
7、米国発の貿易戦争懸念
8、米国の日本への自動車関税2.5%を10倍の25%(8月、9月警戒)
7月にかけてのイタリアスペインリスク再燃
自動車、自動車部品関税25%8月9月のトランプ発言に要注意
9/20自民党総裁選挙(海外投資家は安倍総理の続投に懐疑的)
安倍総理以外の候補者は緊縮財政派のため、ショック安に警戒(外人売り)
11月米国中間選挙(ここまでは何を言い出すかわからない)


次回更新は、7/3(火)20:00~21:00 頃の予定です。

☆☆☆以下は6/27ブログ記事☆☆☆
日経平均は、75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっていますが、TOPIXは
下降トレンドに差し掛かっており、下値模索になっています。
TOPIX
6/14 25日移動平均の攻防 
6/18陰線 25日移動平均割れ
6/19大陰線で一気に重要な下値サポートである
75日移動平均、200日移動平均を割り込みました。
その後6/20には、長い下ヒゲを引き陽線、6/21十字線
75日移動平均、200日移動平均を回復できず、マイナス乖離が
続いています。

全体相場を表すTOPIXは、今後のトランプリスク次第では
ありますが、現状のままでは下値を探る可能性が高く
イメージとしては、2月、3月のチャートのように
1度ではなく2度、3度の下値トライになることを危惧しています。

トランプ大統領次第ですが、全体相場は弱含みが続きそうです。
今後も持ち株のロスカット、合わせ切り、を含め
現金ポジションを高める方針です。

7月、8月、場合によっては、11月の中間選挙直前まで
先行き不透明感が残ります。

米国景気拡大10年目の不安
2007年7月に始まった米国景気の拡大局面は間もなく
10年目になります。
現在の景気好調は続いていますが、輸入制限を課した
価格が急上昇するなど11月の中間選挙に向けて
トランプ政権が仕掛ける貿易戦争が、米国景気の
大きなリスク要因になりかねません。
☆☆☆以上6/27ブログ記事☆☆☆

先物シェア90% 現物シェア70%の海外投資家が
日本市場のメインプレーヤーです。
現在は、先物シェア90%の海外短期筋中心に
連日ドル円相場、海外市場の動向を受けて
機械的な売買の空中戦が、相場の流れを動かしています。
割高な水準の日経平均株価が、いつ売り崩されるか
不透明感があり、加えてトランプ大統領の発言に
振り回される日々が11月の中間選挙まで続きそうです。

新規買いは凍結し、現金ポジションを高めていく方針に変更ありません。

米国と各国の通商リスクを意識する投資家は多く
新規で買い持ち高を増やす動きはほとんどなく
海外短期筋の先物の機械的な売買による空中戦と日銀ETFの
買い支えが主体の異常な相場状況になっています。
ここから安値付近の銘柄を積極的に買う気にはなれないのが現状です。
NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
トランプリスクは今後も不透明です。
日経平均だけが、先物主導で上げ幅を広げているため
何かあった場合は、先物主導で大きく売り込まれる可能性が
あるということにもなります。
今後も現金ポジションを高めていく方針に変わりありません。
そして、年後半の暴落急落の場面まで様子を見るのが
現在の日本市場で個人投資家が生き残る唯一の策と考えます。
(6/21記)

NT倍率が過去に類を見ない異常値になっています。
6/21 12.96倍
トランプリスクは今後も不透明です。
米中貿易摩擦 そして次の標的は日本の自動車、自動車部品

欧州連合(EU)が米国による鉄鋼、アルミニウムの
輸入制限に対する対抗措置として報復関税を6/22から発動

7/6 米国の対中国関税引上げ期限

中国の次の標的は日本になるものと考えられます。
トランプ大統領は中間選挙に向けて、米国の貿易赤字縮小を目指し
円高ドル安の圧力を強める可能性が高まりそうです。

日本のトランプリスク
電動化、自動運転で100年に1度に大変革期を迎える自動車株
自動車関連銘柄は、TOPIXのウエイトが高く
米国中間選挙を控え25%の関税をめぐり、トランプ大統領の
今後の発言への懸念材料が株価を重くし、それにより
TOPIXの重しになることは、日本株上昇の大きな妨げになります。
25%の関税になる可能性は極めて低いものの、数%でも上昇すれば
自動車、部品銘柄を含む関連企業の収益の大きな圧迫になります。
8月、9月にかけてこのことは日本株にとって大きなハードルに
なることは、今から用心しなければなりません。
(6/13記)

ドル円相場と日経平均株価(今後も加筆します)

4/18 107.01円~107.39円 L21914.96円 H22194.11円
4/19 107.52円~107.19円 L22176.86円 H22360.65円

4/23 107.67円~107.93円 L22065.52円 H22204.76円

4/25 108.79円~109.27円 L22080.76円 H22228.78円

5/7 108.76円~109.33円 L22350.91円 H22513.48円

5/10 109.64円~110.02円 L22418.75円 H22530.64円

5/24 109.34円~110.04円  L22366.60円 H22644.69円
(日経平均終値22437.01円▼252.73円 25日移動平均割れ)
 
5/31 108.55円~108.89円 L21931.65円 75日移動平均の攻防

5/31MSCIリバランスTOPIXベースで3000憶円~3600憶円規模
資金流出予想とイタリア、スペインリスクが重なり、円買い株式先物売り
TOPIXは、アベノミクス相場ワースト記録になる
5月21日~30日まで8営業日連続で下落。
日銀ETF買いは、TOPIXが下がり続けた5/23~5/30 
6回連続買い出動。(4320憶円規模)
日銀ETF買い5月は、8回×720憶円=5760憶円

日銀ETF買いと欧州リスクやや後退、円の独歩高一服で
戻りを試す場面

6/4 109.49円~109.77円 22475.94円△304.59円

6/7 109.85円~110.22円 22823.26円△197.53円

6/12 米朝首脳会談 先物主導で乱高下
6/12 110円水準 H23011.57円

6/19 米中貿易戦争懸念高まる
6/19 109円台半ば 日経平均安値引 22278.48円▼401.85円

6/26(火)
日経平均株価
寄付 22160.33(9:00)▼177.82
高値 22368.78(14:12)△30.57
安値 22104.12(9:14)▼234.03
大引 22342.00(15:00)△3.85 +0.02%
25日移動平均 22544.44円
75日移動平均 22152.37円
200日移動平均 22050.98円
日経平均株価は、重要な中長期の株価トレンドを示す
75日移動平均、200日移動平均、そして心理的な節目
22,000円が、下値サポートになっています。
メインプレーヤーの海外短期筋もこの水準では
買戻しを行いますが、これを割り込んでくると
下げが加速する可能性が高まります。
(6/27記)

7/2(月)海外短期筋の先物売りで
75日移動平均
200日移動平均
重要な心理的節目22,000円を割り込む


2018年6月以降の日本株投資は、引き続き海外短期筋の先物売りと
貸し株を使った機械的な空売りに個人投資家も国内外ファンドも
苦労しそうです。
私自身今までの投資手法では、現物の70% 先物の90%のシェアの
海外投資家相手に勝ち続けられないと考えました。

会社四季報で増額含みで、実際好決算を発表しても
売り込まれることは日常茶飯事。
連続増益銘柄でも売り込まれることは日常茶飯事。
保有銘柄が、年に4回の四半期決算、決算発表にさらされるリスク。
空売りファンドの売り攻勢による売りたたき
これはどうにもなりません。

日本1の時価総額企業のトヨタ自動車も常にその時代背景に
合った「改善」「改良」を常に繰り返しています。
豊田章男社長は、「現在は、100年に1度の変革期」と
おっしゃっている通り、株式投資においても
時代に合った「改善」「改良」が必要です。

新時代の日本市場で生き残るためには、
年に1度~2度の急落、暴落、異常なまでの海外短期筋の先物売り
貸し株を使った空売りによる信用追証の投げが投げを呼ぶような
ところを買う以外ないと考えました。
昨年の相場はこれ(1年に1度~2度の大底買い)が全く
通用しませんでした。
しかし2018年相場は、これ以外ないと考えました。
年に1度~2度の急落、暴落、その時点で
① 1570日経レバレッジETFの買い
② 今期、来期増収増益で安値付近の銘柄の買い
③ 3年後5年後も成長の期待できる銘柄の安値付近の買い

2018年6月以降、個人投資家が生き残るには
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」徳川家康公
「下がらぬなら下がるまで待とう株式投資」
2018年右肩下がりの3点底(底割れ3点底)のような異常値で買う
このことに尽きると考えます。

日々反省と勉強、日々精進、日々努力、生涯勉強
そして海外短期筋主導の急落暴落を待つ
このように時代に合った「改善」「改良」をしてまいります。

トランプ大統領の中間選挙を意識した無謀な発言には
今後も注意が必要です。
6月、7月上旬の相場動向を見極めたうえで、買いポジションの整理を行い
主力資金は現金ポジションを高め、2018年後半の急落、暴落を待ちます。

株式投資で最も大切なことは、資金的余裕と精神的余裕です。
信用取引の目いっぱいの買いは墓穴を掘ることになりかねません。
初心者の方がトレンドに乗ってとんとん拍子に勝つと
しだいに分相応の枠を超えてしまいます。
資金的余裕と精神的余裕を常に頭の片隅にとどめて
欲を抑えて、腹八分目のつもりで投資に臨んでください。
どんな時も株式投資において100%はありません。
自信過剰になった時こそ、墓穴を掘ることになるものです。

当サイト「株式投資勝利の法則」は、サイト管理人の
「株式投資日記」を日々公開しています。
記事には万全を期していますが
正確性、確実性を保証するものではありません。

«  | ホーム |  »

プロフィール

k124816

Author:k124816
1974年高校1年で株式投資を始める。
順調に儲かったが、大学時代に仕手株投資で、8ケタの損出。その後30歳代で10ケタ近くの損出。
その苦い経験から 
「株式投資勝利の法則」と「秘伝指数表」を使って勝ち続ける法則を実践。

最新記事

カテゴリ

参考銘柄 (60)
株式日記 (1411)
株式投資 (4)
空売り (1)
未分類 (18)

アクセスカウンター

ランキング


株式 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

QRコード

QR